NIKE AIR JORDAN XIV RETRO "LIMITED EDITION for NONFUTURE"
ある人は"彼はマイケルジョーダンの姿をした神"だと表現し、並外れた身体能力が生み出す彼の滞空時間の長さから"AIR(エア)"の異名を持つなど、世界最高峰のアメリカプロバスケットボールリーグ「NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)」史上最も愛され、生ける伝説「MICHAEL JORDAN(マイケルジョーダン)」。

2010年には四半世紀となる25周年を迎え、シグネチャーモデルとしてだけではなく「BRAND JORDAN(ブランドジョーダン)」としてのターニングポイントを迎ました。

そんな益々盛り上がりを魅せる歴代の「JORDAN(ジョーダン)」シリーズの中でも今も尚、コアなファンから熱狂的な支持を受ける「AIR JORDAN XIV(エアジョーダン14)」が「LIMITED EDITION for NON FUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」からゲリラリリース決定。

nike_aj14_111010-r1.jpg

NIKE / AIR JORDAN XIV RETRO (311832-011) "LIMITED EDITION for NONFUTURE"

1998年にシューズデザイナー「TINKER HATFIELD(ティンカーハットフィールド)」によりデザインされ「MICHAEL JORDAN」の愛車であった「FERRARI 550(フェラーリ550)」をデザインモチーフにしている事を象徴するように「サイドパネル」の「JUMPMAN LOGO(ジャンプマンロゴ)」には「フェラーリ」のエンブレムからインスパイアされたデザインを採用。

「アウトソール」には前作「AIR JORDAN XIII」から受け継がれた「分割型アウトソール(クイックカットアウトソール)」を使用する事で激しいクイックな動きにも対応出来るようにリヴィジョンが施されています。

311832-011-r6.jpg

311832-011-r7.jpg

また「CHICAGO BULLS(シカゴブルズ)」第二次黄金期を築いた「SCOTTIE PIPPEN(スコッティピッペン)」「DENNIS RODMAN(デニスロッドマン)」のラストダンスとなった97-98シーズン終了後に引退を決意した「MICHAEL JORDAN」のラストプレーを共にしたのがオリジナル「AIR JORDAN XIV(エアジョーダン14)」。そんな「AIR JORDAN XIV」を着用し迎えた「NBAファイナル」の第6戦では「UTAH JAZZ(ユタジャズ)」を残り時間約6秒で「ザショット」を放ち、僅差を見事に制してシリーズ制覇を成し遂げラストシーズンを締め括ったという「MICHAEL JORDAN」のアナザーストーリーは今も色褪せる事無く語り継がれています。

今作はオリジナルカラーにはない「グレー」と「ネイビー」のクラシカルなカラーコンビネーションを採用し、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今の「AIR JORDAN」シリーズに慣れ親しんでいるスニーカーヘッズまで幅広くフィットするモデルに昇華されています。

311832-011-r8.jpg

311832-011-r4.jpg

誕生から記念すべき四半世紀(25年)を越えて常に歩みを止めず常に新たな進化を魅せる「BRAND JORDAN」。そんなシグネチャーモデルアイコンのフィロソフィを受け継ぎ、名作の存在意義を再提案する今作を足元から体感して見ては如何でしょうか。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook


Permal Link | trackbacks(0)
<<new balance MR993 "made in U.S.A." "LIMITED EDITION" | NIKE JORDAN CMFT VIZ AIR XI LTR "BRAND JORDAN" "LIMITED EDITION for NON FUTURE" >>