NIKE AIR EPIC VINTAGE "LIMITED EDITION for EX"
革新的なテクノロジーやアイディアを数多く生み出すイノベーションカンパニー「NIKE(ナイキ)」。そんな「NIKE」より生誕"40周年"を迎える2012年、ブランドフィロソフィを継承した名作ランニングシューズやNewモデルがリリースされアニバーサリーイヤーを華々しく彩ります。

1978年「NIKE」が誇るクッショニングシステム「AIR(エア)」を初めて搭載したシューズとして誕生した「TAILWIND(テイルウィンド)」からスタートした「AIR」の系譜。そのテクノロジーは様々なスポーツカテゴリーでも活用され、「AIR FORCE I(エアフォース1)」を始め、数々の名作を世に送り出しました。

1987年にシューズデザイナー「TINKER HATFIELD(ティンカーハットフィールド)」の手により「AIR」を内蔵するシューズデザインを探求し、「パリ」にある建築物「CENTRE POMPIDOU(ポンピドゥーセンター)」からインスパイアを受け、「AIR」のビジブル化に成功した初代「AIR MAX I(エアマックス1)」。

その後も「MAX(マックス)」シリーズはスニーカーバブルを生みだした「AIR MAX 95(エアマックス95)」、「ミッドソール」を「360°AIR」で包み込んだ「AIR MAX 360(エアマックス360)」、そして毎年イノベーティブなNewモデルがリリースされる等、「NIKE」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

そんな「NIKE」を語る上で欠かす事の出来ないファンクションである「AIR」の歴史を紐解く名作「AIR EPIC(エアエピック)」のシーズナルカラーが、その当時のシルエットや風合いをそのままに再現した「VINTAGE(ヴィンテージ)」シリーズより追加リリース決定。

532469-400-r1.jpg

NIKE / AIR EPIC VINTAGE (532469-532469-401) "LIMITED EDITION for EX"

1985年にリリースされ「new balance(ニューバランス)」の「M1300」の対抗馬として開発された「AIR EPIC」は「TAILWIND」と同様の「フルレングスエア」を搭載し、高い「クッション性」を確保した事でロングセラーモデルとなり、シリアスランナーだけではなく一般のランナーにも「AIR」が普及する切っ掛けとなりました。

また「シューレースホール」をジグザグに配置する事で紐締めを良くし「フィット性」を向上させる「ヴァリアブルワイズシステム」や優れた「フィッティング性」を提供する「サーモプラスティックヒールカウンター」を採用する等、革新的な機能を数多く搭載。更に「NIKE」のプロダクトの中で最後の「made in U.S.A(メイドインUSA)」モデルとしてリリースされた歴史的名作でもあります。

532469-400-r2.jpg

532469-400-r3.jpg

今作は現代だからこそ可能になった最先端の「ヴィンテージ加工」を施し、"デッドストック"の様な風合いとシルエットを再現。"経年変化"を表現した「ミッドソール」の汚れ、「スウェード」の質感等、細部にまで拘りを集結させ高い完成度を魅せています。

更に「ワントーン」のカラーリングがクラシカルなルックスをより一層引き立て、当時を知るスニーカーファンから現代のスニーカーヘッズまで頷けるコンテンポラリーな1足に仕上がっています。

532469-400-r4.jpg

532469-400-r5.jpg

現在も「NIKE」の主軸となっているランニングカテゴリーにおいて礎を築いた名作「AIR EPIC」。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE TOTAL AIR FOAMPOSITE MAX "LIMITED EDITION for NONFUTURE"
1993年に「NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)」でデビューを果たし、身長約2メートルの大型ポイントガードとして「ORLANDO MAGIC(オーランドマジック)」で活躍。

1989年に創設されプロチームとしてスタートを切ったばかりの「ORLANDO MAGIC」を「NBAファイナル」へ導く快挙を達成し1996年には「DREAM TEAM III(ドリームチーム3)」の一員として「アトランタオリンピック」で、"金メダル"を獲得する等、バスケットボールの神様「MICHAEL JORDAN(マイケルジョーダン)」氏と並び、90年代に人気を博したスタープレーヤー「ANFERNEE HARDAWAY(アンファニーハーダウェイ)」氏。

祖母から呼ばれていた"PUITTY"から派生した「PENNY(ペニー)」の愛称で知られ、「MICHAEL JORDAN」氏や「SCOTTIE PIPPEN(スコッティピッペン)」氏等、多くのスタープレーヤーをサポートする「NIKE(ナイキ)」と契約を結び、可愛らしい「LITTLE PENNY(リトルペニー)」人形を起用したコマーシャルも当時話題となりました。

自身のシグネチャーモデル「AIR PENNY(エアペニー)」シリーズやスピードを追求する「FLIGHT(フライト)」シリーズの系譜を受け継ぎリリースされた「FLIGHT ONE(フライトワン)」、「アトランタオリンピック」の際に着用した「AIR ZOOM FLIGHT 96(エアズームフライト96)」等が世界的なスマッシュヒットとなり、バスケットボールファンのみならず、当時のスニーカーマニアからも熱狂的な支持を得ていました。

そんな「ANFERNEE HARDAWAY」氏のシグネチャーモデルとして1997年にリリースされた「AIR FOAMPOSITE ONE(エアフォームポジットワン)」の「アッパー」デザインを踏襲しながら、新たな「ソールユニット」を融合した「TOTAL AIR FOAMPOSITE MAX(トータルエアフォームポジットマックス)」が「LIMITED EDITION for NONFUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」よりゲリラリリース決定。

nike_total_foamposite_120907-r1.jpg

NIKE / TOTAL AIR FOAMPOSITE MAX (472498-400) "LIMITED EDITION for NONFUTURE"

インパクトのある「ポリウレタン製アッパー」で「ミッドソール」を包み込んだ先鋭的なデザインが、現在も色褪せる事無くコンテンポラリーな魅力を放ち続ける「AIR FOAMPOSITE ONE」。

機能面においても「クッショニング性」と「反発性」に優れた「ZOOM AIR(ズームエア)」を「ソールユニット」全体に採用した「FULL LENGTH ZOOM AIR(フルレングスズームエア)」や、快適なフィッティングを提供する「ダイナミックインナーブーツ」を搭載し、「デザイン性」だけではなく「機能性」においても高い評価を得た名機。

nike_total_foamposite_120907-r3.jpg

今作はそんな特徴的な「アッパー」デザインを継承しながら、「後足部」に着地時の衝撃を吸収する「MAX AIR(マックスエア)」を搭載する事により、抜群のトラクションを高次元で実現。

nike_total_foamposite_120907-r4.jpg

nike_total_foamposite_120907-r5.jpg

近未来的なフォルムはそのままにコンテンポラリーなアップデートが詰め込まれています。更にカラーリングには「AIR FOAMPOSITE ONE」のオリジナルカラーを採用する事で、「ANFERNEE HARDAWAY」氏が現役で活躍していた当時を懐かしむスニーカーファンから現在のスニーカーヘッズまで幅広くフィットするモデルとなっています。

nike_total_foamposite_120907-r6.jpg

nike_total_foamposite_120907-r2.jpg

現在でも多くの支持を得る90年代を代表するアイコンプレイヤー「ANFERNEE HARDAWAY」氏が着用した名作「AIR FOAMPOSITE ONE」。

その歴史の重みを継承した名機にテクノロジーを搭載する事で誕生したNewモデルをを是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE AIR EPIC VINTAGE "LIMITED EDITION for EX"
革新的なテクノロジーやアイディアを数多く生み出すイノベーションカンパニー「NIKE(ナイキ)」。そんな「NIKE」より生誕"40周年"を迎える2012年、ブランドフィロソフィを継承した名作ランニングシューズやNewモデルがリリースされアニバーサリーイヤーを華々しく彩ります。

1978年「NIKE」が誇るクッショニングシステム「AIR(エア)」を初めて搭載したシューズとして誕生した「TAILWIND(テイルウィンド)」からスタートした「AIR」の系譜。そのテクノロジーは様々なスポーツカテゴリーでも活用され、「AIR FORCE I(エアフォース1)」を始め、数々の名作を世に送り出しました。

1987年にシューズデザイナー「TINKER HATFIELD(ティンカーハットフィールド)」の手により「AIR」を内蔵するシューズデザインを探求し、「パリ」にある建築物「CENTRE POMPIDOU(ポンピドゥーセンター)」からインスパイアを受け、「AIR」のビジブル化に成功した初代「AIR MAX I(エアマックス1)」。

その後も「MAX(マックス)」シリーズはスニーカーバブルを生みだした「AIR MAX 95(エアマックス95)」、「ミッドソール」を「360°AIR」で包み込んだ「AIR MAX 360(エアマックス360)」、そして毎年イノベーティブなNewモデルがリリースされる等、「NIKE」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

そんな「NIKE」を語る上で欠かす事の出来ないファンクションである「AIR」の歴史を紐解く名作「AIR EPIC(エアエピック)」のシーズナルカラーが、その当時のシルエットや風合いをそのままに再現した「VINTAGE(ヴィンテージ)」シリーズより追加リリース決定。

532469-500-r1.jpg

NIKE / AIR EPIC VINTAGE (532469-500) "LIMITED EDITION for EX"

1985年にリリースされ「new balance(ニューバランス)」の「M1300」の対抗馬として開発された「AIR EPIC」は「TAILWIND」と同様の「フルレングスエア」を搭載し、高い「クッション性」を確保した事でロングセラーモデルとなり、シリアスランナーだけではなく一般のランナーにも「AIR」が普及する切っ掛けとなりました。

また「シューレースホール」をジグザグに配置する事で紐締めを良くし「フィット性」を向上させる「ヴァリアブルワイズシステム」や優れた「フィッティング性」を提供する「サーモプラスティックヒールカウンター」を採用する等、革新的な機能を数多く搭載。更に「NIKE」のプロダクトの中で最後の「made in U.S.A(メイドインUSA)」モデルとしてリリースされた歴史的名作でもあります。

532469-500-r2.jpg

532469-500-r3.jpg

今作は現代だからこそ可能になった最先端の「ヴィンテージ加工」を施し、"デッドストック"の様な風合いとシルエットを再現。"経年変化"を表現した「ミッドソール」の汚れ、「スウェード」の質感等、細部にまで拘りを集結させ高い完成度を魅せています。

更に「ワントーン」のカラーリングがクラシカルなルックスをより一層引き立て、当時を知るスニーカーファンから現代のスニーカーヘッズまで頷けるコンテンポラリーな1足に仕上がっています。

532469-500-r4.jpg

532469-500-r5.jpg

現在も「NIKE」の主軸となっているランニングカテゴリーにおいて礎を築いた名作「AIR EPIC」。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE DUNK HIGH "LIMITED EDITION for ICONS"
革新的なテクノロジーやアイディアを数多く生み出すイノベーションカンパニー「NIKE(ナイキ)」。そんな「NIKE」より生誕"40周年"を迎える2012年、ブランドフィロソフィを継承した名作が復刻されアニバーサリーイヤーを華々しく彩ります。

往年の名作が犇めき合う激戦の80年代にノンエアバッシュの量産機種として1985年に「NCAA(全米大学体育協会)バスケットボールリーグ」に向けたカレッジカラープログラムの一環としてリリースされ、カレッジバスケットカテゴリーにおいて見事なまでの存在感を放った「DUNK(ダンク)」。

これまでにも多くのカテゴリーにおいて時代と共に様々なムーブメントを引き起こしながらスニーカーシーンを牽引して来た名作が"25周年"という節目を迎え、当時のキャッチコピーである"BE TRUE TO YOUR SCHOOL"の精神をストリートに反映させた"BE TRUE TO YOUR STREET"をテーマに掲げる事で更なる進化を遂げました。

オリジナル当時、日本未発売だった「DUNK」は90年代のビンテージスニーカーブーム時には高値で取引され、99年に満を持して待望の復刻を果たし、その後「CITY ATTACK(シティアタック)」としてのリリースや2002年に「NIKE SB(ナイキスケートボード)」カテゴリーのフラッグシップモデルとして抜擢。

更には「HYBRID CONCEPT(ハイブリッドコンセプト)」のデザインソースに選出される事で更なる高みへと飛躍し、その後の2008年には「VINTAGE(ヴィンテージ)」シリーズのリリースなど怒涛の盛り上がりを魅せながらフルアップデートが施されリ・スタートを切りました。また2011年には最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーフューズ)」を落とし込んだ「HYPERFUSE COLLECTION(ハイパーフューズコレクション)」や「VAC TECH(バキュームテクノロジー)」を採用したNewモデルがリリースされる等、常に歩みを止める事無く「NIKE」のフィロソフィが反映されたモデルとして確固たる地位を築いています。

そんなステップアップを重ね進化する名作からシーズナルカラーが追加リリース決定。

nike_dunk_120901-r1.jpg

1985年に記念すべきファーストモデルとしてリリースされた「AIR JORDAN I(エアジョーダン1)」からインスパイアされたカラーリングを採用した今作は「アッパー」全体に「シンセティックレザー」を使用しながら、「スウッシュ」に「スウェード」を落とし込む巧みなマテリアル使いで、絶妙なコントラストを生み出しています。

NIKE / DUNK HIGH (317982-051) "LIMITED EDITION for ICONS"

317982-051-r1.jpg

NIKE / DUNK HIGH (317982-049) "LIMITED EDITION for ICONS"

317982-049-r1.jpg

NIKE / DUNK HIGH (317982-048) "LIMITED EDITION for ICONS"

317982-048-r1.jpg

"25周年"という通過点を越えて、幾度ものディテールチェンジを繰り返す度に信者を増やし続ける名作として他の追随を許さない「DUNK」。

その歴史の重みを継承した名機を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE AIR EPIC VINTAGE "LIMITED EDITION for EX"
革新的なテクノロジーやアイディアを数多く生み出すイノベーションカンパニー「NIKE(ナイキ)」。そんな「NIKE」より生誕"40周年"を迎える2012年、ブランドフィロソフィを継承した名作ランニングシューズやNewモデルがリリースされアニバーサリーイヤーを華々しく彩ります。

1978年「NIKE」が誇るクッショニングシステム「AIR(エア)」を初めて搭載したシューズとして誕生した「TAILWIND(テイルウィンド)」からスタートした「AIR」の系譜。そのテクノロジーは様々なスポーツカテゴリーでも活用され、「AIR FORCE I(エアフォース1)」を始め、数々の名作を世に送り出しました。

1987年にシューズデザイナー「TINKER HATFIELD(ティンカーハットフィールド)」の手により「AIR」を内蔵するシューズデザインを探求し、「パリ」にある建築物「CENTRE POMPIDOU(ポンピドゥーセンター)」からインスパイアを受け、「AIR」のビジブル化に成功した初代「AIR MAX I(エアマックス1)」。

その後も「MAX(マックス)」シリーズはスニーカーバブルを生みだした「AIR MAX 95(エアマックス95)」、「ミッドソール」を「360°AIR」で包み込んだ「AIR MAX 360(エアマックス360)」、そして毎年イノベーティブなNewモデルがリリースされる等、「NIKE」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

そんな「NIKE」を語る上で欠かす事の出来ないファンクションである「AIR」の歴史を紐解く名作「AIR EPIC(エアエピック)」のシーズナルカラーが、その当時のシルエットや風合いをそのままに再現した「VINTAGE(ヴィンテージ)」シリーズより追加リリース決定。

532469-401-r1.jpg

NIKE / AIR EPIC VINTAGE (532469-400) "LIMITED EDITION for EX"

1985年にリリースされ「new balance(ニューバランス)」の「M1300」の対抗馬として開発された「AIR EPIC」は「TAILWIND」と同様の「フルレングスエア」を搭載し、高い「クッション性」を確保した事でロングセラーモデルとなり、シリアスランナーだけではなく一般のランナーにも「AIR」が普及する切っ掛けとなりました。

また「シューレースホール」をジグザグに配置する事で紐締めを良くし「フィット性」を向上させる「ヴァリアブルワイズシステム」や優れた「フィッティング性」を提供する「サーモプラスティックヒールカウンター」を採用する等、革新的な機能を数多く搭載。更に「NIKE」のプロダクトの中で最後の「made in U.S.A(メイドインUSA)」モデルとしてリリースされた歴史的名作でもあります。

532469-401-r2.jpg

532469-401-r3.jpg

今作は現代だからこそ可能になった最先端の「ヴィンテージ加工」を施し、"デッドストック"の様な風合いとシルエットを再現。"経年変化"を表現した「ミッドソール」の汚れ、「スウェード」の質感等、細部にまで拘りを集結させ高い完成度を魅せています。

更に「ワントーン」のカラーリングがクラシカルなルックスをより一層引き立て、当時を知るスニーカーファンから現代のスニーカーヘッズまで頷けるコンテンポラリーな1足に仕上がっています。

532469-401-r4.jpg

532469-401-r5.jpg

現在も「NIKE」の主軸となっているランニングカテゴリーにおいて礎を築いた名作「AIR EPIC」。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106