new balance MFL574 "History Gradation" "mita sneakers"
1988年にリリースされ、2013年にモデル生誕"25周年"と言う節目を迎えた「new balance(ニューバランス)」を代表するクラシックオフロードランニングモデル「576」。「C-CAP(シーキャップ)」と「ENCAP(エンキャップ)」を組み合わせた「ソールユニット」を搭載し「グリップ性」に優れた「アウトソール」を装備したオフロードランニングシューズとして開発されながら、ファッションアイテムとして高い評価を得た事でタウンユースとしても愛用され、ストリートシーンに於いても圧倒的な人気を博した名作です。

そんな「new balance」のブランドフィロソフィを継承する大定番モデル「576」の廉価版モデルとして開発された「574」は「アメリカ」にて記録的なセールスを叩き出し、満を持して「日本」にも上陸。これまでに「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレーションモデルを始め、様々なブランドやショップとの別注でリリースされた「APAC(アジアパシフィック)」企画が話題を呼び「日本」のスニーカーシーンに於いて既存の「new balance」人気モデルとは一線を画すリーズナブルなプライスと新たな価値観で不動の人気を築き上げました。その後も「new balance」主催のカラーリングコンテストや2007年の「APAC」プロジェクトである「HUNGRY DRAGON(ハングリードラゴン)」そして、昨今では「made in U.S.A.(メイドインUSA)」の「574」をweb上でカスタマイズ出来る「Custom US574(カスタムUS574)」のサービスを「アメリカ」で開始。更には「mita sneakers」と「OSHMAN'S(オッシュマンズ)」のコラボレーションモデル「ML574 MOJITO(ML574モヒート)」がリリースされる等、これまでのイメージを一新するプロジェクトやアイテムのローンチにより人気・実売ともに好調を維持し新定番モデルとしての地位を確立しています。

そんな名実共に「new balance」を代表するスタンダードモデルとなった「574」の「アッパー」に、左右非対称な凹凸形状により「安定性」と「クッショニング性」を向上させると共に「ハニカム」構造に大小を設ける事で「屈曲性」も確保したパフォーマンスシューズ「FRESH FOAM ZANTE(フレッシュフォームザンテ)」の為に開発された最新ソールユニット「FRESH FOAM(フレッシュフォーム)」を融合してリインベントされたNewモデル「MFL574」。

そんな新たなコンセプトを纏ったモデルをベースに、数多くのナショナルブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのオフィシャルコラボレーションモデルがゲリラリリース決定。

P1200425.JPG

new balance / MFL574 (HC) "History Gradation" "mita sneakers"

今作「MFL574 "History Gradation"(MFL574ヒストリーグラデーション)」は、同ブランドのアイコンモデルで「574」のベースモデルでもある「576」のオリジナルカラー「NVY(ネイビー)」と歴代カラーの中でも圧倒的な人気を誇る「CD(コードバン)」のカラーリングとマテリアルをモチーフにして「トゥ(爪先)」から「ヒール(踵)」に掛けて配置する事により、そのブランドヒストリーと最新テクノロジーを融合して具現化。

P1200426.JPG

P1200427.JPG

P1200428.JPG

P1200430.JPG

更にオフィシャルコラボレーションの証として「インソール(中敷き)」には「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK FENCE(金網)」と「new balance」「mita sneakers」の「ロゴ」が「プリント」にて施されています。ブランドアイデンティティを残しつつ、尖鋭的な「機能性」を盛り込みながらタウンユースに於いてそのポテンシャルを体感する事が出来る様にリインベントして具現化された「MFL574」。

P1200432.JPG

P1200446.JPG

P1200447.JPG

「new balance」の歴史の重みを継承しブランドフィロソフィと最新テクノロジーを融合させた今作「MFL574 "History Gradation"」からコラボレーション本来の意味や意義、そして「new balance」のイノベーティブな姿勢を足元から感じ取って見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
営業時間(平日)11:00〜19:30 (土日・祝日)10:00〜19:30
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official instagram
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official ORIGAMI
mita sneakers Official #Cart

Permal Link | trackbacks(0)
Onitsuka Tiger CALIFORNIA 78 "Tequila Sunrise" "mita sneakers"
「日本」が世界に誇るナショナルブランド「asics(アシックス)」。その前身ブランドである「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」の歴史は、1949年に「asics」創業者「鬼塚 喜八郎(オニツカキハチロウ)」氏が創業した「オニツカ株式会社」からスタートします。

「日本」の選手だけではなく、海外の一流選手にも愛された60年代から80年代の名品を忠実にリバイバルしたそのフォルムは「ヨーロッパ」に於いて、レトロクラシックスニーカーの一大ムーブメントを巻き起こしました。更に近年では創業者「鬼塚 喜八郎」氏が世界の一流オリンピック選手に商品を履いて貰う為、プロモーション活動をしていた当時のコードネーム"錐揉み(キリモミ)"から着想を得て、スポーツとファッションやサブカルチャーを結び付ける現代版「Onitsuka Tiger KIRIMOMI PROJECT(オニツカタイガーキリモミプロジェクト)」や「日本」のモノ作りの良さを伝えたいと言う"本物の日本"をコンセプトに掲げた「NIPPON MADE(日本メイド)」コレクションを展開する等、様々なアプローチで過去の名作のフィロソフィを継承しながら新たな価値を付加した魅力的なプロダクトを「日本」から世界に向けて発信し続け、2014年においてもブランドフォロソフィを継承するアイコニックなモデルやコンテンポラリーな再構築を施したNewモデルのリリースにより、その勢いを更に加速させています。

「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」が誇るアーカイブの1つであり「日本」でのジョギングブームに於いても重要な役割を担い、1978年にリリースされた「CALIFORNIA(カリフォルニア)」の特徴を継承しながらコンテンポラリーにリビルドされた「CALIFORNIA 78(カリフォルニア78)」。

そんな名機をベースに、数多くのナショナルブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」が提案する「CALIFORNIA 78 "Tequila Sunrise"(カリフォルニア78テキーラサンライズ)」がゲリラリリース決定。

P1170848.JPG

Onitsuka Tiger / CALIFORNIA 78 (THN516-3005) "Tequila Sunrise" "mita sneakers"

今作は「Onituska Tiger」と「mita sneakers」とのオフィシャルコラボレーションモデル第2弾として、2013年にリリースされた「X-CALIBER "Tequila Sunrise"(エクスカリバーテキーラサンライズ)」のカラーリングやコンセプトを踏襲。

P1170849.JPG

カラーリングは「Onituska Tiger」のアイコンモデルである「MEXICO 66(メキシコ66)」の由来となった1968年「メキシコオリンピック」が開催された「メキシコ」を原産とした"TEQUILA(テキーラ)"をベースに作られる"TEQUILA SUNRISE(テキーラサンライズ)"からインスパイアされています。

P1170851.JPG

P1170853.JPG

「トゥ(爪先)」から「インサイドパネル(内側)」に掛けて"日の出(SUNRISE)"から着想を得た「グラデーション」を採用。また「特殊加工」を施した「スウェード」を「トゥ(爪先)」に使用する事で、昨今のキーワードとなっている局地的なゲリラ豪雨にも実用的な「機能性」を備える事で都市生活に於いても新たなポテンシャルを体感する事が出来ます。「ミッドソール」には「GROW IN THE DARK(畜光素材)」を使用し、暗闇でもその存在感を発揮。

P1170854.JPG

P1170855.JPG

更に「インソール(中敷き)」には「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK(金網)」と"TOKYO CUSTOM MADE"を意味する「東京改」の「ロゴ」が「プリント」にて施されています。

P1170859.JPG

タウンユースモデルとしてのシルエットやカラーリングを考慮しながら、現代的なブラッシュアップを施し「Onitsuka Tiger」の新たなスタンダードモデルとして注目を集める「CALIFORNIA 78」。

P1170860.JPG

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機に、新定番としての懐古主義ではなく温故知新としてのアプローチを示した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
営業時間(平日)11:00〜19:30 (土日・祝日)10:00〜19:30
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official instagram
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official ORIGAMI
mita sneakers Official People & Store

Permal Link | trackbacks(0)
diadora N.9000 "Aperitivo" "made in ITALY" "mita sneakers"
1948年に"トレッキングブーツ"等を開発するシューズメーカーとして「イタリア」で創業した「DIADORA(ディアドラ)」。現在、古代ギリシャ語で"神より賜れし至上の贈り物"を意味する同ブランドは「イタリア」特有の「デザイン性」やユーザーからの声を真摯に追求しながら開発される「機能性」を武器に、様々なカテゴリーのスポーツギアやスポーツスタイルウェアを展開しています。

また、1987年に開催された「世界陸上選手権」にて"9秒83"の世界新記録(当時)を樹立した陸上競技選手「BEN JOHNSON(ベンジョンソン)」氏や「SERIE A(セリエアー)」の強豪「JUVENTUS(ユヴェントス)」や「AC MILAN(エーシーミラン)」そして「INTERNAZIONALE MILANO(インテルナツィオナーレミラノ)」に所属し"イタリアの至宝" "偉大なるポニーテール"の愛称で親しまれ、世界中のファンを魅了したフットボールプレイヤー「ROBERTO BAGGIO(ロベルトバッジョ)」氏や「AC MILAN」の黄金期に"オランダトリオ"の1人として活躍したスタープレイヤー「MARCO VAN BASTEN(マルコファンバステン)」氏等の世界的な知名度を誇るアスリートをサポートしていた事でセールスを飛躍的に伸ばし、スポーツブランドとしての確固たる地位を築き上げました。

1970年代に不安定な世界情勢や産業開発による環境問題が起因となり登場したジョギングブームは世界中を巻き込みながら急成長し、70年代後半から80年代には各メーカーの技術躍進に伴い画期的なテクノロジーが発表され後に名作と語り継がれるモデルが次々と産声を上げました。更に世界中のランナーが信頼を寄せ掲載されたシューズランキングが売り上げを左右する評価基準となり、各ブランドの技術開発に多大な影響を及ぼした1966年創刊の「RUNNER'S WORLD(ランナーズワールド)」の登場が各メーカーの技術開発に多大な影響を及ぼした年代でもあります。

そんな名作が集う80年代に培われたテクノロジーをブラッシュアップさせて1990年に「DIADORA」の「RUNNING(ランニング)」カテゴリーに於ける最上級機種として誕生した「N.9000(ニュートラ9000)」をベースに、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレーションモデルがリリース。

P1160404.JPG

diadora / N.9000 (161792-40055) "Aperitivo" "made in ITALY" "mita sneakers"

「diadora」誕生の地である「イタリア/ヴェネト州」を発祥として「イタリア」全土に広がった"Aperitivo(食前酒)"。現在でも食事を楽しむ前には欠かせない存在として愛され続けています。

P1160405.JPG

P1160414.JPG

今作は「diadora」と「mita sneakers」のコラボレーションプロジェクトがスタートする意味合いを込め、そんな伝統的な"Aperitivo"から着想を得たカラーリンングを採用。「ミッドソール」の一部には、陰と陽で全く別の表情を魅せる「GLOW IN THE DARK(グローインザダーク)」仕様を採用して弾ける"炭酸"を表現。

P1160418.JPG

P1160421.JPG

更に「インソール(中敷き)」には"Aperitivo"をイメージした「オリジナルグラフィック」と「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK(金網)」や"TOKYO CUSTOM MADE"を意味する「東京改」の「ロゴ」を組み合わせ作成された「オリジナルグラフィック」が「プリント」にて施され、コラボレーションモデルならではのディテールを凝縮。

P1160425.JPG

そして「フラットシューレース」と「ロープシューレース」の2本が付属した事で、様々なスタイルの変化にフィットする仕上がりになっています。

P1160415.JPG

また、オリジナルモデル同様に「DIADORA」が拠点とする「カエラノサンマルコ」地区で生産された「made in ITALY(メイドインイタリー)」モデルとしてリリースされ、その伝統と歴史を継承しながらブランドアイデンティティを体現しています。

P1160431.JPG

「イタリア」の伝統や文化を継承しながら、スポーツブランドとしての独自のフィロソフィを詰め込んだ数々の名作を世に送り出して来た「DIADORA」。その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機に「mita sneakers」のアイデンティティを融合した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
営業時間(平日)11:00〜19:30 (土日・祝日)10:00〜19:30
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official instagram
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official ORIGAMI
mita sneakers Official People & Store

Permal Link | trackbacks(0)
adidas Originals for mita sneakers CTRY OG MITA B "mita sneakers"
常にアスリートの意見に耳を傾ける事で様々なアイデアをインプットし、それを具現化する確かな技術力によって革新的なプロダクトを生み出し続ける「adidas(アディダス)」。スポーツに尽力するアスリートをサポートするだけでは無く、プロダクトを通し関わる全ての人とコミュニケーションを取る事でスポーツそのものの発展に多大な影響を及ぼして来ました。

スポーツの根本とも言える"走る"事に対する情熱は現在も冷める事無く「創造性」と「機能性」を兼備したパフォーマンスシューズを携えプロダクトカンパニーとして常に市場をリードしています。1973年に整地されていない野山や草原地等のロケーションを走り、タイムを競う陸上競技クロスカントリーに特化したランニングシューズとして誕生した「COUNTRY(カントリー)」。悪路を走行する為のファンクションとして「トゥ(爪先)」から「ヒール(踵)」まで巻き上げられた「アウトソール」や世界初とも言われる"コンパウンド(硬度)"の異なる「E.V.A(エチレンビニールアセテード)」を重ね合わせた「セメント製法」を採用し、高水準での「クッショニング性」を具現化した「ミッドソール」等、当時の最先端技術を凝縮したパフォーマンスシューズとして多くのシリアスランナーから高い評価を獲得。更には「ホワイト」と「グリーン」をベースにしたクラシカルな配色や「耐久性」に優れた「レザー」を使用しながら、奇を衒う事なくシンプルに仕上げられた「デザイン性」から、ファッションシーンにおいても支持を受け好調なセールスを記録。

また、1984年のアメリカ映画「BEVERLY HILLS COP(ビバリーヒルズコップ)」で「EDDIE MURPHY(エディーマーフィー)」氏が演じる「AXEL FOLEY(アクセルフォーリー)」氏が劇中で「DETROIT LIONS(デトロイトライオンズ)」のスタジャンや「Levi's(リーバイス)」のデニムに「COUNTRY」を合わせたアメリカンカジュアルの王道的なスタイリングを披露し話題になりました。90年代前半のアメカジを中心とした"ヴィンテージデニムブーム"や"ヴィンテージスニーカーブーム"時には、生産時期や生産国で異なる仕様等の「希少性」を始め、数々のヒストリーやバックボーン等、本来の価値とは別の付加価値部分でも時代を彩る名機として復権を果たし、2009年にはオリジナルディテールを踏習しながら新たな解釈と最新加工技術を用いた「COUNTRY 0(カントリーゼロ)」がゲリラリリースされ即完売を記録。その後も「CTRY OG MITA(カントリーオリジナルミタ)」が「adidas Originals for mita sneakers(アディダスオリジナルスフォーミタスニーカーズ)」プロジェクトからリリースされる等、世界各国で再びフォーカスされカテゴライズされた枠の中に留まる事無く、ストリートシーンやサブカルチャーを牽引するインフルエンサーからリアルユーザーに至るまで、多種多様な足元のマスターピースとして今も尚語り継がれています。

そんな幾度となく細やかなマイナーチェンジを繰り返し、世代を超えて愛され続ける名作「COUNTRY」をベースに、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで、その活躍は多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクターである「国井 栄之(クニイシゲユキ)」が提案する「CTRY OG MITA B(カントリーオリジナルミタB)」が「adidas Originals for mita sneakers」のプロジェクト第11弾としてリリース決定。

photo01.jpg

adidas Originals for mita sneakers / CTRY OG MITA B (AF5594) "mita sneakers"

前作までと同じく「COUNTRY」のスタンダードモデルとしての存在価値を再構築する為、1973年に「made in FRANCE(フランスメイド)」としてリリースされた「COUNTRY(1stモデル)」に「アンクルパッド(踝)」を導入する事でアップデートを施した「COUNTRY(2ndモデル)」の普遍的なディテールを可能な限り忠実に再現しながら、現代的なリヴィジョンや価値観を融合させる事により、あらゆる世代のベクトルをニュートラルに表現しています。

P1160115.JPG

上質な「スムースレザー」を採用し独創的な流線型を描くフォルム。「スリーストライプス(3本線)」や1976年頃まで採用されていた「トレフォイルロゴ」が入らない「ヒールパッチ」に採用されていた「スウェード」。「COUNTRY(2ndモデル)」まで採用されていた横一線の「ステッチ」をあしらった「シュータン」の形状。1978年頃に「アンクルパッド」が導入された際に施されていた「アンクル」部の「ステッチ」形状を採用する等、細部に至るまで可能な限り忠実に再現する事で"ヘリテージモデル"に対する「日本」特有の拘りと価値観を表現。

P1160116.JPG

P1160118.JPG

更にクラシックな雰囲気の漂う「コットン製シューレース」を使用しながら「インソール(中敷き)」の表面には足触りの良い「ナイロン」を搭載する事でクラフト感に溢れる風合いと実用的な「機能性」を両立。また、通常「インソール」に貼付けられる「ステッカー」を、あえて「織りネーム」として縫い付け、名作の「普遍性」を継承しながらコンテンポラリーなリノベートをプラスし、再構築を施しています。

P1160117.JPG

P1160132.JPG

今作は、オリジナルカラー(第9弾)やコアカラー(第10弾)を落とし込んだ「COUNTRY」の「汎用性」を体現するシリーズを締め括るべく、ミニマムな「ブラック」を使用したワントーンカラーで「アッパー」を統一。「アウトソール」には「オフホワイト」をプラスする事でスタイリッシュに仕上げながら「COUNTRY(2ndモデル)」のスペックに融合させた事で、コンテンポラリーな感覚を併せ持った逸足として昇華しています。

P1160126.JPG

スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり「adidas」が誇る普遍的な価値と本来の魅力を凝縮した「CTRY OG MITA B」は、正にそんな言葉を具現化した1足。その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機に、新定番としての懐古主義ではなく温故知新としてのアプローチを示した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
営業時間(平日)11:00〜19:30 (土日・祝日)10:00〜19:30
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official instagram
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official ORIGAMI
mita sneakers Official People & Store

Permal Link | trackbacks(0)
LOSERS SCHOOLER LO "Cobalt" "mita sneakers x sneakerwolf"
今や世界中に最新のスニーカーカルチャーを発信し続ける「日本/東京」を起点にスタートした新鋭スニーカーブランド「LOSERS(ルーザーズ)」。ブランド名の「LOSERS」には、これまでに誕生したストリートカルチャーのパイオニア達が社会的なエリートではなく、即ち"LOSER"であったにも関わらず様々な困難が降り掛かる劣悪な環境の中で信念を曲げずアイデアを生み出し続け、具現化する事で新たな文化を創り出して来たと言う想いと先人達への敬意が込められています。

日本人として生活する中で潜在的に刷り込まれている美意識である"粋(イキ)"をブランドフィロソフィとし、全てのプロダクトに落とし込む事で日本人でなければ表現する事が出来ない日本特有の文化と価値観を体現。"粋"を表現する事で伝統的な要素を反映した「READY MADE(レディーメイド)」と様々なバックボーンを落とし込んだ「CUSTOM MADE(カスタムメイド)」から構成され、あえて2つに分けられたラインが共鳴し共存する事で意味と意義を成しています。

そんな「日本国内」のみならず「海外」のメディアやキーアカウントからも注目を集めるスニーカーブランド「LOSERS」のアイコンモデル「SCHOOLER LO(スクーラーロー)」をベースに、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」と「LOSERS」のデザイナーでありながら、様々な分野でフリーハンドの"絵"を提供している絵描き「sneakerwolf(スニーカーウルフ)」氏が手を加えた「SCHOOLER LO "Cobalt" "mita sneakers x sneakerwolf"(スクーラーローコバルトミタスニーカーズxスニーカーウルフ)」がリリース。

P1130371.JPG

LOSERS / SCHOOLER LO (15SSSLM01) "Cobalt" "mita sneakers x sneakerwolf"

"土足禁止"等の言葉が生まれた「日本」のライフスタイルを反映させた履物文化の象徴とも言える"上履き"から着想を得た今作は半円形の「エラスチックゴム」が使用された「トゥ(爪先)」が特徴的な"上履き"からインスパイアされたブランドアイコンでもある「LONOSETOE(ルーノーズトゥ)」を採用。更に「ソールユニット」及び「フットベッド(中敷き)」の品質をより向上させ、軽量化を図り快適な履き心地を実現しながら「ソールユニット」には「オートクレーブ成型」され「耐久性」に優れた「ヴァルカナイズドソール(テープ巻き)」を搭載しつつ「柔軟性」に優れた「EVA(エチレンビニールアセテード)」を「フットベッド」に用いる事で快適なクッショニングを提供してくれます。そして「アウトソール」には「日本」特有の「ロゴ」である"家紋"からインスパイアされた「オリジナルアウトソールパターン」を使用する事で「デザイン性」と「グリップ性」を兼備。着用時のストレスを軽減し、脱ぎ履きを容易にする「シュータンタブ」を設置する等、実生活には必要の無いオーバースペックな「機能性」ではなく、様々なライフスタイルにフィットする徹底的に追求された実用的な「機能性」を組み込む事で、タウンユースにおいてそのポテンシャルを実感する事が出来ます。

P1130352.JPG

"Cobalt(コバルト)"と名付けられた今作は「アッパー」マテリアルには質感と発色に優れた「コバルトブルー」の「ピッグスキンスウェード」を採用。更に「インサイドパネル(内側)」には、クラフトマンシップを体現する「ヒッコリーストライプ」と「LOSERS」の「ロゴマーク」が刻印された「レザーパッチ」を取り付けています。

P1130354.JPG

P1130355.JPG

P1130356.JPG

「インソール(中敷き)」には「LOSERS」の「ブランドロゴ」と「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK FENCE(金網)」や"TOKYO CUSTOM MADE"を意味する「東京改」の「ロゴ」を組み合わせ作成された「オリジナルグラフィック」が「プリント」にて施され、コラボレーションモデルならではのディテールを凝縮。

更に「mita sneakers」でリリースされるバージョンのみ「インサイドパネル」に「sneakerwolf」氏、自身が1足ずつ「ドリッピング加工」を施したスペシャル仕様となっています。"STICK TO YOUR GUNS(信念を曲げるな)"をスローガンに掲げ、世界中のスニーカーシーンに神風を起こす「LOSERS」のブランドアイデンティティを反映した「SCHOOLER LO」。

P1130360.JPG

そんな「日本」から世界に向け発信される独創的な「LOSERS」と、世界屈指のスニーカータウン「上野」から世界へ発信するスニーカーショップ「mita sneakers」のアイデンティティを融合した今作から、コラボレーション本来の意味や意義を体感して見て下さい。

〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
営業時間(平日)11:00〜19:30 (土日・祝日)10:00〜19:30
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official instagram
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official ORIGAMI
mita sneakers Official People & Store

Permal Link | trackbacks(0)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106