Reebok INSTA PUMP FURY "LEOPARD" "mita sneakers別注"
1989年にリリースされた「THE PUMP(ザポンプ)」は「エアチェンバーシステム」を使用し、足を空気で包み込む事で個人の足の形に合わせた「フィット性」及び「サポート性」をセルフカスタマイズ化させる画期的な"アッパーフィッティングテクノロジー"の代名詞とも言える「THE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」を初めて搭載したモデルとして話題を集め、初めて披露された「ドイツ/ミュンヘン」で開催された「ISPO(INTERNATIONAL SOCIETY FOR PROSTHETICS AND ORTHOTICS)」では、その優れた「機能性」がシューズ業界のみならず「TIME(タイム)」「USA TODAY(ユーエスエートゥデイ)」などの各メディアにも紹介され大きな反響呼びました。

その後、カテゴリーを徐々に拡大しながら進化を続け、「NIKE(ナイキ)」の「HUARACHE FIT SISTEM(ハラチフィットシステム)(当時の名称=ダイナミックフィット)」、「Puma(プーマ)」の「DISC SYSTEM(ディスクシステム)」等と共にハイテクスニーカーの礎を築き、1994年にリリースされた「INSTA PUMP FURY(インスタポンプフューリー)」の躍進により「Reebok」の代名詞へと成長。

1994年のプロトタイプ「INSTA PUMP FURY(前期型)」発売以降、1年間の沈黙を破り1996年にアップデート施した現行モデルにて再リリースされた「INSTA PUMP FURY(後期型)」は、「CHANEL(シャネル)」や「KEENAN DUFFTY(キーナンダフティー)」そして「KENZO MINAMI(ケンゾーミナミ)」など、様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、多くのファンを魅了。

90年代のスニーカーブーム時には「AIR MAX 95(エアマックス95)」や「DISC BLAZE(ディスクブレイズ)」等と共に社会現象を起こし、世界のマーケットを巻き込みながらスニーカー史上屈指の争奪戦が繰り広げられました。また2008年以降も「INSTA PUMP FURY」をベースに「mita sneakers」別注を始め、様々なブランドとのコラボレーションや有力ショップを中心とした限定ラインなどのリリースが続き、スニーカーシーンの注目モデルとしてフォーカスされ続けています。

そして2008年にリリースされた「FLASH BACK 90'S」をコンセプトに掲げたコラボレーションモデル第1弾「INSTA PUMP FURY "FLASH BACK 1994"」、第2弾「INSTA PUMP FURY "FLASH BACK 1997"」、そして2010年にリリースされた「THE PUMP 20th ANNIVERSARY」に因んだ「INSTA PUMP FURY "PUMP DOT"」、「アメ横」で販売されている"ミリタリーウェア"からインスパイアされた「INSTA PUMP FURY "CAMOUFLAGE"」に続き、「東京下町」に位置する「上野」から世界へ向けて独自のスニーカースタイルを提案する「mita sneakers」とのオフィシャルコラボレーションモデルが満を持してリリース決定。

ft_pumpfury_mita_120102-r3.jpg

Reebok / INSTA PUMP FURY (J88792) "LEOPARD" "mita sneakers別注"

今作は"CHAIN(つながり/連鎖)"をテーマに「Reebok」と「mita sneakers」の現在の「関係性」において重要な役割を担った「INSTA PUMP FURY」をベースに再構築。

「Reebok」の社名の由来でもある俊敏さをイメージした"GAZELLA(ガゼル)"を主食とし、"FOOD CHAIN(食物連鎖)"において重要な繋がりを持つ"LEOPARD(豹)"、そしてお互いの一定の距離感を保つために必要な"CHAIN LINK(金網)"の「関連性」から着想を得て具現化した今作は、「アッパー」にオリジナルの「レオパード柄」を大胆に採用し、ベースとなる「ブラック」と「グレー」のカラーコンビネーションは移転リニューアルした「mita sneakers」のアイコンである塗装の剥げた"CHAIN LINK(金網)"、差し色として採用された「レッド」は万物に流れる"エネルギー"をイメージしています。

ft_pumpfury_mita_120102-r2.jpg

また「アッパー」マテリアルには競技用のスポーツウェアに採用されている「WATER REPELLANT(ウォーターレペレント)」を使用した「撥水性」に優れた「特殊ナイロン」を採用する事で、効果的に湿気を逃し快適な履き心地を提供。

「エアチェンバー」に施された「ホワイトステッチ」、「トゥガード(補強)」の「エッジ」に施された「パイピング加工」や「ヒール(踵)」に施された「キルティング風ステッチ」など、「mita sneakers」別注モデルならではのディテールも満載。

ft_pumpfury_mita_120102-r5.jpg

ft_pumpfury_mita_120102-r6.jpg

ft_pumpfury_mita_120102-r4.jpg

更に「インソール」には「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK(金網)」とオフィシャルコラボレーションの証しである「ショップロゴ」が「プリント加工」、「シュータン」には「ショップロゴ」が「刺繍」にて刻まれています。

ft_pumpfury_mita_120102-r7.jpg

「THE PUMP TECHNOLOGY」の誕生から20周年という節目を越えブランドフィロソフィを受け継ぐ「Reebok」不朽の名品。その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化し、コラボレーション本来の意味と意義を再構築した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
<<Puma JAPAN SUEDE MID "made in JAPAN" "LIMITED EDITION for 匠 COLLECTION" | Onitsuka Tiger TEIKYU OG LE "mita sneakers先行販売" >>