KICKS LAB. × PUMA FIRST ROUND "NISHIJIN" MADE IN JAPAN 先行予約 開始

1949年にドイツで設立され、当時から盛んに行われていたフットボールを
中心としたスポーツのシーンにおける優れたプロダクトを展開。

多くのトップアスリートの多大なる支持を獲得しそのプロダクトは枠を超え
ライフスタイルやファッションシーンにおいても様々なコラボレーションや
革命的なデザインを多数手掛ける世界的ブランド"PUMA"。

そんなPUMAとKICKS LAB.が手掛けるスペシャルコラボレーションモデル、
KICKS LAB. × PUMA FIRST ROUND LO KL "NISHIJIN" Made in Japanの
先行予約がいよいよ始まります。

今回BLOGではスニーカーに使われている日本の伝統的な織物として知られる
西陣織とはいかなる物か?という事をご案内したいと思います。


blognishijin01.jpg

blognishijin02.jpg

京都で織物作りが始まった5世紀頃のこと、また、平安遷都とともに宮廷の織物を管理していた
「織部司」と呼ばれる役所が置かれ、今の上京区黒門上長者町あたりに住んでいた職人に、
綾・錦など高級な織物作りを奨励したのにともない、発展したといわれています。

平安時代も半ばを過ぎると、こうした官営の織物工房も衰えてきますが、職人たちは織部司の
東の大舎人町あたりに集まって住み、宮廷の管理下を離れた自由な織物作りを開始。

「大舎人の綾」、「大宮の絹」などと呼ばれる織物などが作られました。

また、宋から伝えられた綾織の技を研究して、独自の唐綾を開発。神社や寺院の装飾に
ふさわしい重厚な織物として重宝されました。

1467年に起こった応仁の乱が終焉を迎えた後戦乱の際に西軍の陣地が置かれていたあたりで、
織物作りを再開します。

戦乱以前から織物の町として栄えていた京都北西部の一帯が"西陣"と呼ばれるようになり、
そのまま西陣織の名前の由来となりました。


blognishijin03.jpg

blognishijin05.jpg

blognishijin04.jpg

織物はその品種が大きく12種類に分かれ、その全てが20を超える行程で成り立ち、
一つの行程がそれぞれ1人の職人により丁寧に行われています。

海外の技術であるジャカード織物等の近代的な技術を取り入れ、高級絹織物の大衆化を
進めると同時に、伝統的な手織技術の高度化や図案・デザインの洗練にも努め、
日本の高級織物業の代名詞としての地位を確かなものとしたのです。

そんな我が国が世界に誇る織物を大胆にもデザインに落とし込んだモデルがこの度完成致しました。

blogfirstloundklkimono.jpg

MODEL:PUMA x KICKS LAB. FIRST ROUND LO "KL NISHIJIN" MADE IN JAPAN

COLOR:BLACK/BLACK I BLACK/PUMA SILVER

PRICE:18,360円(税込)

発売日:9月15日 (月)

※店頭、お電話でもご予約を承ります。

※発送は発売日以降のお届けとなります。

※予約のキャンセルは出来ませんので予めご了承下さい。


世界でもKICKS LAB.でしか手に入れる事が出来ない史上でも初となる
スペシャルコラボレーションモデル。

どうぞ確実に手に入れる事が出来る先行予約をご利用下さい!!

KICKS LAB. × PUMA FIRST ROUND LO KL 商品ページ


150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-32-5 HTS Bldg 1F&2F
T : 03-6459-2124 I E : info@kickslab.com

Web : www.kickslab.com
Facebook : https://ja-jp.facebook.com/kickslab.jp
Twitter : https://twitter.com/kickslab_jp
Instagram : http://statigr.am/kickslab

Permal Link | trackbacks(0)
<<NIKE AIR MAX 90 GS NEW COLOR 登場!! | EWING ATLEITCS & AIR JORDAN 3 SPORTS BLUE 入荷!! >>