Puma DISC BLAZE LTWT ORIGINAL "LIMITED EDITION"
1992年に発表された「DISC SYSTEM(ディスクシステム)」は、足の「甲」部分に取り付けられた円形の「DISC(ディスク)」を回し個人の足の形に合わせた「フィット性」及び「サポート性」をセルフカスタマイズ化させる画期的な"アッパーフィッティングテクノロジー"を具現化した事で話題を集め、その後、カテゴリーを徐々に拡大しながら進化を続け、「NIKE(ナイキ)」の「HUARACHE FIT SISTEM(ハラチフィットシステム)(当時の名称=ダイナミックフィット)」、「Reebok(リーボック)」の「THE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」等と共にハイテクスニーカーの礎を築き、1993年にリリースされた「DISC BLAZE(ディスクブレイズ)」の躍進により「Puma」の代名詞へと成長しました。

その斬新なデザインは90年代を席巻したスニーカーブーム時において「AIR MAX 95(エアマックス95)」や「INSTA PUMP FURY(インスタポンプフューリー)」等と共に社会現象を起こし、世界のマーケットを巻き込みながらスニーカー史上屈指の争奪戦が繰り広げられました。
またスニーカーブーム以降も「DISC BLAZE」をベースに、様々なブランドとのコラボレーションや有力ショップを中心とした限定ラインなどのリリースが続き、スニーカーシーンの注目モデルとしてフォーカスされ続けています。

そして今作、最新テクノロジーである「BIO RIDE(ビオライド)」テクノロジーを搭載し、更なるアップデートを加えたNewモデル「DISC BLAZE LTWT ORIGINAL(ディスクブレイズライトウェイトオリジナル)」がリリース決定。

353658-01.jpeg

Puma / DISC BLAZE LTWT ORIGINAL (353658-01) "LIMITED EDITION"

2011年10月には日本発セレクトショップの代表格「BEAMS(ビームス)」の35周年を記念したコラボレーションモデルに抜擢された事が大きな話題となったのも記憶に新しい所。

今作の「DISC BLAZE LTWT ORIGINAL」は「Puma」のヘリテージモデルに新たな「可能性」を見出し、名作から継承した「普遍性」を壊す事無くイノベーティブな「機能性」を融合。「アッパー」デザインには「DISC BLAZE」のコンセプトを受け継ぎ、名作の特徴的なフォルムを残しつつ更なる「軽量性」と「フィッティング性」を追求しています。

353658-01-1.jpeg

353658-01-2.jpeg

Puma / DISC BLAZE LTWT ORIGINAL (353658-02) "LIMITED EDITION"

「アッパー」には「シーム(切り返し)」を極力排除する事で心地よい「フィット感」を提供しながらも、美しい流曲線を描く「アッパー」デザインが機能美を魅せ、コンプリートランニングで培われた「ソールユニット」には、相反する要求項目である「軽量性」vs「安定性」「クッション性」「耐久性」を高次元で達成する為に開発され、安定した履き心地を提供する「BIO RIDE(ビオライド)」テクノロジーを搭載し、揺り籠のような構造により着地から蹴り出しまでスムーズな体重移動が可能な機能である「ロッカー」。「柔軟性」を最大限に引き出す「フレックスノッチ」。足運びをスムーズに促し、左右への「安定性」を確保する「ミッドソール」側部の溝「グルーブ」など、「Puma」の様々なアイデアとスニーカーテクノロジーを詰め込み具現化されています。

353658-02.jpeg

353658-02-1.jpeg

Puma / DISC BLAZE LTWT ORIGINAL (353658-03) "LIMITED EDITION"

更に、「インソール」には「コンフォート性」「通気性」「防臭性」に優れる「ORTHOLITE(オーソライト)」社製の「フットベッド」を使用し、常に履き心地の良いドライ感を保つ「ORTHOLITE」は、無数のミクロの空気穴から湿気を逃がす「オープンセルポリウレタン」製で、「衝撃吸収性」や「耐久性」にも優れた機能面も考慮されています。

353658-03.jpeg

353658-03-1.jpeg

カラーリングにはオリジナルカラーをソースに再現し、今も色褪せる事の無いカラーリングは当時を知るスニーカーマニアから現代のスニーカーヘッズまでも唸らせる1足に仕上がっています。

独創的な発想で、これまでにも「デザイン性」と「機能性」の融合をテーマに様々なプロダクトをスニーカー市場に送り出してきた「Puma」。

そんな「Puma」の歴史あるフィロソフィを反映した名機にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
<<NIKE LUNAR FLOW WOVEN QS "LIMITED EDITION for NON FUTURE" | NIKE FLIGHT ONE QS "LIMITED EDITION for NON FUTURE" >>