NIKE AIR JORDAN VI RETRO "LIMITED EDITION for BRAND JORDAN LEGACY"
ある人は"彼はマイケルジョーダンの姿をした神"だと表現し、並外れた身体能力が生み出す彼の滞空時間の長さから"AIR(エア)"の異名を持つなど、世界最高峰のアメリカプロバスケットボールリーグ「NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)」史上最も愛され、生ける伝説「MICHAEL JORDAN(マイケルジョーダン)」。

2010年には四半世紀となる"25周年"を迎え、シグネチャーモデルとしてだけではなく「BRAND JORDAN(ブランドジョーダン)」としてのターニングポイントを迎ました。そんな益々盛り上がりを魅せる歴代の「AIR JORDAN(エアジョーダン)」シリーズの中でも圧倒的な人気を誇る「AIR JORDAN VI(エアジョーダン6)」がゲリラリリース決定。

P1330446.JPG

80年代後半から90年代前半に掛けて「NIKE」のバスケットボールシューズは機能面で飛躍的な進化を遂げ、そうしたハイテク化の口火を切ったのが1991年にデビューを飾った「AIR JORDAN VI」でした。

そんな名作を着用し「MICHAEL JORDAN」は「NBA CONFERENCE FINALS(NBAカンファレンスファイナル)」で強豪「DETROIT PISTONS(デトロイトピストンズ)」を破りファイナルに進出。「MAGIC JOHNSON(マジックジョンソン)」率いる宿敵「LOS ANGELES LAKERS(ロサンゼルスレイカーズ)」を見事に撃破し、念願の"NBA制覇"を達成。更にシーズン・ファイナル両"MVP"をも手中に収め、そこから怒濤の3連覇を達成し黄金期を築き上げました。前シグネチャーモデル「AIR JORDAN V(エアジョーダン5)」と同様にシューズデザイナー「TINKER HATFIELD(ティンカーハットフィールド)」によって手掛けられた今作は"戦闘機"からインスパイアされたデザインを採用。

それまでの「AIR JORDAN」シリーズは「アッパー」に複数のパーツを重ねる事により強度を増していたのに対し、背番号の"23"からインスパイアされた「アッパー」の「補強パーツ」以外を可能な限り排除すると同時にシリーズ初となる「ブーティシステム」を採用する事で「フィッティング性」を格段に向上させています。更に「トゥ(爪先)」には「MICHAEL JORDAN」が求めた"素足感覚"を具現化する為、「プレーントゥ」仕様に改良が施されています。

また「AIR JORDAN VI」の中でも「CARMINE(カーマイン)」と呼ばれるカラーリングは「AIR JORDAN」のシリーズの中でも高い人気を誇り、「AIR JORDAN COUNT DOWN PACK(エアジョーダンカウントダウンパック)」がリリースされた際にも瞬く間に完売するなど、その人気は衰える事を知りません。

NIKE / AIR JORDAN VI RETRO (384664-130) "LIMITED EDITION for BRAND JORDAN LEGACY"

nike_aj6_120625-r1.jpg

1992年に開催された「バルセロナオリンピック」以来、「オリンピック」では無敵を誇っていた男子バスケットボールアメリカ代表である通称"DREAM TEAM(ドリームチーム)"として参加した「シドニーオリンピック」。そんな3連覇を掛けた大会で当時、「MILWAUKEE BUCKS(ミルウォーキーバックス)」に所属し、現在では「NBA」屈指の3ポイントシューターとして通算成功数歴代1位の記録を持つ「RAY ALLEN(レイアレン)」が着用した事で話題となった通称"シドニー"が12年の時を経て待望の復刻。

nike_aj6_120625-r2.jpg

nike_aj6_120625-r3.jpg

カラーリングには「ドリームチーム」のチームカラーで"星条旗"を彷彿とさせる「ホワイト/ネイビー/レッド」のトリコロールカラーを採用。現在でも当時を懐かしむスニーカーファンから昨今の「AIR JORDAN」シリーズに慣れ親しんでいるスニーカーヘッズまで幅広くフィットするモデルにとなっています。

nike_aj6_120625-r4.jpg

nike_aj6_120625-r5.jpg

誕生から記念すべき四半世紀(25年)を越えて常に歩みを止めず常に新たな進化を魅せる「BRAND JORDAN」。

その歴史の重みを継承しながらSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
CONVERSE JACK PURCELL UJ II MID
1932年から14年連続でバドミントンの"ワールドチャンピオンシップ"を獲得した「カナダ」出身のバドミントン兼テニスプレイヤー「JACK PURCELL(ジャックパーセル)」が開発に参加し、同氏の名を冠し1935年にシグネチャーモデルとしてリリースされた名品「JACK PURCELL」。

当時、最高水準の「快適性」「耐久性」「パフォーマンス性」を誇り、テニス・バドミントン等のコート競技用としてプロの間で人気を博したこの名品は現在もなお、"青ヒゲ" "スマイル"等の特徴的な愛称と発売当時とほぼ変わらないデザインでファンを魅了する「CONVERSE(コンバース)」が世界に誇る逸品です。

2012年FALL/WINTERコレクションより「JACK PURCELL UJ II MID(ジャックパーセルユニオンジャック2ミッド)」がリリース。

cons_uj_120613-r4.jpg

CONVERSE / JACK PURCELL UJ II MID (32261535)

「アッパー」には定番である「ネイビーキャンパス」をベースにしながらも「後足部」に、「イギリス」の国旗である"ユニオンジャック"を「ラバープリント加工」にて表現。2012年7月27日から開催される「ロンドンオリンピック」からインスパイアされたモデルとなっており、足元に抜群のインパクトを与えてくれます。

また、発汗を素早く蒸発させる機能素材「COOL MAX(クールマックス)」を採用した取り外し可能の「カップインソール(中敷き)」や「ウエーブスリットソール」を施したリニューアルスペックとなっており、見えない所に実用的な「機能性」を追加する事で更なる品質の向上を図りながらリーズナブルなプライスも魅力のひとつ。

mi120613-02-r1.jpg

mi120613-02-r6.jpg

mi120613-02-r2.jpg

mi120613-02-r4.jpg

リリースから半世紀以上経った現在でも第一線を走り続ける名機にコンテンポラリーな価値観をクロスオーバーさせ、Simile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念を埋め込んだ「JACK PURCELL」の新たな魅力を是非、体感して見ては如何でしょうか。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
CONVERSE ALL STAR UJ II HI
ブランド生誕"100周年"を経過した「CONVERSE(コンバース)」。

その「CONVERSE」が、1917年にプロ専用のバスケットシューズとして開発した「ALL STAR(オールスター)」は、数多くあるクラシックシューズの中でもまさに永久定番の呼び名に相応しいスニーカーであり、長きに渡って履かれ続けている永遠のロングセラーモデルです。

2005年に発売され人気を博したモデル「ALL STAR UJ HI (オールスターユニオンジャックハイ)」のリメイク復刻版「ALL STAR UJ II HI(オールスターユニオンジャック2ハイ)」が2012年FALL/WINTERコレクションよりリリース決定。

cons_uj_120613-r3.jpg

CONVERSE / ALL STAR UJ II HI (32661675)

「アッパー」には定番である「ネイビーキャンパス」をベースにしながらも「後足部」に、「イギリス」の国旗である"ユニオンジャック"を「ラバープリント加工」にて表現。2012年7月27日から開催される「ロンドンオリンピック」からインスパイアされたモデルとなっており、足元に抜群のインパクトを与えてくれます。

mi120613-01-r1.jpg

mi120613-01-r5.jpg

mi120613-01-r6.jpg

mi120613-01-r4.jpg

「CONVERSE」のブランドフィロソフィが詰め込まれた普遍的なアイテムにコンテンポラリーな価値観をクロスオーバーさせ、Simile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念を埋め込んだ「ALL STAR」の新たな魅力を是非、体感して見ては如何でしょうか。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
adidas ZX500 OG "SHANIQWA JARVIS" "YOUR STORY" "LIMITED EDITION for CONSORTIUM" "世界キーアカウント限定モデル"
2005年にスタートし世界のキーアカウントを中心に様々なプロダクトをゲリラ的に展開する世界連動プロジェクト「CONSORTIUM(コンソーシアム)」。世界中に拡がるスニーカーショップを結びつけスニーカーを中心に相互関係を構築する事を目的に掲げ"CONSORTIUM(共同体)"という名称と"SHAKE HANDS(握手)"のアイコンを採用し「adidas Originals(アディダスオリジナルス)」の最上級プロダクトとして展開されてきました。

充電期間を経て2011年には新たなプロダクトを携えリ・スタートを切り、再始動の意味を込め時計の針を"0(ゼロ)"に戻すというテーマに基づき「adidas(アディダス)」が誇るクラシックモデルを再構築。ラテン語で"白紙状態""無地の石版"を意味する"TABULA RASA(タブララサ)"をコンセプトにリリースされたアイテムは高い評価を得ました。そんな手を加えていない"0"の状態を表現した"TABULA RASA"に続き展開されるのは「adidas」がパートナーシップを結ぶクリエイターが"TABULA RASA"で魅せた真っ白なキャンバスにそれぞれのアイデンティティを落とし込む"YOUR STORY(ユアストーリー)"。

今コレクションは2012年7月に開催される世界的なスポーツの祭典「ロンドンオリンピック」にフォーカスし、各パートナーが過去の"OLYMPIC(オリンピック)"から導き出した自由なイマジネーションをプロダクトに反映させ展開します。そんな2012年5月にリリースされ好評を博した"YOUR STORY"の第2弾がゲリラリリース開始。

g61748-r1.jpg

「イギリス」の首都で世界有数の経済都市として発展を遂げると同時に世界遺産に認定される歴史的建築物を数多く所有し、現代アートを振興する文化都市としても認知されている「ロンドン」は1908年、1948年にも「オリンピック」が開催されており、2012年7月に開催される「ロンドンオリンピック」を加えると史上初めて3度開催した都市となります。

そんな近代都市を拠点に幅広く活動する写真家「SHANIQWA JARVIS(シャニクワジャービス)」氏がベースモデルに採用したのは「adidas」が誇る80年代のミッドテクランニングシューズを語る上で決して外す事の出来ない「ZX」シリーズの歴史をスタートさせた「ZX 500」。

adidas / ZX500 OG (G61748) "SHANIQWA JARVIS" "YOUR STORY" "LIMITED EDITION for CONSORTIUM" "世界キーアカウント限定モデル"

1984年に長距離を走行するトレイルランナー向けに「adidas」の「JACQUES CHASSAING(ジャックスチャサイング)」氏や「MARKUS THALER(マーカスターラー)」氏を中心としたクリエーター達によって「ZX 500」が開発されたのが「ZX」シリーズの始まりとされています。

シリーズを重ねる毎に様々な革新的テクノロジーを注ぎ込み発展。また適度なボリューム感に程よい「機能性」、斬新なカラーリングは「ヨーロッパ」を中心に海外だけでなく、「日本」でも徐々に人気を獲得し、シリアスランナーからスニーカーヘッズまで幅広く愛される「adidas」のブランドフィロソフィを継承した名シリーズへと成長を遂げました。

また、2008年には「CONSORTIUM」の企画として"A~Z"までの26文字に頭文字が該当する世界のキーアカウントショップをピックアップし、それぞれのアイデアで「ZX」シリーズを再提案する世界プロジェクト「aZX」を発表し、世界各国で「ZX」シリーズへ再度注目が集まりました。

「アッパー」マテリアルには上質な「ピッグスキンスウェード」を採用する事でクラシックランニングシューズらしいオーセンティックな雰囲気を演出。

g61748-r2.jpg

カラーリングには子供の頃に力を入れていた"水泳"からインスパイアされ"プール"を連想させる「ブルー」を「アッパー」全体に採用し、「ヒール(踵)」に配色された「ブラウン」は"プールのタイル"からインスピレーションを受けています。更に「シュータン」の「ネオプレーン」にも「ブルー」を配色する事により絶妙なコントラストを生み出しています。

g61748-r3.jpg

g61748-r4.jpg

また、「CONSORTIUM」のプロダクトである事を証明する「シュータンタブ」には「SHANIQWA JARVIS」氏の「サイン」が施される等、通常のシリーズとは一線を画した拘りとコンセプトが細かな部分までしっかりと反映されています。

g61748-r5.jpg

g61748-r6.jpg

スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり、「adidas」が誇る普遍的な価値と本来の魅力を凝縮し新たなスタートを切った「CONSORTIUM」は、まさにそんな言葉を具現化したプロジェクト。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
Reebok INSTA PUMP FURY "攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX" "LIMITED EDITION"
1989年にリリースされた「THE PUMP(ザポンプ)」は「エアチェンバーシステム」を使用し、足を空気で包み込む事で個人の足の形に合わせた「フィット性」及び「サポート性」をセルフカスタマイズ化させる画期的な"アッパーフィッティングテクノロジー"の代名詞とも言える「THE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」を初めて搭載したモデルとして話題を集め、初めて披露された「ドイツ/ミュンヘン」で開催された「ISPO(INTERNATIONAL SOCIETY FOR PROSTHETICS AND ORTHOTICS)」では、その優れた「機能性」がシューズ業界のみならず「TIME(タイム)」「USA TODAY(ユーエスエートゥデイ)」などの各メディアにも紹介され大きな反響呼びました。

その後、カテゴリーを徐々に拡大しながら進化を続け、「NIKE/HUARACHE FIT SISTEM(ナイキハラチフィットシステム)(当時の名称=ダイナミックフィット)」、「Puma/DISC SYSTEM(プーマディスクシステム)」等と共にハイテクスニーカーの礎を築き、1994年にリリースされた「INSTA PUMP FURY(インスタポンプフューリー)」の躍進により「Reebok(リーボック)」の代名詞へと成長。

1994年のプロトタイプ「INSTA PUMP FURY(前期型)」発売以降、1年間の沈黙を破り1996年にアップデート施した現行モデルにて再リリースされた「INSTA PUMP FURY(後期型)」は、「CHANEL(シャネル)」や「KEENAN DUFFTY(キーナンダフティー)」そして「KENZO MINAMI(ケンゾーミナミ)」など、様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、多くのファンを魅了。90年代のスニーカーブーム時には「AIR MAX 95(エアマックス95)」や「DISC BLAZE(ディスクブレイズ)」等と共に社会現象を起こし、世界のマーケットを巻き込みながらスニーカー史上屈指の争奪戦が繰り広げられました。また2008年以降も「INSTA PUMP FURY」をベースに「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのオフィシャルコラボレーションモデルを始め、様々なブランドとの別注モデルや有力ショップを中心とした限定ラインがリリース。

2011年には"ライトウェイト"をテーマにリヴィジョンを施した次世代機として大きな話題を呼んだ「PUMP FURY SUPER LITE(ポンプフューリースーパーライト)」、2012年には最新テクノロジーである「3D ULTRALITE SOLE(3Dウルトラライトソール)」を搭載し、更なるアップデートを加えたNewモデル「PUMP FURY HLS(ポンプフューリーHLS)」がリリースされる等、バリエーションは拡大しています。

そんな進化を続ける「INSTA PUMP FURY」をベースに「士郎正宗(シロウマサムネ)」氏の原作コミックや、1995年に劇場公開された「押井守(オシイマモル)」氏が監督を務めた映画「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL(コウカクキドウタイゴーストインザシェル)」から派生したアナザーストーリーとして2002年にスタートした「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(コウカクキドウタイスタンドアローンコンプレックス)」とのオフィシャルコラボレーションモデルがゲリラリリース決定。

rbk_pumpfury_tachikoma-r7.jpg

Reebok / INSTA PUMP FURY (J86905) "攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX" "LIMITED EDITION"

今作品は「日本」が世界に誇る"SFアニメ"の分野で2003年に"東京国際アニメフェア2003 公募・アニメ作品部門優秀作品賞"を受賞し、国内のみならず海外でも高い評価を得た名作です。また続編の「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX SOLID STATE SOCIETY(コウカクキドウタイスタンドアローンコンプレックスソリッドステートソサイエティ)」は2011年に"3D立体視アニメーション"で放映される等、シリーズを通して現在でも多くのファンから支持を集めています。

rbk_pumpfury_tachikoma-r2.jpg

そんな「攻殻機動隊」に登場する戦車「タチコマ」のカラーリングや外装を忠実に再現し具現化された今作は「タチコマ」のデザインソースである"蠅捕蜘蛛(ハエトリグモ)"の"八つ目"を「エアチェンバー」の「サイド」部にアクセントとして採用し、"コックピット"をイメージした「オリジナルグラフィック」を「インソール(中敷き)」に「プリント加工」で施す事によってコンセプトでもある"搭乗するシューズ"を体現。

rbk_pumpfury_tachikoma-r3.jpg

rbk_pumpfury_tachikoma-r8.jpg

「ヒール(踵)」には「タチコマ」が所属する「公安警察組織"公安9課"(通称/攻殻機動隊)」の「シンボルマーク」を配し、オフィシャルコラボレーションである事を証明しています。

rbk_pumpfury_tachikoma-r4.jpg

rbk_pumpfury_tachikoma-r5.jpg

これまでに世界中のブランドやショップとのコラボレーションを実現し、スニーカーシーンに新たな流れを生み出して来た「Reebok」が、玩具・フィギュアの企画開発および製造・販売を行なっている「株式会社メガハウス」との様々な共通項を見出した事で実現した日本企画ならではのコラボレーションプロジェクト。

「Reebok」の歴史の重みを継承し反映した名機に「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」のファクターをクロスオーバーさせながら、コラボレーション本来の意味と意義を再提案した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106