Puma SUEDE CLASSIC ECO
1968年にトレーニングシューズとして誕生して以来「Puma(プーマ)」が誇る大定番クラシックコートモデルとして不動の地位を築いた「PUMA SUEDE(プーマスウェード)」。

1968年に開催された「メキシコオリンピック」陸上競技200mにて金メダルを獲得しながらも、黒人への人種差別に対する"ブラックパワー・サリュート(拳を高く掲げブラックパワーを誇示する)"という政治的パフォーマンスが引き金となり金メダルを剥奪された陸上選手「TOMMIE SMITH(トミースミス)」が、表彰台に上がりパフォーマンスの際に着用していたトレーニングシューズが数々の歴史の始まりとされ、1970年代には「NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)」の強豪チーム「NEW YORK KNICKS(ニューヨークニックス)」にて目覚しい活躍で脚光を浴び、コート外でも独自のファッションセンスで当時のファッション誌の表紙を飾る等多くのファンを魅了し、引退後には「NEW YORK KNICKS」時代の背番号"10"の永久欠番や、バスケットボール殿堂入りの偉業を成し遂げた往年の名プレーヤー「WALT FRAZIER(ウォルトフレイジャー)」のシグネチャーモデル「CLYDE」は、「WALT FRAZIER」との契約終了後にも継続生産され、当時インターナショナル品番のみでモデル名すら無かったこの「ブラッチャー(外羽)」タイプの"スウェードモデル"が、いつしか「PUMA SUEDE」と呼ばれるようになりました。

更に、80年代のヒップホップシーンに旋風を巻き起こしたヒップホップグループ「BEASTIE BOYS(ビースティボーイズ)」や、プロスケーターでありながら執筆活動等でマルチな才能を発揮している「SCOTT BOURNE(スコットボーン)」を始め、多くの有名アーティストから各界の著名人に至るまで愛され続ける「PUMA SUEDE」は、「Puma」のブランドヒストリーを紐解く上で欠かす事の出来ない最重要な1足でもあります。

また、オールドスクールヒップホップシーンやスケートシーンといったサブカルチャーやファッションアイコンにも多大な影響を与え、スニーカーヘッズからファッションフリークまで世界的定番モデルとしても認知されています。

そして昨年の2010年3月に世界プロジェクト「from the PUMA ARCHIVE(フロムザプーマアーカイブ)」のリ・スタートとしてゲリラリリースされた「PUMA SUEDE CLASSIC(プーマスウェードクラシック)」は、1980年代後半に生産拠点が「ヨーロッパ(旧ユーゴスラビア)」から「アジア(台湾)」に移り「日本」では1991年から展開されていた「PK0814(当時の品番)」を忠実に再現した逸品として話題を呼びました。

mi120112-14-r1.jpg

Puma / SUEDE CLASSIC ECO (352634-24)

そんな注目を集める「PUMA SUEDE CLASSIC」をベースに、近年「Puma」が注力している"地球環境保護"に配慮したエコライクな仕様が盛り込まれた「PUMA SUEDE CLASSIC ECO(プーマスウェードクラシックエコ)」に、2012年SPRINGシーズンのシーズナルカラーが追加リリース。

mi120112-14-r6.jpg

mi120112-14-r5.jpg

Puma / SUEDE CLASSIC ECO (352634-25)

「アッパー」素材には定番である上質な「スウェード」を採用し、発色の良さを活かしたカラーリングに「フォームストライプ(プーマライン)」とのカラーコントラストがオーセンティックな風合いを醸し出し、「シュータン」部の「織りネーム」仕様や、「PK0814」の「ラスト(靴型)」を採用する等、細部のディテールにまで拘りが施されています。

mi120112-15-r1.jpg

mi120112-15-r6.jpg

mi120112-15-r5.jpg

Puma / SUEDE CLASSIC ECO (352634-26)

今作は更に、「ライニング」「インソール」「シューレース」部に「リサイクル素材」を使用する事で「Puma」が掲げる"カーボンフットプリント(二酸化炭素排出量)"の軽減を具現化したコンテンポラリーな1足へと昇華されています。

mi120112-16-r1.jpg

mi120112-16-r6.jpg

mi120112-16-r5.jpg

現在に至るまで多くのカラーリングやマテリアル仕様を世に送り出し、シンプルなデザインながらもその圧倒的な存在感で世界中のファンを魅了し続けているクラシカルコートモデル「PUMA SUEDE」にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーさせた今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
<<NIKE TRAINER 1.3 LOW | Puma PUMA SE VULC "LIMITED EDITION" >>