NIKE AIR JORDAN III RETRO "MICHAEL JORDAN" "LIMITED EDITION for NONFUTURE"
イノベーションカンパニーとして、時代に順応しながら色褪せる事なく愛され続けるマスターピースを常に送り出す「NIKE(ナイキ)」。"40周年"の節目に当たる2012年には数多くの名作が復刻リリースを遂げながら、最新鋭のテクノロジーを凝縮した新たなプロダクトを発表し、スニーカーシーンに衝撃を与え続けました。そして、2013年には各カテゴリーを代表するスタンダードモデルやエポックメイキングと共に最先端技術を駆使したNewモデルを携え、新たな歴史をスタートします。

ある人は"彼はマイケルジョーダンの姿をした神"だと表現し、並外れた身体能力が生み出す彼の滞空時間の長さから"AIR(エア)"の異名を持つなど、世界最高峰のアメリカプロバスケットボールリーグ「NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)」史上最も愛され、生ける伝説「MICHAEL JORDAN(マイケルジョーダン)」氏。

2010年に四半世紀となる"25周年"を迎え、シグネチャーモデルとしてだけではなく「BRAND JORDAN(ブランドジョーダン)」として新たな地位を確立しました。

P1420397.JPG

そんな益々の盛り上がりを魅せる歴代の「AIR JORDAN(エアジョーダン)」シリーズの中でも圧倒的な人気を誇る「AIR JORDAN III(エアジョーダン3)」のオリジナルカラーがリリース決定。

NIKE / AIR JORDAN III RETRO (136064-010) "MICHAEL JORDAN" "LIMITED EDITION for NONFUTURE"

P1420380.JPG

1988年にシューズデザイナー「TINKER HATFIELD(ティンカーハットフィールド)」氏によりデザインされ「JORDAN」シリーズでは初となる「ビジブルエア」を搭載し、更に"夕日をバックにマイケルジョーダンがダンクをする姿"を具現化した「JUMPMAN LOGO(ジャンプマンロゴ)」を初めて使用した歴史的名作。

また「1988 NBA ALLSTAR GAME(1988NBAオールスターゲーム)」にて"SLAM DUNK CONTEST(スラムダンクコンテスト)"受賞や"MVP"獲得など偉業を成し遂げたシーズンに着用し、世界規模のムーブメントを巻き起こした事でも有名です。

今作は1989年に公開され「ブルックリン」を舞台に人種間の凄絶な戦いを通して、人種差別を描いた「Do The Right Thing(ドゥーザライトシング)」などブラックカルチャーの旗手として注目を集めた映画監督「SPIKE LEE(スパイクリー)」氏をPRキャラクターに採用し、人気を博したオリジナルカラー。

P1420382.JPG

P1420384.JPG

「MICHAEL JORDAN」氏のヒストリーを語る上で欠かす事の出来ない「ブラック/レッド」の通称「BULLS(ブルズ)」カラーは、タウンユースでも人気を博した名作として現在も高い評価を受け、歴代「AIR JORDAN」シリーズの中でも注目度の高い1足。

当時を懐かしむスニーカーファンから昨今の「AIR JORDAN」シリーズに慣れ親しんでいるスニーカーヘッズまで幅広くフィットするモデルにとなっています。

P1420386.JPG

P1420388.JPG

誕生から記念すべき四半世紀(25年)を越えて常に歩みを止めず常に新たな進化を魅せる「BRAND JORDAN」。

そんなシグネチャーモデルアイコンのフィロソフィを受け継ぎ、名作の存在意義を再提案する今作を足元から体感して見ては如何でしょうか。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official instagram


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE AIR FORCE I DOWNTOWN NRG "LIMITED EDITION for NONFUTURE"
1982年にリリースされ、現在も色褪せる事なくスニーカーシーンを牽引し続ける不朽の名作「AIR FORCE I(エアフォース1)」が2012年に記念すべき"30周年"を迎えました。そして"30周年"を迎えて更なる飛躍が期待される名作から、アニバーサリーイヤーの有終の美を飾るべくNewモデルが続々とリリース。

バスケットボールシーンでの活躍は勿論、様々なストリートカルチャーと共に時代を歩み吸収する事で今も尚、鮮明さを保ち続けこれまでにもサブカルチャーにスポットを当てたコレクションや世界中のキーアカウントショップとのコラボレーションモデルをリリースし、「NIKE(ナイキ)」のブランドフィロソフィを継承しながら歴史を紐解く事で着実に進化を遂げて来ました。

四半世紀となる2007年の"25周年"では「AIR FORCE I」を体現するキーパーソンとして欠く事の出来ない人物「BOBBITO GARCIA(ボビートガルシア)」氏が来日する事となったキャンペーン「BOBBITO IN TOKYO(ボビートイントウキョウ)」の開催や「東京/原宿」で期間限定「AIR FORCE I」のオンリーショップとして誕生した「1LOVE(ワンラブ)」、そして今までリリースされた「AIR FORCE I」の人気投票を行う「1VOTE(ワンボート)」等、様々なトピックが各メディアでフィーチャーされるなど、常に話題に事欠かない1年に。

そして、2008年には"25周年"時にモデルチェンジを施したアップデートデザインを引き継ぎつつ「NIKE ICONS(ナイキアイコン)」としてリ・スタートを切り、2011年には最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーフューズ)」を落とし込んだ「HYPERFUSE COLLECTION(ハイパーフューズコレクション)」や「VACH TECH(バキュームテクノロジー)」を採用したモデルがリリース。

更に"30周年"を迎えた2012年には「AIR FORCE I」の歴史を紐解きながら様々なカルチャーを結びつけたアニバーサリーモデルが発表されると共に、同年12月に"30周年"を記念した期間限定ポップアップストア「THE PIVOT POINT(ザピヴォットポイント)」が「東京/渋谷」にオープン。また、ストリートカルチャーと常に密接な関係を築き、ファッションシーンにおいても多大な影響を与えて来たその歴史を集約するムービー「ANATOMY OF AN URBAN LEGEND」や、「BOBBITO GARCIA」氏が制作に携わり「ニューヨーク」のストリートバスケットカルチャーの歴史を切り取ったドキュメンタリー「DOIN'IT IN THE PARK」、更には最新テクノロジーを搭載した「LUNAR FORCE I(ルナフォース1)」が発表され注目を集める等、常に歩みを止める事無く「NIKE」のフィロソフィが反映されたモデルとして確固たる地位を築いています。

そんな「NIKE」におけるバスケットボールカテゴリーの礎を築いた名作に、シャープなシルエットにアップデートを加えたNewモデル「AIR FORCE I DOWNTOWN(エアフォース1ダウンタウン)」に「LIMITED EDITION for NONFUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」から早くもNewカラーがゲリラリリース決定。

NIKE / AIR FORCE I DOWNTOWN NRG (573979-003) "LIMITED EDITION for NONFUTURE"

P1420370.JPG

今作は様々なスタイルに対応すべく、「アッパー」だけでは無く「ミッドソール」の形状まで見直しコンフォートシューズのような洗練されたシャープなシルエットを具現化。

更に「アッパー」には「ゼブラ柄」の「リフレクター」を「プリント加工」で表現。また、「トゥ(爪先)」「フロント」部「スウッシュ」「ヒールパッチ」には「パテント」、「シューホールガード」には「リフレクター」を使用し、異素材を巧みに組み合わせる事で絶妙なアクセントをプラス。

P1420372.JPG

P1420374.JPG

「NIKE」を代表するスタンダードモデルとして絶対的な存在感を持つ「AIR FORCE I」に、あえてリヴィジョンを施す事でコンテンポラリーな表情を生み出しています。

P1420376.JPG

P1420378.JPG

2012年の"30周年"を通過点に「NIKE」のブランドフィロソフィを継承した不朽の名品として更なる飛躍を期待させる「AIR FORCE I」。

その歴史の重みを継承した名機を新たなるステージへと導く今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official instagram


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE AIR FORCE I DOWNTOWN LW "LIMITED EDITION for NONFUTURE"
1982年にリリースされ、現在も色褪せる事なくスニーカーシーンを牽引し続ける不朽の名作「AIR FORCE I(エアフォース1)」が2012年に記念すべき"30周年"を迎えました。そして"30周年"を迎えて更なる飛躍が期待される名作から、アニバーサリーイヤーの有終の美を飾るべくNewモデルが続々とリリース。

バスケットボールシーンでの活躍は勿論、様々なストリートカルチャーと共に時代を歩み吸収する事で今も尚、鮮明さを保ち続けこれまでにもサブカルチャーにスポットを当てたコレクションや世界中のキーアカウントショップとのコラボレーションモデルをリリースし、「NIKE(ナイキ)」のブランドフィロソフィを継承しながら歴史を紐解く事で着実に進化を遂げて来ました。

四半世紀となる2007年の"25周年"では「AIR FORCE I」を体現するキーパーソンとして欠く事の出来ない人物「BOBBITO GARCIA(ボビートガルシア)」氏が来日する事となったキャンペーン「BOBBITO IN TOKYO(ボビートイントウキョウ)」の開催や「東京/原宿」で期間限定「AIR FORCE I」のオンリーショップとして誕生した「1LOVE(ワンラブ)」、そして今までリリースされた「AIR FORCE I」の人気投票を行う「1VOTE(ワンボート)」等、様々なトピックが各メディアでフィーチャーされるなど、常に話題に事欠かない1年に。

そして、2008年には"25周年"時にモデルチェンジを施したアップデートデザインを引き継ぎつつ「NIKE ICONS(ナイキアイコン)」としてリ・スタートを切り、2011年には最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーフューズ)」を落とし込んだ「HYPERFUSE COLLECTION(ハイパーフューズコレクション)」や「VACH TECH(バキュームテクノロジー)」を採用したモデルがリリース。

更に"30周年"を迎えた2012年には「AIR FORCE I」の歴史を紐解きながら様々なカルチャーを結びつけたアニバーサリーモデルが発表されると共に、同年12月に"30周年"を記念した期間限定ポップアップストア「THE PIVOT POINT(ザピヴォットポイント)」が「東京/渋谷」にオープン。また、ストリートカルチャーと常に密接な関係を築き、ファッションシーンにおいても多大な影響を与えて来たその歴史を集約するムービー「ANATOMY OF AN URBAN LEGEND」や、「BOBBITO GARCIA」氏が制作に携わり「ニューヨーク」のストリートバスケットカルチャーの歴史を切り取ったドキュメンタリー「DOIN'IT IN THE PARK」、更には最新テクノロジーを搭載した「LUNAR FORCE I(ルナフォース1)」が発表され注目を集める等、常に歩みを止める事無く「NIKE」のフィロソフィが反映されたモデルとして確固たる地位を築いています。

P1420367.JPG

そんな「NIKE」におけるバスケットボールカテゴリーの礎を築いた名作に、シャープなシルエットにアップデートを加えたNewモデル「AIR FORCE I DOWNTOWN(エアフォース1ダウンタウン)」に「LIMITED EDITION for NONFUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」から早くもNewカラーがゲリラリリース決定。

NIKE / AIR FORCE I DOWNTOWN LW (577657-200) "LIMITED EDITION for NONFUTURE"

P1420357.JPG

今作は様々なスタイルに対応すべく、「アッパー」だけでは無く「ミッドソール」の形状まで見直しコンフォートシューズのような洗練されたシャープなシルエットを具現化。

更に「アッパー」には2013年の"干支"である"巳年"を象徴する"ギリシア神話"にも登場する"蛇神"の名称「PYTHON(パイソン)」からインスパイアされた「パイソン柄」の「レザー」を採用。

P1420358.JPG

P1420359.JPG

また、「スウッシュ」には「リフレクター」、「ヒールパッチ」「シューホールガード」には高級感の漂う上質な「ブラウンレザー」を使用し、異素材を巧みに組み合わせる事で絶妙なアクセントをプラス。「NIKE」を代表するスタンダードモデルとして絶対的な存在感を持つ「AIR FORCE I」に、あえてリヴィジョンを施す事でコンテンポラリーな表情を生み出しています。

P1420360.JPG

P1420363.JPG

2012年の"30周年"を通過点に「NIKE」のブランドフィロソフィを継承した不朽の名品として更なる飛躍を期待させる「AIR FORCE I」。

その歴史の重みを継承した名機を新たなるステージへと導く今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official instagram


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE LUNAR FORCE I DIGI NRG "LIMITED EDITION for NONFUTURE"
1982年にリリースされ、現在も色褪せる事なくスニーカーシーンを牽引し続ける不朽の名作「AIR FORCE I(エアフォース1)」が2012年に記念すべき"30周年"を迎えました。そして"30周年"を迎えて更なる飛躍が期待される名作から、アニバーサリーイヤーの有終の美を飾るべくNewモデルが続々とリリース。

バスケットボールシーンでの活躍は勿論、様々なストリートカルチャーと共に時代を歩み吸収する事で今も尚、鮮明さを保ち続けこれまでにもサブカルチャーにスポットを当てたコレクションや世界中のキーアカウントショップとのコラボレーションモデルをリリースし、「NIKE(ナイキ)」のブランドフィロソフィを継承しながら歴史を紐解く事で着実に進化を遂げて来ました。

四半世紀となる2007年の"25周年"では「AIR FORCE I」を体現するキーパーソンとして欠く事の出来ない人物「BOBBITO GARCIA(ボビートガルシア)」氏が来日する事となったキャンペーン「BOBBITO IN TOKYO(ボビートイントウキョウ)」の開催や「東京/原宿」で期間限定「AIR FORCE I」のオンリーショップとして誕生した「1LOVE(ワンラブ)」、そして今までリリースされた「AIR FORCE I」の人気投票を行う「1VOTE(ワンボート)」等、様々なトピックが各メディアでフィーチャーされるなど、常に話題に事欠かない1年に。

そして、2008年には"25周年"時にモデルチェンジを施したアップデートデザインを引き継ぎつつ「NIKE ICONS(ナイキアイコン)」としてリ・スタートを切り、2011年には最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーフューズ)」を落とし込んだ「HYPERFUSE COLLECTION(ハイパーフューズコレクション)」や「VACH TECH(バキュームテクノロジー)」を採用したモデルがリリース。

更に"30周年"を迎えた2012年には「AIR FORCE I」の歴史を紐解きながら様々なカルチャーを結びつけたアニバーサリーモデルが発表されると共に、同年12月に"30周年"を記念した期間限定ポップアップストア「THE PIVOT POINT(ザピヴォットポイント)」が「東京/渋谷」にオープン。また、ストリートカルチャーと常に密接な関係を築き、ファッションシーンにおいても多大な影響を与えて来たその歴史を集約するムービー「ANATOMY OF AN URBAN LEGEND」や、「BOBBITO GARCIA」氏が制作に携わり「ニューヨーク」のストリートバスケットカルチャーの歴史を切り取ったドキュメンタリー「DOIN'IT IN THE PARK」が発表され注目を集める等、常に歩みを止める事無く「NIKE」のフィロソフィが反映されたモデルとして確固たる地位を築いています。

P1420015.JPG

そんな「NIKE」におけるバスケットボールカテゴリーの礎を築いた名作に最新テクノロジーを融合する事で誕生した「LUNAR FORCE I(ルナフォース1)」に「LIMITED EDITION for NONFUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」から早くもNewカラーがゲリラリリース決定。

NIKE / LUNAR FORCE I DIGI NRG (577659-001) "LIMITED EDITION for NONFUTURE"

P1420003.JPG

「AIR FORCE I」の普遍的な「アッパー」デザインを引き継ぎながらも、高次元の「衝撃吸収性」と「軽量性」「反発力」を生み出し、まるで月面を歩くかの様な新感覚の履き心地を体感できる「NIKE」の最新テクノロジー「LUNARLON FORM(ルナフォーム)」にクッショニングシステム「AIR(エア)」を内蔵した新たな「ソールユニット」を搭載する事で「軽量性」と「クッショニング性」を格段に向上。更に「ヒール(踵)」の「ロゴマーク」に「NIKE LUNAR FORCE ONE」の「フォント(文字)」を加え「機能性」だけでは無く「デザイン性」においてもアップデートが施されています。

今作は「AIR FORCE I」の「ホワイト」と並び定番カラーとして高い人気を誇る「ブラック」をベースにしながら「アッパー」全体に90年代のファッションを象徴する"ファブリック"からインスパイアされた「デジタルカモフラージュ柄」を大胆に採用。

更に立体的に表現された「デジタルカモフラージュ柄」を始め、「ヒール(踵)」「シュータンタグ」に「リフレクター」を散りばめる事でクラシックなカラーリングにコンテンポラリーなアクセントをプラス。

P1420007.JPG

P1420008.JPG

そして、「デュブレ(シューレースアクセサリー)」「インソール(中敷き)」「スペシャルシューズボックス」にはアニバーサリーモデルを意味する「XXX」「AF I XXX」が刻印される等、通常のシリーズとは一線を画した拘りとコンセプトが細かな部分までしっかりと反映され、記念碑的な1足に仕上げられています。

P1420009.JPG

P1420011.JPG


2012年の"30周年"を通過点に「NIKE」のブランドフィロソフィを継承した不朽の名品として更なる飛躍を期待させる「AIR FORCE I」。

その歴史の重みを継承した名機を新たなるステージへと導くべく最新テクノロジーを融合した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official instagram


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE AIR JORDAN XI RETRO "LIMITED EDITION for BRAND JORDAN"
イノベーションカンパニーとして、時代に順応しながら色褪せる事なく愛され続けるマスターピースを常に送り出す「NIKE(ナイキ)」。"40周年"の節目に当たる2012年には数多くの名作が復刻リリースを遂げながら、最新鋭のテクノロジーを凝縮した新たなプロダクトを発表し、スニーカーシーンに衝撃を与え続けました。

そして、2013年には各カテゴリーを代表するスタンダードモデルやエポックメイキングと共に最先端技術を駆使したNewモデルを携え、新たな歴史をスタートします。

ある人は"彼はマイケルジョーダンの姿をした神"だと表現し、並外れた身体能力が生み出す彼の滞空時間の長さから"AIR(エア)"の異名を持つなど、世界最高峰のアメリカプロバスケットボールリーグ「NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)」史上最も愛され、生ける伝説「MICHAEL JORDAN(マイケルジョーダン)」氏。2010年に四半世紀となる"25周年"を迎え、シグネチャーモデルとしてだけではなく「BRAND JORDAN(ブランドジョーダン)」として新たな地位を確立しました。

P1410975.JPG

そんな益々の盛り上がりを魅せる歴代の「AIR JORDAN(エアジョーダン)」シリーズの中でも圧倒的な人気を誇る「AIR JORDAN XI(エアジョーダン11)」のオリジナルカラーがリリース決定。

NIKE / AIR JORDAN XI RETRO (378037-010) "LIMITED EDITION for BRAND JORDAN"

P1410957.JPG

「MICHAEL JORDAN」氏の「MLB(メジャーリーグベースボール)」挑戦から、「NBA」へ復帰を果たし、盟友「SCOTTIE PIPPEN(スコッティピッペン)」氏を始め、トレードで獲得した「DENNIS RODMAN(デニスロッドマン)」氏を加える事で「CHICAGO BULLS(シカゴブルズ)」第2次黄金期への第1歩を踏み出した95-96シーズンの終盤に急遽発表された「AIR JORDAN XI」。

「NBA ALL STAR GAME(NBAオールスターゲーム)」をNewモデルの発表場とする事が主流であった当時、1995年5月7日に行われた「ORLANDO MAGIC(オーランドマジック)」との「NBA PLAYOFFS(NBAプレイオフ)」で本人が着用するという異例の形で発表され話題を集めました。

また「ホワイト」ベースのファーストカラーは「ブラック」をベースとしたシューズで統一していたチーム内において"チーム内の選手は全員同じ色のシューズを履かなくてはならない。"という「NBA」の規定に反していた事から、リーグの罰金の対象となったという逸話は今も色褪せる事無く語り継がれています。

「MICHAEL JORDAN」氏が企画に加わり、旧知の仲であるシューズデザイナー「TINKER HATFIELD(ティンカーハットフィールド)」氏に光沢感のあるマテリアルを使用したいというリクエストを挙げた事から「パテント」を「アッパー」に採用。

前作より「前足部」の「AIR(エア)」範囲を拡げる事で「クッショニング性」の向上を実現した「FULL LENGTH AIR(フルレングスエア)」や「軽量性」と「安定性」を兼ね備えた「カーボンシャンク」等の「機能性」を取り入れながら、「クリアソール」を採用する事で「デザイン性」においても高い評価を受けた名作です。

P1410962.JPG

P1410964.JPG

今回リリースされるカラーリングは「MICHAEL JORDAN」氏のヒストリーを語る上で欠かす事の出来ない「ブラック/レッド」の通称「BULLS(ブルズ)」カラー。当時を懐かしむスニーカーファンから昨今の「AIR JORDAN」シリーズに慣れ親しんでいるスニーカーヘッズまで幅広くフィットするモデルにとなっています。

P1410966.JPG

P1410970.JPG

誕生から現在に至るまで、数えきれない程のプレイヤーの賞賛を浴びながら、常に歩みを止めず新たな進化を魅せる「BRAND JORDAN」。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official instagram


Permal Link | trackbacks(0)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106