diadora N.9000 "Aperitivo" "made in ITALY" "mita sneakers"
1948年に"トレッキングブーツ"等を開発するシューズメーカーとして「イタリア」で創業した「DIADORA(ディアドラ)」。現在、古代ギリシャ語で"神より賜れし至上の贈り物"を意味する同ブランドは「イタリア」特有の「デザイン性」やユーザーからの声を真摯に追求しながら開発される「機能性」を武器に、様々なカテゴリーのスポーツギアやスポーツスタイルウェアを展開しています。

また、1987年に開催された「世界陸上選手権」にて"9秒83"の世界新記録(当時)を樹立した陸上競技選手「BEN JOHNSON(ベンジョンソン)」氏や「SERIE A(セリエアー)」の強豪「JUVENTUS(ユヴェントス)」や「AC MILAN(エーシーミラン)」そして「INTERNAZIONALE MILANO(インテルナツィオナーレミラノ)」に所属し"イタリアの至宝" "偉大なるポニーテール"の愛称で親しまれ、世界中のファンを魅了したフットボールプレイヤー「ROBERTO BAGGIO(ロベルトバッジョ)」氏や「AC MILAN」の黄金期に"オランダトリオ"の1人として活躍したスタープレイヤー「MARCO VAN BASTEN(マルコファンバステン)」氏等の世界的な知名度を誇るアスリートをサポートしていた事でセールスを飛躍的に伸ばし、スポーツブランドとしての確固たる地位を築き上げました。

1970年代に不安定な世界情勢や産業開発による環境問題が起因となり登場したジョギングブームは世界中を巻き込みながら急成長し、70年代後半から80年代には各メーカーの技術躍進に伴い画期的なテクノロジーが発表され後に名作と語り継がれるモデルが次々と産声を上げました。更に世界中のランナーが信頼を寄せ掲載されたシューズランキングが売り上げを左右する評価基準となり、各ブランドの技術開発に多大な影響を及ぼした1966年創刊の「RUNNER'S WORLD(ランナーズワールド)」の登場が各メーカーの技術開発に多大な影響を及ぼした年代でもあります。

そんな名作が集う80年代に培われたテクノロジーをブラッシュアップさせて1990年に「DIADORA」の「RUNNING(ランニング)」カテゴリーに於ける最上級機種として誕生した「N.9000(ニュートラ9000)」をベースに、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレーションモデルがリリース。

P1160404.JPG

diadora / N.9000 (161792-40055) "Aperitivo" "made in ITALY" "mita sneakers"

「diadora」誕生の地である「イタリア/ヴェネト州」を発祥として「イタリア」全土に広がった"Aperitivo(食前酒)"。現在でも食事を楽しむ前には欠かせない存在として愛され続けています。

P1160405.JPG

P1160414.JPG

今作は「diadora」と「mita sneakers」のコラボレーションプロジェクトがスタートする意味合いを込め、そんな伝統的な"Aperitivo"から着想を得たカラーリンングを採用。「ミッドソール」の一部には、陰と陽で全く別の表情を魅せる「GLOW IN THE DARK(グローインザダーク)」仕様を採用して弾ける"炭酸"を表現。

P1160418.JPG

P1160421.JPG

更に「インソール(中敷き)」には"Aperitivo"をイメージした「オリジナルグラフィック」と「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK(金網)」や"TOKYO CUSTOM MADE"を意味する「東京改」の「ロゴ」を組み合わせ作成された「オリジナルグラフィック」が「プリント」にて施され、コラボレーションモデルならではのディテールを凝縮。

P1160425.JPG

そして「フラットシューレース」と「ロープシューレース」の2本が付属した事で、様々なスタイルの変化にフィットする仕上がりになっています。

P1160415.JPG

また、オリジナルモデル同様に「DIADORA」が拠点とする「カエラノサンマルコ」地区で生産された「made in ITALY(メイドインイタリー)」モデルとしてリリースされ、その伝統と歴史を継承しながらブランドアイデンティティを体現しています。

P1160431.JPG

「イタリア」の伝統や文化を継承しながら、スポーツブランドとしての独自のフィロソフィを詰め込んだ数々の名作を世に送り出して来た「DIADORA」。その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機に「mita sneakers」のアイデンティティを融合した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
営業時間(平日)11:00〜19:30 (土日・祝日)10:00〜19:30
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official instagram
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official ORIGAMI
mita sneakers Official People & Store

Permal Link | trackbacks(0)
<<Onitsuka Tiger CALIFORNIA 78 "Tequila Sunrise" "mita sneakers" | adidas Originals for mita sneakers CTRY OG MITA B "mita sneakers" >>