adidas Originals for mita sneakers SS 80s MITA "mita sneakers"
カテゴライズされた枠の中に留まる事無く、ストリートシーンやサブカルチャーを牽引するインフルエンサーからリアルユーザーに至るまで、多種多様な足元のマスターピースとして長きに渡りシーンの第1線で活躍し続ける「SUPER STAR(スーパースター)」。

1969年に誕生して以来、当時の「NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)」で活躍したスタープレーヤー「KAREEM ABDUL JABBAR(カリームアブドゥルジャバー)」氏が着用し、"まるで足にシューズがプリントされているようだ"と絶賛し、貝殻をモチーフにした「トゥ(爪先)」のラバーパーツ「シェルトップ」が「前足部」のガードとして機能し、多くのプレーヤーの支持を得たバスケットコートでの活躍。

リリースされてから「made in FRANCE(フランスメイド)」「made in KOREA(韓国メイド)」そして現在の「made in VIETNAM(ベトナムメイド)」など諸外国で製造された事でカラーバリエーションも数多く存在し、「adidas(アディダス)」のブランドフィロソフィが詰め込まれた名作です。

また「adidas」とサブカルチャーの切っても切り離せない関係の中で、密にリンクするエピソードが語り種として存在するのも「SUPER STAR」の人気を支える由縁の1つ。

80年代にヒップホップカルチャーをオーバーグランドに押し上げた立役者「Run-D.M.C.(ランディエムシー)」が愛用した事により、ヒップホップカルチャー共に密接なヒストリーを築き上げ、90年代には様々なサブカルの中のファッションアイコンだけではなくスケーターなどのアクションスポーツシーンでも愛用されるなど、現代まで色褪せる事無く輝き続ける定番モデルとなりました。

更に昨今では、80年代に生産された「made in FRANCE」のフォルムやディテールを忠実に再現し具現化した「SS 80s(スーパースター80s)」をベースに「ObyO(Originals by Originals)」の一端を担った「倉石 一樹」氏がディレクションをする「KZK(KAZUKI KURAISHI)」ラインから「東京」を代表するストリートブランド「WHIZ LIMITED(ウィズリミテッド)」のデザイナー「下野 宏明(シタノヒロアキ)」氏とのコラボレーションモデル「SS 80s FELICITY(スーパースター80sフェリシティー)」等、様々なカラーリングが投下されています。

そんな名作をベースに数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで、その活躍は多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクターである「国井 栄之(クニイシゲユキ)」が提案する「SS 80s MITA(スーパースター80sミタ)」が「adidas Originals for mita sneakers(アディダスオリジナルスフォーミタスニーカーズ)」プロジェクト第4弾としてゲリラリリース決定。

P1410951.JPG

今作のプロジェクトは「SUPER STAR」のスタンダードモデルとしての存在価値を再構築する為、普遍的なオリジナルディテールをベースにしながらも、あえて完璧な復刻ではなく現代的なリヴィジョンや価値観を融合させる事により、あらゆる世代のベクトルをニュートラルに表現しています。

カラーリングには、数ある定番カラーの中でもアイコンカラーとして人気を博すオリジナルカラー「ブラック/ホワイト」を展開。

adidas Originals for mita sneakers / SS 80s MITA (Q21662) "mita sneakers"

P1410931.JPG

「アッパー」マテリアルには特殊な「コーティング加工」が施された上質な「レザー」を採用。その他のディテールにおいても、オリジナルモデルを極限まで踏襲しながら再構築が施されています。

P1410933.JPG

P1410935.JPG

「ソールユニット」はオリジナルモデル同様の「オパンケ縫い」で仕上げられ、「インソール(中敷き)」の表面にはオリジナルモデル同様の足触りの良い「スウェード」を採用しながら、裏面には「クッショニング性」を向上させる「EVA(エチレンビニルアセテート)」を搭載する事でクラフト感に溢れる風合いと実用的な「機能性」を両立しつつ、「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK(金網)」が「レーザー加工」にて刻まれています。

P1410938.JPG

P1410939.JPG

更に、通常「インソール(中敷き)」に貼付けられる「ステッカー」を、あえて「織りネーム」として縫い付ける等、細部にまで拘りを凝縮。

「アッパー」部は少しでも長く愛用する為の"シューケア"が行き届いた新品同様の状態を表現し、「ソール」には愛用し履き込んでいくに連れて生じる""汚れ"や"黄変"など避ける事の出来ない"エイジング"を再現する事によって、年数を重ねる事に抗わず履き続ける事で自然に生まれる不自然な配色を新しい普遍的な定番カラーと位置づけ、風合いや雰囲気など"ヴィンテージ"に対して日本特有の文化と価値観を表現しています。

P1410942.JPG

スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり、「adidas」が誇る普遍的な価値と本来の魅力を凝縮した「SS 80s MITA」は、まさにそんな言葉を具現化した1足。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化し、新定番としての懐古主義ではなく温故知新としてのアプローチを示した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official instagram


Permal Link | trackbacks(0)
<<adidas Originals for mita sneakers TOBACCO MITA "mita sneakers" | adidas Originals for mita sneakers CP 80s MITA "mita sneakers" >>