NIKE AIR FORCE I LOW SUPREME INSIDEOUT YEAR OF THE DRAGON "LIMITED EDITION for NONFUTURE"
1982年にリリースされ、現在も色褪せる事なくスニーカーシーンを牽引し続ける不朽の名作「AIR FORCE I(エアフォース1)」が2012年に記念すべき"30周年"を迎えました。

バスケットボールシーンでの活躍は勿論、様々なストリートカルチャーと共に時代を歩み吸収する事で今も尚、鮮明さを保ち続けこれまでにもサブカルチャーにスポットを当てたコレクションや世界中のキーアカウントショップとのコラボレーションモデルをリリースし、「NIKE(ナイキ)」のブランドフィロソフィを継承しながら歴史を紐解く事で着実に進化を遂げて来ました。

四半世紀となる2007年の"25周年"では「AIR FORCE I」を体現するキーパーソンとして欠く事の出来ない人物「BOBBITO GARCIA(ボビートガルシア)」が来日する事となったキャンペーン「BOBBITO IN TOKYO(ボビートイントウキョウ)」の開催や「東京/原宿」で期間限定「AIR FORCE I」のオンリーショップとして誕生した「1LOVE(ワンラブ)」、そして今までリリースされた「AIR FORCE I」の人気投票を行う「1VOTE(ワンボート)」などなど、様々なトピックが各メディアでフィーチャーされるなど、常に話題に事欠かない1年に。

そして、2008年には25周年時にモデルチェンジを施したアップデートデザインを引き継ぎつつ「NIKE ICONS(ナイキアイコン)」としてリ・スタートを切り、また2011年には最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーフューズ)」を落とし込んだ「HYPERFUSE COLLECTION(ハイパーフューズコレクション)」や「VAC TECH(バキュームテクノロジー)」を採用したNewモデルがリリースされる等、常に歩みを止める事無く「NIKE」のフィロソフィが反映されたモデルとして確固たる地位を築いています。

そんな、"30周年"を迎えて更なる飛躍が期待される名作にアニバーサリーモデル「AIR FORCE I LOW SUPREME INSIDEOUT YEAR OF THE DRAGON(エアフォース1ローインサイドアウトイヤーオブザドラゴン)」が「LIMITED EDITION for NON FUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」よりゲリラリリース決定。

P1360623.JPG

11年目を迎える「干支」シリーズからリリースされる今作は、2012年1月、6月と2度に渡り展開され瞬く間に完売となった今年の"干支"である"龍(タツ) / DRAGON YEAR(ドラゴンイヤー)"からインスパイアされた"YEAR OF THE DRAGON COLLECTION(イヤーオブザドラゴンコレクション)"の第3弾。

NIKE / AIR FORCE I LOW SUPREME INSIDEOUT YEAR OF THE DRAGON (553281-110) "LIMITED EDITION for NONFUTURE"

P1360595.JPG

ノーブルな印象が漂う「ホワイト」を採用した「アッパー」には"龍(タツ)"の"鱗(ウロコ)"をモチーフにした「型押しレザー」を採用。「シュータン」「インソール(中敷き)」には前作同様に"YEAR OF THE DRAGON COLLECTION"の名に相応しい「オリジナルグラフィック」が落とし込まれ、その世界観を見事に体現しています。

P1360597.JPG

P1360601.JPG

また「ヒール(踵)」や「シュータン」の「エッジ」部には独特な輝きを放つ「特殊素材」を採用。「アウトソール」には「クリアソール」、「ミッドソール」には「レザーラッピング加工」を施す等、クラシックなフォルムに様々な「デザイン性」を盛り込み絶妙なアクセントをプラス。

P1360602.JPG

P1360625.JPG

更に「スペシャルシューズボックス」に「AF I XXX」の「フォント」が刻印される等、通常のシリーズとは一線を画した拘りとコンセプトが細かな部分までしっかりと反映され、記念碑的な1足に仕上げられています。

P1360610.JPG

2012年の"30周年"を通過点に「NIKE」のブランドフィロソフィを継承した不朽の名品として更なる飛躍を期待させる「AIR FORCE I」。

その歴史の重みを継承した名機にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD "mita sneakers"
革新的なテクノロジーやアイディアを数多く生み出すイノベーションカンパニー「NIKE(ナイキ)」。そんな「NIKE」より生誕"40周年"を迎える2012年、ブランドフィロソフィを継承した名作ランニングシューズやNewモデルがリリースされアニバーサリーイヤーを華々しく彩ります。

「クッショニング性」や「フィッティング性」に特化したハイテクノロジーモデルが爆発的ブームとなり当時"ハイテクブーム"と呼ばれた「日本」のスニーカー史に残るムーブメントの最中、1995年にリリースされた名機「AIR FOOTSCAPE(エアフットスケープ)」。「シューレース」を「アッパーサイド」に配置する事で「甲」の圧迫を軽減し、日本人に多くみられる横幅が広めな足の形に適した独自の「フットスケープラスト(幅広靴型)」を採用する事で、実用的な「機能性」と機能を追求する事により生まれた「デザイン性」が見事に融合した機能美でリリースから15年以上経過した今でも多くのファンを持つ名作です。

また、この「アッパーサイド」に配置された「シューレース」はファッションとしてだけではなく、今や本格的なサッカースパイクにも採用されスポーツの分野でも、その「機能性」は認知されています。更に昨今では、そんな名作のDNAを受け継ぎながら製造工程で出る材料の切れ端など"残材利用"のアイデアをいち早く取り入れる事で、近年キーワードとして挙げられる地球の環境保護に配慮したエコライクな「WOVEN(ウーブン)」仕様を盛り込み、それまでのスポーツシューズとは一線を画したミニマルなデザインと快適な「フィッティング性」で人気を博した「AIR WOVEN(エアウーブン)」の「アッパー」デザインを融合し生み出された「AIR FOOTSCAPE WOVEN(エアフットスケープウーブン)」がリリースされる等、様々なアプローチで着実に進化を遂げています。

そんな「AIR FOOTSCAPE WOVEN」をベースに更にテクノロジーを融合した「FOOTSCAPE WOVEN FREEMOTION(フットスケープウーブンフリーモーション)」をチャッカタイプにアップデートした「AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA(エアフットスケープウーブンチャッカ)」。デザインベースは名機「AIR FOOTSCAPE WOVEN」を継承しながらも、裸足のように自然な足の動きを実現する「ナチュラルモーションテクノロジー」を採用した「ソールユニット」を搭載。「ミッドソール」に使用した「フレックスグルーブ(屈曲溝)」により、タウンユースでもそのポテンシャルを体感する事が出来るように進化を遂げています。

その「AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA」をベースに、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との共同企画「AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD "mita sneakers"(エアフットスケープウーブンチャッカモノトーンレオパードミタスニーカーズ)」がゲリラリリース決定。

「NIKE」AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (mita sneakers) 6.JPG

これまでに「CO.JP(コンセプトジャパン)」や「CITY ATTACK(シティーアタック)」等、ヘッドクォーターだけではなくデザインベースを拡散する事で"LOCALITY(地域性)"に重点を置き、そこから生まれる独自のデザインをクイックにインプットする事で次々と新しいプロダクトを展開し、リーディングカンパニーとして世界中から支持を集めてきた「NIKE」。

今作は、そんな信念の元にクリエーションを続ける「NIKE」のイノベーションとブランドフィロソフィを紐解き、「mita sneakers」のフィロソフィを組み込む事で普遍的なオリジナルディテールをベースにしながらも現代的なリヴィジョンや価値観を融合させています。

NIKE / AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (443686-003) "mita sneakers"

「NIKE」AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (mita sneakers) 1.JPG

「AIR FOOTSCAPE」は2001年に「東京/上野」の「mita sneakers」「山男フットギア」等で展開された「UENO CITY ATTACK(上野シティアタック)」のベースモデルとしてピックアップされる等、「日本」のスニーカーカルチャーの伝統を象徴する街「上野」と、ゆかりの深いモデルとしても知られています。今作は第2次世界大戦後、米軍物資放出品や軍払い下げ品の闇市が多く見られた事から「アメヤ横丁」の呼び名が付けられたという説が有力な「アメ横」で販売されていた"ミリタリーウェア"の中でも、様々なシュチュエーションに合わせた「カモフラージュ柄」と同様に、戦時中特定の地域でしか使用されていなかった為、生産数が少なく「希少性」の高いファブリックとして高値で取り引きがされていた「レオパード柄」から着想を得ながら「東京」らしいミニマルなモノトーンカラーで「アッパー」全体に落とし込んでいます。

「NIKE」AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (mita sneakers) 2.JPG

「NIKE」AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (mita sneakers) 3.JPG

また「シューレースティップ」と「インソール(中敷き)」に「AIR FOOTSCAPE」オリジナルの1stカラーである「ブルー」を採用し、「ヒール(踵)」には既存のモデル同様の「nike」ではなく、「旧書体」の「NIKE AIR」を「刺繍」。更に「シュータンタブ」には「東京」を意味する「TYO」の「フォント(文字)」、「インソール(中敷き)」には「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK(金網)」が刻印。

「NIKE」AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (mita sneakers) 4.JPG

「NIKE」AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (mita sneakers) 7.JPG

長きに渡りスニーカーシーンの名作として語り続けられ、現代的なリヴィジョンを繰り返す事で時代に左右される事のない名機としての普遍的な価値観を体現する「AIR FOOTSCAPE」の歴史的なディテールを踏襲しながら、"LOCALITY(地域性)"をテーマに「東京/上野」というロケーションからインスパイアされた様々なディテールを融合する事で進化を遂げています。

「NIKE」AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA MONOTONE LEOPARD (mita sneakers) 5.JPG

様々なテクノロジーを吸収する事でコンテンポラリーなアップデートを続け、変化ではなく進化を選択して来た事により誕生した名機「AIR FOOTSCAPE WOVEN CHUKKA」。

その歴史の重みを継承し「mita sneakers」のフィロソフィを反映した名作にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化し、コラボレーション本来の意味と意義を再構築した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE AIR LAVA DOME 2012 "LIMITED EDITION for SELECT"
革新的なテクノロジーやアイディアを数多く生み出すイノベーションカンパニー「NIKE(ナイキ)」。そんな「NIKE」より生誕"40周年"を迎える2012年、ブランドフィロソフィを継承した名作ランニングシューズやNewモデルがリリースされアニバーサリーイヤーを華々しく彩ります。

様々なアウトドアアクティビティに対応すべく、最高のパフォーマンスをあらゆる環境で発揮できるプロダクトの開発を目指し、1989年に誕生した「NIKE(ナイキ)」が誇るアウトドアカテゴリー「a.c.g.(オールコンディショニングギア)」。

1989年に「a.c.g」より始めて誕生したモデルで悪路を走る為のトレイルランニングモデルとして開発された「AIR WILDWOOD(エアワイルドウッド)」や1991年にリリースされ1足でトレイルランニング・マウンテンバイキングなど様々な用途に対応するアウトドアクロストレーニングという新しい概念を掲げ高い評価を得た「AIR MOWABB(エアモワブ)」「AIR ESCAPE(エアエスケープ)」。"21世紀のモカシン"と呼ばれ、登山後の疲労した足をリラックスさせるという革新的なコンセプトモデルとして 1994年にリリースされた「AIR MOC(エアモック)」など、今も尚、語り継がれる名機の数々を生み出した素晴らしいカテゴリーです。

更に多くの商品群には、その時代の最先端テクノロジーを封入する事により、イノベーションカンパニーとしての意味や意義をも体現。

そんな「a.c.g.」が活動をスタートさせる10年前の1981年に登場し、従来のアウトドアシューズにはないアクセントカラーを採用する事で人気を博して同カテゴリーの礎を築いた「AIR LAVA DOME(エアラバドーム)」にアップデートを施したNewモデル「AIR LAVA DOME 2012(エアラバドーム2012)」がリリース。

P1360323.JPG

NIKE / AIR LAVA DOME 2012 (536704-010) "LIMITED EDITION for SELECT"

「アッパー」にはオリジナルモデル同様に、上質な「スウェード」と「耐久性」に優れた「バリスティックナイロン」のマテリアルコンビネーションを採用。

P1360304.JPG

更に「アッパー」マテリアルと「ソールユニット」を縫い付ける「ステッチダウン製法」を施した「ウェルトツーリング」を採用する事で、アウトドアシューズらしい無骨なルックスを演出。「アウトソール」には滑りやすい凍った路面でも「安全性」を確保出来る「ソリッドラバー」を採用し「グリップ性」と安心感のあるトラクションを高次元で具現化。

P1360305.JPG

P1360308.JPG

クラシックなフォルムを継承し普遍的な価値観を保ちながら、細部にコンテンポラリーな魅力を凝縮する事により、タウンユースにおいてもその実用的な「機能性」を堪能する事が出来ます。

P1360311.JPG

P1360314.JPG

全てのコンディションに対応する為のテクノロジーを注ぎ込む事で一時代を築き上げた「a.c.g」のフィソロフィを反映させた名作「AIR LAVA DOME」。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機にアップデートを加えた今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE (WMNS) DUNK HIGH SKINNY "LIMITED EDITION for ICONS"
革新的なテクノロジーやアイディアを数多く生み出すイノベーションカンパニー「NIKE(ナイキ)」。そんな「NIKE」より生誕"40周年"を迎える2012年、ブランドフィロソフィを継承した名作が復刻されアニバーサリーイヤーを華々しく彩ります。

往年の名作が犇めき合う激戦の80年代にノンエアバッシュの量産機種として1985年に「NCAA(全米大学体育協会)バスケットボールリーグ」に向けたカレッジカラープログラムの一環としてリリースされ、カレッジバスケットカテゴリーにおいて見事なまでの存在感を放った「DUNK(ダンク)」。

これまでにも多くのカテゴリーにおいて時代と共に様々なムーブメントを引き起こしながらスニーカーシーンを牽引して来た名作が"25周年"という節目を迎え、当時のキャッチコピーである"BE TRUE TO YOUR SCHOOL"の精神をストリートに反映させた"BE TRUE TO YOUR STREET"をテーマに掲げる事で更なる進化を遂げました。

オリジナル当時、日本未発売だった「DUNK」は90年代のビンテージスニーカーブーム時には高値で取引され、99年に満を持して待望の復刻を果たし、その後「CITY ATTACK(シティアタック)」としてのリリースや2002年に「NIKE SB(ナイキスケートボード)」カテゴリーのフラッグシップモデルとして抜擢。

更には「HYBRID CONCEPT(ハイブリッドコンセプト)」のデザインソースに選出される事で更なる高みへと飛躍し、その後の2008年には「VINTAGE(ヴィンテージ)」シリーズのリリースなど怒涛の盛り上がりを魅せながらフルアップデートが施されリ・スタートを切りました。

また2011年には最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーフューズ)」を落とし込んだ「HYPERFUSE COLLECTION(ハイパーフューズコレクション)」や「VAC TECH(バキュームテクノロジー)」を採用したNewモデルがリリースされる等、常に歩みを止める事無く「NIKE」のフィロソフィが反映されたモデルとして確固たる地位を築いています。

そんなステップアップを重ね進化する名作にシャープなシルエットにアップデートされた「(WMNS) DUNK HIGH SKINNY(ウィメンズダンクハイスキニー」にシーズナルカラーがリリース。

P1360342.JPG

NIKE / (WMNS) DUNK HIGH SKINNY (429984-102) "LIMITED EDITION for ICONS"

P1360325.JPG

「アッパー」には「耐久性」に優れた「シンセティックレザー」を使用し、シンプルなカラーリングを採用。更に「トゥ(爪先)」「ヒール(踵)」に「レオパード柄」を落とし込みながら巧みなマテリアル使いで、絶妙なアクセントを生み出しています。

P1360326.JPG

P1360327.JPG

また今作は幅広いお客様に愛用して頂けるようウィメンズモデルながらメンズサイズまで対応。

P1360328.JPG

P1360331.JPG

"25周年"という通過点を越えて、幾度ものディテールチェンジを繰り返す度に信者を増やし続ける名作として他の追随を許さない「DUNK」。

その歴史の重みを継承した名機を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE (WMNS) AIR FORCE I 07 "LIMITED EDITION for ICONS"
1982年にリリースされ、現在も色褪せる事なくスニーカーシーンを牽引し続ける不朽の名作「AIR FORCE I(エアフォース1)」が2012年に記念すべき"30周年"を迎えました。

バスケットボールシーンでの活躍は勿論、様々なストリートカルチャーと共に時代を歩み吸収する事で今も尚、鮮明さを保ち続けこれまでにもサブカルチャーにスポットを当てたコレクションや世界中のキーアカウントショップとのコラボレーションモデルをリリースし、「NIKE(ナイキ)」のブランドフィロソフィを継承しながら歴史を紐解く事で着実に進化を遂げて来ました。

四半世紀となる2007年の"25周年"では「AIR FORCE I」を体現するキーパーソンとして欠く事の出来ない人物「BOBBITO GARCIA(ボビートガルシア)」が来日する事となったキャンペーン「BOBBITO IN TOKYO(ボビートイントウキョウ)」の開催や「東京/原宿」で期間限定「AIR FORCE I」のオンリーショップとして誕生した「1LOVE(ワンラブ)」、そして今までリリースされた「AIR FORCE I」の人気投票を行う「1VOTE(ワンボート)」などなど、様々なトピックが各メディアでフィーチャーされ、常に話題に事欠かない1年に。

そして、2008年には25周年時にモデルチェンジを施したアップデートデザインを引き継ぎつつ「NIKE ICONS(ナイキアイコン)」としてリ・スタートを切り、また2011年には最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーフューズ)」を落とし込んだ「HYPERFUSE COLLECTION(ハイパーフューズコレクション)」や「VAC TECH(バキュームテクノロジー)」を採用したNewモデルがリリースされる等、常に歩みを止める事無く「NIKE」のフィロソフィが反映されたモデルとして確固たる地位を築いています。

そんな"30周年"を迎えて更なる飛躍が期待される名作にウィメンズモデルのシーズナルカラーがリリース。

P1360407.JPG

NIKE / (WMNS) AIR FORCE I 07 (315115-144) "LIMITED EDITION for ICONS"

今作は「スネーク柄」の「エンボス加工」を「アッパー」に採用し、「モノトーン」のシンプルなカラーリングが「AIR FORCE I」のクラシックなフォルムを際立たせています。

P1360385.JPG

更に「スウッシュ」「シュータンラベル」にアクセントカラーを落とし込んだコンテンポラリーなカラーブロッキングを使用しながらも、極力シンプルに仕上げる事でモデル本来のオーセンティックな魅力を体現。

P1360389.JPG

P1360390.JPG

また今作は幅広いお客様に愛用して頂けるようウィメンズモデルながらメンズサイズまで対応しています。

P1360391.JPG

P1360394.JPG

2012年の"30周年"を通過点に「NIKE」のブランドフィロソフィを継承した不朽の名品として更なる飛躍を期待させる「AIR FORCE I」。

その歴史の重みを継承した名機を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106