Reebok INSTA PUMP FURY
1989年にリリースされた「THE PUMP(ザポンプ)」は「AIR CHAMBER SYSTEM(エアチェンバーシステム)」を使用し、足を空気で包み込む事で個人の足の形に合わせた「フィット性」及び「サポート性」をセルフカスタマイズ化させる画期的な"アッパーフィッティングテクノロジー"の代名詞とも言える「THE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」を初めて搭載したモデルとして話題を集め、初めて披露された「ドイツ/ミュンヘン」で開催された「ISPO(INTERNATIONAL SOCIETY FOR PROSTHETICS AND ORTHOTICS)」では、その優れた「機能性」がシューズ業界のみならず「TIME(タイム)」「USA TODAY(ユーエスエートゥデイ)」などの各メディアにも紹介され大きな反響呼びました。

その後、同テクノロジーを採用したカテゴリーを徐々に拡大しながら進化を続け「NIKE HUARACHE FIT SISTEM(ナイキハラチフィットシステム)(当時の名称=ダイナミックフィット)」「Puma DISC SYSTEM(プーマディスクシステム)」等と共にハイテクスニーカーの礎を築き、1994年にリリースされた「INSTA PUMP FURY(インスタポンプフューリー)」の躍進により「Reebok(リーボック)」の代名詞へと成長。

1994年のプロトタイプ「INSTA PUMP FURY(前期型)」発売以降、約1年間の沈黙を破り1995年にアップデートを施した現行モデルにて再リリースされた「INSTA PUMP FURY(後期型)」は、「CHANEL(シャネル)」や「KEENAN DUFFTY(キーナンダフティー)」そして「KENZO MINAMI(ケンゾーミナミ)」など、様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、多くのファンを魅了。

90年代のスニーカーブーム時には「AIR MAX 95(エアマックス95)」や「DISC BLAZE(ディスクブレイズ)」等と共に"ハイテクスニーカーブーム"と呼ばれた社会現象を引き起こし、世界のマーケットを巻き込みながらスニーカー史上屈指の争奪戦が繰り広げられました。

また2008年以降も「INSTA PUMP FURY」をベースに「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのオフィシャルコラボレーションモデルを始め、様々なブランドとの別注モデルや有力ショップを中心とした限定ラインがリリース。2011年には"ライトウェイト"をテーマにリヴィジョンを施した次世代機として大きな話題を呼んだ「PUMP FURY SUPER LITE(ポンプフューリースーパーライト)」、2012年には最新テクノロジーである「3D ULTRALITE SOLE(3Dウルトラライトソール)」を搭載し、更なるアップデートを加えたNewモデル「PUMP FURY HLS(ポンプフューリーHLS)」がリリースされる等、バリエーションの拡大と共に注目度は更に増しています。

そんな2014年に生誕"20周年"を迎え、更なる飛躍が期待される名作から、シーズナルカラーがリリース。

P1450609.JPG

Reebok / INSTA PUMP FURY (J98377)

カラーリングには、90年代にリリースされたハイテクランニングシューズを彷彿とさせる独特なカラーブロッキングを採用し、コンテンポラリーな魅力を凝縮。新たに提案されたカラーリングながら当時を知るスニーカーマニアから現代のスニーカーヘッズまで幅広くフィットするモデルとなっています。

P1450593.JPG

P1450595.JPG

更に、2013年SPRING/SUMMERシーズンより「アウトソール」を1994年のプロトタイプ「INSTA PUMP FURY(前期型)」で使用していたパターンに変更し、よりオリジナルモデルに近い仕様へとアップデートが施されています。

P1450596.JPG

P1450599.JPG

P1450606.JPG

「THE PUMP TECHNOLOGY」や「ZIG TECH」など各時代に新たなテクノロジーを市場に投下して来た「Reebok」のフィロソフィを継承し、2014年には"20周年"という節目を迎える不朽の名作「INSTA PUMP FURY」。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official instagram


Permal Link | trackbacks(0)
reebok INSTA PUMP FURY
1989年にリリースされた「THE PUMP(ザポンプ)」は「AIR CHAMBER SYSTEM(エアチェンバーシステム)」を使用し、足を空気で包み込む事で個人の足の形に合わせた「フィット性」及び「サポート性」をセルフカスタマイズ化させる画期的な"アッパーフィッティングテクノロジー"の代名詞とも言える「THE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」を初めて搭載したモデルとして話題を集め、初めて披露された「ドイツ/ミュンヘン」で開催された「ISPO(INTERNATIONAL SOCIETY FOR PROSTHETICS AND ORTHOTICS)」では、その優れた「機能性」がシューズ業界のみならず「TIME(タイム)」「USA TODAY(ユーエスエートゥデイ)」などの各メディアにも紹介され大きな反響呼びました。

その後、同テクノロジーを採用したカテゴリーを徐々に拡大しながら進化を続け「NIKE HUARACHE FIT SISTEM(ナイキハラチフィットシステム)(当時の名称=ダイナミックフィット)」「Puma DISC SYSTEM(プーマディスクシステム)」等と共にハイテクスニーカーの礎を築き、1994年にリリースされた「INSTA PUMP FURY(インスタポンプフューリー)」の躍進により「Reebok(リーボック)」の代名詞へと成長。

1994年のプロトタイプ「INSTA PUMP FURY(前期型)」発売以降、約1年間の沈黙を破り1995年にアップデートを施した現行モデルにて再リリースされた「INSTA PUMP FURY(後期型)」は、「CHANEL(シャネル)」や「KEENAN DUFFTY(キーナンダフティー)」そして「KENZO MINAMI(ケンゾーミナミ)」など、様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、多くのファンを魅了。

90年代のスニーカーブーム時には「AIR MAX 95(エアマックス95)」や「DISC BLAZE(ディスクブレイズ)」等と共に"ハイテクスニーカーブーム"と呼ばれた社会現象を引き起こし、世界のマーケットを巻き込みながらスニーカー史上屈指の争奪戦が繰り広げられました。

また2008年以降も「INSTA PUMP FURY」をベースに「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのオフィシャルコラボレーションモデルを始め、様々なブランドとの別注モデルや有力ショップを中心とした限定ラインがリリース。2011年には"ライトウェイト"をテーマにリヴィジョンを施した次世代機として大きな話題を呼んだ「PUMP FURY SUPER LITE(ポンプフューリースーパーライト)」、2012年には最新テクノロジーである「3D ULTRALITE SOLE(3Dウルトラライトソール)」を搭載し、更なるアップデートを加えたNewモデル「PUMP FURY HLS(ポンプフューリーHLS)」がリリースされる等、バリエーションの拡大と共に注目度は更に増しています。

そんな2014年に生誕"20周年"を迎え、更なる飛躍が期待される名作から、シーズナルカラーがリリース。

P1450609.JPG

Reebok / INSTA PUMP FURY (J98378)

カラーリングには、90年代にリリースされたハイテクランニングシューズを彷彿とさせる独特なカラーブロッキングを採用し、コンテンポラリーな魅力を凝縮。新たに提案されたカラーリングながら当時を知るスニーカーマニアから現代のスニーカーヘッズまで幅広くフィットするモデルとなっています。

P1450577.JPG

P1450578.JPG

更に、2013年SPRING/SUMMERシーズンより「アウトソール」を1994年のプロトタイプ「INSTA PUMP FURY(前期型)」で使用していたパターンに変更し、よりオリジナルモデルに近い仕様へとアップデートが施されています。

P1450580.JPG

P1450583.JPG

P1450586.JPG

「THE PUMP TECHNOLOGY」や「ZIG TECH」など各時代に新たなテクノロジーを市場に投下して来た「Reebok」のフィロソフィを継承し、2014年には"20周年"という節目を迎える不朽の名作「INSTA PUMP FURY」。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official instagram


Permal Link | trackbacks(0)
Reebok INSTA PUMP FURY
1989年にリリースされた「THE PUMP(ザポンプ)」は「AIR CHAMBER SYSTEM(エアチェンバーシステム)」を使用し、足を空気で包み込む事で個人の足の形に合わせた「フィット性」及び「サポート性」をセルフカスタマイズ化させる画期的な"アッパーフィッティングテクノロジー"の代名詞とも言える「THE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」を初めて搭載したモデルとして話題を集め、初めて披露された「ドイツ/ミュンヘン」で開催された「ISPO(INTERNATIONAL SOCIETY FOR PROSTHETICS AND ORTHOTICS)」では、その優れた「機能性」がシューズ業界のみならず「TIME(タイム)」「USA TODAY(ユーエスエートゥデイ)」などの各メディアにも紹介され大きな反響呼びました。

その後、同テクノロジーを採用したカテゴリーを徐々に拡大しながら進化を続け「NIKE HUARACHE FIT SISTEM(ナイキハラチフィットシステム)(当時の名称=ダイナミックフィット)」「Puma DISC SYSTEM(プーマディスクシステム)」等と共にハイテクスニーカーの礎を築き、1994年にリリースされた「INSTA PUMP FURY(インスタポンプフューリー)」の躍進により「Reebok(リーボック)」の代名詞へと成長。

1994年のプロトタイプ「INSTA PUMP FURY(前期型)」発売以降、約1年間の沈黙を破り1995年にアップデートを施した現行モデルにて再リリースされた「INSTA PUMP FURY(後期型)」は、「CHANEL(シャネル)」や「KEENAN DUFFTY(キーナンダフティー)」そして「KENZO MINAMI(ケンゾーミナミ)」など、様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、多くのファンを魅了。

90年代のスニーカーブーム時には「AIR MAX 95(エアマックス95)」や「DISC BLAZE(ディスクブレイズ)」等と共に"ハイテクスニーカーブーム"と呼ばれた社会現象を引き起こし、世界のマーケットを巻き込みながらスニーカー史上屈指の争奪戦が繰り広げられました。

また2008年以降も「INSTA PUMP FURY」をベースに「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのオフィシャルコラボレーションモデルを始め、様々なブランドとの別注モデルや有力ショップを中心とした限定ラインがリリース。2011年には"ライトウェイト"をテーマにリヴィジョンを施した次世代機として大きな話題を呼んだ「PUMP FURY SUPER LITE(ポンプフューリースーパーライト)」、2012年には最新テクノロジーである「3D ULTRALITE SOLE(3Dウルトラライトソール)」を搭載し、更なるアップデートを加えたNewモデル「PUMP FURY HLS(ポンプフューリーHLS)」がリリースされる等、バリエーションの拡大と共に注目度は更に増しています。

そんな2014年に生誕"20周年"を迎え、更なる飛躍が期待される名作から、シーズナルカラーがリリース。

P1450609.JPG

Reebok / INSTA PUMP FURY (J98379)

カラーリングには、90年代にリリースされたハイテクランニングシューズを彷彿とさせる独特なカラーブロッキングを採用し、コンテンポラリーな魅力を凝縮。新たに提案されたカラーリングながら当時を知るスニーカーマニアから現代のスニーカーヘッズまで幅広くフィットするモデルとなっています。

P1450562.JPG

P1450566.JPG

更に、2013年SPRING/SUMMERシーズンより「アウトソール」を1994年のプロトタイプ「INSTA PUMP FURY(前期型)」で使用していたパターンに変更し、よりオリジナルモデルに近い仕様へとアップデートが施されています。

P1450568.JPG

P1450571.JPG

P1450572.JPG

「THE PUMP TECHNOLOGY」や「ZIG TECH」など各時代に新たなテクノロジーを市場に投下して来た「Reebok」のフィロソフィを継承し、2014年には"20周年"という節目を迎える不朽の名作「INSTA PUMP FURY」。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official instagram


Permal Link | trackbacks(0)
LOSERS SCHOOLER LO F.O "CUSTOM MADE"
今や世界中に最新のスニーカーカルチャーを発信し続ける「日本/東京」と、その歴史的背景から数えきれない程のパイオニアを生み出し、その文化を牽引する様々なブランドやショップが拠点を設ける「ロサンゼルス」。そんなスニーカーカルチャーを語る上で欠かす事の出来ない2つのロケーションを起点に2012年SPRING/SUMMERシーズンからスタートした新鋭スニーカーブランド「LOSERS(ルーザーズ)」。

ブランド名の「LOSERS」には、これまでに誕生したストリートカルチャーのパイオニア達が社会的なエリートではなく、即ち"LOSER"であったにも関わらず様々な困難が降り掛かる劣悪な環境の中で信念を曲げずアイデアを生み出し続け、具現化する事で新たな文化を創り出して来たという想いと先人達への敬意が込められています。

日本人として生活する中で潜在的に刷り込まれている美意識である"粋(イキ)"をブランドフィロソフィとし、全てのプロダクトに落とし込む事で日本人でなければ表現する事が出来ない日本特有の文化と価値観を体現。"粋"を表現する事で伝統的な要素を反映した「READY MADE(レディーメイド)」とデザイナー「sneakerwolf(スニーカーウルフ)」氏、自身の絵描きとしての発想やバックボーンを落とし込んだ「CUSTOM MADE(カスタムメイド)」から構成され、あえて2つに分けられたラインが共鳴し共存する事で意味と意義を成しています。

そんな「日本国内」のみならず「海外」のメディアやキーアカウントからも注目を集めるスニーカーブランド「LOSERS」から2012年FALL/WINTERシーズンのNewコレクションが満を持して解禁。

P1420220.JPG

「CUSTOM MADE」ラインからリリースされる「SCHOOLER LO F.O(スクーラーローF.O)」は"土足禁止"等の言葉が生まれた「日本」のライフスタイルを反映させた履物文化の象徴とも言える"上履き"から着想を得ています。

LOSERS / SCHOOLER LO F.O (12ECVL002FOM) "CUSTOM MADE"

P1420210.JPG

今作は半円形の「エラスチックゴム」が使用された「トゥ(爪先)」が特徴的な"上履き"からインスパイアされたブランドアイコンでもある「LONOSETOE(ルーノーズトゥ)」を採用。

「アッパー」マテリアルには「耐久性」「通気性」に優れた「コットンキャンバス」と贅沢な質感と高級感が漂う「スウェード」のコンビネーションを採用。

カラーリングには着物の色、柄、生地にまでも細かく規定が設けられていた江戸時代から伝わる"四十八茶百鼠(シジュウハッチャヒャクネズミ)"をベースに配色。あえて、落ち着きのあるカラーリングを落とし込む事で、モデル本来のクラシックなシルエットを引き立てています。

更に「インサイドパネル(内側)」には「sneakerwolf」氏が書き下ろした「グラフィック」が「プリント加工」で施され、「シュータンタブ」に「トリコロール」を配色する等、「CUSTOM MADE」らしい1足に仕上げられています。また機能面においても「インサイドパネル(内側)」に取り付けた「ベンチレーションホール(通気口)」が快適な「通気性」を確保。

P1420212.JPG

P1420213.JPG

「ソールユニット」には「オートクレーブ成型」され「耐久性」に優れた「ヴァルカナイズドソール(テープ巻き)」を搭載。「柔軟性」に優れた「EVA(エチレンビニールアセテード)」を「フットベッド(中敷き)」に用いる事で快適なクッショニングを提供。

「アウトソール」には「日本」特有の「ロゴ」である"家紋"からインスパイアされた「オリジナルアウトソールパターン」を使用する事で「デザイン性」と「グリップ性」を兼備。着用時のストレスを軽減する為にハイカットではなく3/4カットを採用し、脱ぎ履きを容易にする「シュータンタブ」を設置するなど、実生活には必要の無いオーバースペックな「機能性」ではなく、様々なライフスタイルにフィットする徹底的に追求された実用的な「機能性」を組み込む事で、タウンユースにおいてそのポテンシャルを実感する事が出来ます。

P1420238.JPG

P1420216.JPG

"STICK TO YOUR GUNS(信念を曲げるな)"をスローガンに掲げ、世界中のスニーカーシーンに神風を起こす「LOSERS」のブランドアイデンティティを反映した「SCHOOLER LO」。

そんな「日本」から世界に向け発信される独創的なプロダクトを是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official instagram


Permal Link | trackbacks(0)
LOSERS SCHOOLER LO F.O "CUSTOM MADE"
今や世界中に最新のスニーカーカルチャーを発信し続ける「日本/東京」と、その歴史的背景から数えきれない程のパイオニアを生み出し、その文化を牽引する様々なブランドやショップが拠点を設ける「ロサンゼルス」。そんなスニーカーカルチャーを語る上で欠かす事の出来ない2つのロケーションを起点に2012年SPRING/SUMMERシーズンからスタートした新鋭スニーカーブランド「LOSERS(ルーザーズ)」。

ブランド名の「LOSERS」には、これまでに誕生したストリートカルチャーのパイオニア達が社会的なエリートではなく、即ち"LOSER"であったにも関わらず様々な困難が降り掛かる劣悪な環境の中で信念を曲げずアイデアを生み出し続け、具現化する事で新たな文化を創り出して来たという想いと先人達への敬意が込められています。

日本人として生活する中で潜在的に刷り込まれている美意識である"粋(イキ)"をブランドフィロソフィとし、全てのプロダクトに落とし込む事で日本人でなければ表現する事が出来ない日本特有の文化と価値観を体現。"粋"を表現する事で伝統的な要素を反映した「READY MADE(レディーメイド)」とデザイナー「sneakerwolf(スニーカーウルフ)」氏、自身の絵描きとしての発想やバックボーンを落とし込んだ「CUSTOM MADE(カスタムメイド)」から構成され、あえて2つに分けられたラインが共鳴し共存する事で意味と意義を成しています。

そんな「日本国内」のみならず「海外」のメディアやキーアカウントからも注目を集めるスニーカーブランド「LOSERS」から2012年FALL/WINTERシーズンのNewコレクションが満を持して解禁。

P1420220.JPG

「CUSTOM MADE」ラインからリリースされる「SCHOOLER LO F.O(スクーラーローF.O)」は"土足禁止"等の言葉が生まれた「日本」のライフスタイルを反映させた履物文化の象徴とも言える"上履き"から着想を得ています。

LOSERS / SCHOOLER LO F.O (12ECVL002FOW) "CUSTOM MADE"

P1420210.JPG

今作は半円形の「エラスチックゴム」が使用された「トゥ(爪先)」が特徴的な"上履き"からインスパイアされたブランドアイコンでもある「LONOSETOE(ルーノーズトゥ)」を採用。

「アッパー」マテリアルには「耐久性」「通気性」に優れた「コットンキャンバス」と贅沢な質感と高級感が漂う「スウェード」のコンビネーションを採用。

カラーリングには着物の色、柄、生地にまでも細かく規定が設けられていた江戸時代から伝わる"四十八茶百鼠(シジュウハッチャヒャクネズミ)"をベースに配色。あえて、落ち着きのあるカラーリングを落とし込む事で、モデル本来のクラシックなシルエットを引き立てています。

更に「インサイドパネル(内側)」には「sneakerwolf」氏が書き下ろした「グラフィック」が「プリント加工」で施され、「シュータンタブ」に「トリコロール」を配色する等、「CUSTOM MADE」らしい1足に仕上げられています。また機能面においても「インサイドパネル(内側)」に取り付けた「ベンチレーションホール(通気口)」が快適な「通気性」を確保。

P1420212.JPG

P1420213.JPG

「ソールユニット」には「オートクレーブ成型」され「耐久性」に優れた「ヴァルカナイズドソール(テープ巻き)」を搭載。「柔軟性」に優れた「EVA(エチレンビニールアセテード)」を「フットベッド(中敷き)」に用いる事で快適なクッショニングを提供。

「アウトソール」には「日本」特有の「ロゴ」である"家紋"からインスパイアされた「オリジナルアウトソールパターン」を使用する事で「デザイン性」と「グリップ性」を兼備。着用時のストレスを軽減する為にハイカットではなく3/4カットを採用し、脱ぎ履きを容易にする「シュータンタブ」を設置するなど、実生活には必要の無いオーバースペックな「機能性」ではなく、様々なライフスタイルにフィットする徹底的に追求された実用的な「機能性」を組み込む事で、タウンユースにおいてそのポテンシャルを実感する事が出来ます。

P1420238.JPG

P1420216.JPG

"STICK TO YOUR GUNS(信念を曲げるな)"をスローガンに掲げ、世界中のスニーカーシーンに神風を起こす「LOSERS」のブランドアイデンティティを反映した「SCHOOLER LO」。

そんな「日本」から世界に向け発信される独創的なプロダクトを是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official instagram


Permal Link | trackbacks(0)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106