NIKE AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD "mita sneakers"
革新的なテクノロジーやアイディアを数多く生み出すイノベーションカンパニー「NIKE(ナイキ)」。そんな「NIKE」より生誕"40周年"を迎える2012年、ブランドフィロソフィを継承した名作ランニングシューズやNewモデルがリリースされアニバーサリーイヤーを華々しく彩ります。

「クッショニング性」や「フィッティング性」に特化したハイテクノロジーモデルが爆発的ブームとなり当時"ハイテクブーム"と呼ばれた「日本」のスニーカー史に残るムーブメントの最中、1995年にリリースされた名機「AIR FOOTSCAPE(エアフットスケープ)」。「シューレース」を「アッパーサイド」に配置する事で「甲」の圧迫を軽減し、日本人に多くみられる横幅が広めな足の形に適した独自の「フットスケープラスト(幅広靴型)」を採用する事で、実用的な「機能性」と機能を追求する事により生まれた「デザイン性」が見事に融合した機能美でリリースから15年以上経過した今でも多くのファンを持つ名作です。

また、この「アッパーサイド」に配置された「シューレース」はファッションとしてだけではなく、今や本格的なサッカースパイクにも採用されスポーツの分野でも、その「機能性」は認知されています。更に昨今では、そんな名作のDNAを受け継ぎながら製造工程で出る材料の切れ端など"残材利用"のアイデアをいち早く取り入れる事で、近年キーワードとして挙げられる地球の環境保護に配慮したエコライクな「WOVEN(ウーブン)」仕様を盛り込み、それまでのスポーツシューズとは一線を画したミニマルなデザインと快適な「フィッティング性」で人気を博した「AIR WOVEN(エアウーブン)」の「アッパー」デザインを融合し生み出された「AIR FOOTSCAPE WOVEN(エアフットスケープウーブン)」がリリースされる等、様々なアプローチで着実に進化を遂げています。

そんな「AIR FOOTSCAPE WOVEN」をベースに更にテクノロジーを融合した「FOOTSCAPE WOVEN FREEMOTION(フットスケープウーブンフリーモーション)」をチャッカタイプにアップデートした「AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA(エアフットスケープウーブンチャッカ)」。デザインベースは名機「AIR FOOTSCAPE WOVEN」を継承しながらも、裸足のように自然な足の動きを実現する「ナチュラルモーションテクノロジー」を採用した「ソールユニット」を搭載。「ミッドソール」に使用した「フレックスグルーブ(屈曲溝)」により、タウンユースでもそのポテンシャルを体感する事が出来るように進化を遂げています。

その「AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA」をベースに、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との共同企画「AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD "mita sneakers"(エアフットスケープウーブンチャッカモノトーンレオパードミタスニーカーズ)」がゲリラリリース決定。

「NIKE」AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (mita sneakers) 6.JPG

これまでに「CO.JP(コンセプトジャパン)」や「CITY ATTACK(シティーアタック)」等、ヘッドクォーターだけではなくデザインベースを拡散する事で"LOCALITY(地域性)"に重点を置き、そこから生まれる独自のデザインをクイックにインプットする事で次々と新しいプロダクトを展開し、リーディングカンパニーとして世界中から支持を集めてきた「NIKE」。

今作は、そんな信念の元にクリエーションを続ける「NIKE」のイノベーションとブランドフィロソフィを紐解き、「mita sneakers」のフィロソフィを組み込む事で普遍的なオリジナルディテールをベースにしながらも現代的なリヴィジョンや価値観を融合させています。

NIKE / AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (443686-003) "mita sneakers"

「NIKE」AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (mita sneakers) 1.JPG

「AIR FOOTSCAPE」は2001年に「東京/上野」の「mita sneakers」「山男フットギア」等で展開された「UENO CITY ATTACK(上野シティアタック)」のベースモデルとしてピックアップされる等、「日本」のスニーカーカルチャーの伝統を象徴する街「上野」と、ゆかりの深いモデルとしても知られています。今作は第2次世界大戦後、米軍物資放出品や軍払い下げ品の闇市が多く見られた事から「アメヤ横丁」の呼び名が付けられたという説が有力な「アメ横」で販売されていた"ミリタリーウェア"の中でも、様々なシュチュエーションに合わせた「カモフラージュ柄」と同様に、戦時中特定の地域でしか使用されていなかった為、生産数が少なく「希少性」の高いファブリックとして高値で取り引きがされていた「レオパード柄」から着想を得ながら「東京」らしいミニマルなモノトーンカラーで「アッパー」全体に落とし込んでいます。

「NIKE」AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (mita sneakers) 2.JPG

「NIKE」AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (mita sneakers) 3.JPG

また「シューレースティップ」と「インソール(中敷き)」に「AIR FOOTSCAPE」オリジナルの1stカラーである「ブルー」を採用し、「ヒール(踵)」には既存のモデル同様の「nike」ではなく、「旧書体」の「NIKE AIR」を「刺繍」。更に「シュータンタブ」には「東京」を意味する「TYO」の「フォント(文字)」、「インソール(中敷き)」には「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK(金網)」が刻印。

「NIKE」AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (mita sneakers) 4.JPG

「NIKE」AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (mita sneakers) 7.JPG

長きに渡りスニーカーシーンの名作として語り続けられ、現代的なリヴィジョンを繰り返す事で時代に左右される事のない名機としての普遍的な価値観を体現する「AIR FOOTSCAPE」の歴史的なディテールを踏襲しながら、"LOCALITY(地域性)"をテーマに「東京/上野」というロケーションからインスパイアされた様々なディテールを融合する事で進化を遂げています。

「NIKE」AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (mita sneakers) 5.JPG

様々なテクノロジーを吸収する事でコンテンポラリーなアップデートを続け、変化ではなく進化を選択して来た事により誕生した名機「AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA」。

その歴史の重みを継承し「mita sneakers」のフィロソフィを反映した名作にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化し、コラボレーション本来の意味と意義を再構築した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
<<NIKE AIR FORCE I LOW SUPREME INSIDEOUT YEAR OF THE DRAGON "LIMITED EDITION for NONFUTURE" | NIKE AIR LAVA DOME 2012 "LIMITED EDITION for SELECT" >>