GRAVIS ARTO MID "ARTO SAARI"
「GRAVIS(グラビス)」の2011年FALL/WINTERシーズンから新たに加わった「ARTO SAARI(アートサーリ)」のシグネチャーモデル「ARTO MID(アートミッド)」。

「ARTO SAARI」は「GRAVIS」 ファミリーとしてだけではなく、世界的に有名なプロスケーターでありながらも非凡な感性を持つフォトグラファーとしてその持て余す才能を様々なシチュエーションで発揮。そんな「ARTO SAARI」のフィードバックを反映して作られた今作は、昨今のスケートシューズではあまり見られなくなったミッドカットを採用しながらも、「スウェード」素材のクリーンでシンプルなデザインとオーセンティックな「バルカナイズドソール(テープ巻き)」を融合させ、「耐久性」も考慮したモデルに仕上がっています。

P1110630.JPG

GRAVIS / ARTO MID "ARTO SAARI"

また80年代のスケートシューズにインスパイアされ「ラバー」製の「オーリーパッド」を採用。「トゥ(爪先)」のワンピース構造により足の一体感を増幅させ、スケート時のコントロール性能をアップさせるなど、「デザイン性」と同時にプロスケーターならではの着眼点が随所に活きた「機能性」を兼備。

mi110722-02-r1.jpg

mi110722-02-r6.jpg

GRAVIS / ARTO MID "ARTO SAARI"

そして「フットベッド」には「特許吸振抗圧弾力性」のある「PORON(ポロン)」を使用した「PU CLOUD 9 FOOT BED(プリミタークラウドナインフットベッド)」とを使用する事により究極の「クッション性」を実現。更に「シュータン」には「ARTO SAARI」の出身地「フィンランド」に住む部族の象徴である「ダイヤモンド」パターンをあしらう事により、出自から連なるストーリーを雄弁に語るデザインとなっています。

mi110811-27-r1.jpg

mi110811-27-r7.jpg

mi110811-27-r3.jpg

とかくその個性を際立たせる事が多いシグネチャーモデルが多い中で、普遍的なディテールとそこに隠された機能美を追求する姿勢にこそ、アスリートでありアーティストでもある「ARTO SAARI」のフィロソフィを垣間見る事が出来る逸足に仕上がっています。是非この機会にその感性を足元から体感して見ては如何でしょうか。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook


Permal Link | trackbacks(0)
<<Reebok CLASSIC ZIG CLIFFHANGER "LIMITED EDITION" | NIKE AIR JORDAN XI RETRO LOW "LIMITED EDITION for NONFUTURE" >>