Reebok INSTA PUMP FURY OG "mita sneakers"
1989年にリリースされた「THE PUMP(ザポンプ)」は「AIR CHAMBER SYSTEM(エアチェンバーシステム)」を使用し、足を空気で包み込む事で個人の足の形に合わせた「フィット性」及び「サポート性」をセルフカスタマイズ化させる画期的な"アッパーフィッティングテクノロジー"の代名詞とも言える「PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」を初めて搭載したモデルとして話題を集め、初めて披露された「ドイツ/ミュンヘン」で開催された「ISPO(INTERNATIONAL SOCIETY FOR PROSTHETICS AND ORTHOTICS)」では、その優れた「機能性」がシューズ業界のみならず「TIME(タイム)」や「USA TODAY(ユーエスエートゥデイ)」などの各メディアにも紹介され大きな反響呼びました。

その後、同テクノロジーを採用したカテゴリーを徐々に拡大しながら進化を続け、1994年にリリースされた「INSTA PUMP FURY(インスタポンプフューリー)」の躍進により「Reebok(リーボック)」の代名詞へと成長。1994年のプロトタイプ「INSTA PUMP FURY(前期型)」発売以降、約1年間の沈黙を破り1995年にアップデートを施して再リリースされた「INSTA PUMP FURY(後期型)」は様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、多くのファンを魅了。90年代のスニーカーブーム時には"ハイテクスニーカーブーム"と呼ばれた社会現象を引き起こし、世界のマーケットを巻き込みながらスニーカー史上屈指の争奪戦が繰り広げられました。また、2008年以降も「INSTA PUMP FURY」をベースに「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのオフィシャルコラボレーションモデルを始め、様々なブランドとの別注モデルや有力ショップを中心とした限定ラインがリリースされる等、バリエーションの拡大と共に注目度は更に増しています。

そして、2014年には生誕"20th ANNIVERSARY(20周年)"を迎えた名作からオリジナルカラーである通称"CITRON(シトロン)"が1994年のプロトタイプ「INSTA PUMP FURY(前期型)」を可能な限り忠実に再現し「INSTA PUMP FURY OG(インスタポンプフューリーオリジナル)」として遂に完全復刻。更には「Reebok」が独自の視点で厳選した「CERTIFIED NETWORK(サーティファイドネットワーク)」から「mita sneakers」を始め、世界中のキーアカウントショップとのコラボレーションモデルがリリースされ即完売となる等、大きな話題を集めました。

そんな2015年に更なる飛躍が期待される名作から、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との新たなコラボレーションモデルがゲリラリリース決定。

P1110400.JPG

Reebok / INSTA PUMP FURY OG (M48586) "mita sneakers"

今作は、2014年に「CERTIFIED NETWORK」からリリースされた「mita sneakers」とのコラボレーションモデルのディテールを継承。「Reebok」発祥の地である「イギリス」で誕生し、トラディショナルな工業製品である「ニット」の中でも最も古いアイテムの1つとして知られる"フィッシャーマンニット"からインスパイアされたデザインを落とし込み具現化。「東京」の"履き物文化"において数多くの歴史を持つ「上野/アメ横」のもう1つの顔である"フィッシュマーケット"のストーリーをクロスオーバーさせた事によって、両者のフィロソフィを融合。

P1110410.JPG

前作のクラシックな「グレー」とは異なり「ネイビー」を纏う事でノーブルな印象を演出しています。

P1110413.JPG

P1110417.JPG

また、2014年に迎えた"20周年"に伴い「トゥ」デザインや「アウトソール」パターン、そして「ヒール(踵)」の「TPU(熱可塑性ポリウレタン)」パーツに至るまで、これまで実現してこなかった1994年のプロトタイプ「INSTA PUMP FURY(前期型)」のデザインを現在の最先端技術を駆使し可能な限り忠実に再現。

P1110411.JPG

P1110415.JPG

更に「インソール(中敷き)」には「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK(金網)」と"TOKYO CUSTOM MADE"を意味する「東京改」の「ロゴ」を組み合わせ作成された「オリジナルグラフィック」が「プリント」にて施され、コラボレーションモデルならではのディテールが詰め込まれています。

P1110434.JPG

「THE PUMP TECHNOLOGY」など各時代に新たなテクノロジーを市場に投下して来た「Reebok」のアイデンティティを継承した不朽の名作「INSTA PUMP FURY」。

P1110425.JPG

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機に「mita sneakers」のアイデンティティを融合した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
営業時間(平日)11:00〜19:30 (土日・祝日)10:00〜19:30
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official instagram
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official ORIGAMI
mita sneakers Official People & Store


Permal Link | trackbacks(0)
<<le coq sportif EUREKA 1.2 "Shigeyuki Kunii (mita sneakers) Color Direction" | asics tiger GEL-LYTE III "TRICO" "mita sneakers" "GEL-LYTE III 25th ANNIVERSARY" >>