NIKE DUNK HIGH "LIMITED EDITION for ICONS"
革新的なテクノロジーやアイディアを数多く生み出すイノベーションカンパニー「NIKE(ナイキ)」。そんな「NIKE」より生誕"40周年"を迎える2012年、ブランドフィロソフィを継承した名作が復刻されアニバーサリーイヤーを華々しく彩ります。

往年の名作が犇めき合う激戦の80年代にノンエアバッシュの量産機種として1985年に「NCAA(全米大学体育協会)バスケットボールリーグ」に向けたカレッジカラープログラムの一環としてリリースされ、カレッジバスケットカテゴリーにおいて見事なまでの存在感を放った「DUNK(ダンク)」。

これまでにも多くのカテゴリーにおいて時代と共に様々なムーブメントを引き起こしながらスニーカーシーンを牽引して来た名作が"25周年"という節目を迎え、当時のキャッチコピーである"BE TRUE TO YOUR SCHOOL"の精神をストリートに反映させた"BE TRUE TO YOUR STREET"をテーマに掲げる事で更なる進化を遂げました。

オリジナル当時、日本未発売だった「DUNK」は90年代のビンテージスニーカーブーム時には高値で取引され、99年に満を持して待望の復刻を果たし、その後「CITY ATTACK(シティアタック)」としてのリリースや2002年に「NIKE SB(ナイキスケートボード)」カテゴリーのフラッグシップモデルとして抜擢。更には「HYBRID CONCEPT(ハイブリッドコンセプト)」のデザインソースに選出される事で更なる高みへと飛躍し、その後の2008年には「VINTAGE(ヴィンテージ)」シリーズのリリースなど怒涛の盛り上がりを魅せながらフルアップデートが施されリ・スタートを切りました。

また2011年には最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーフューズ)」を落とし込んだ「HYPERFUSE COLLECTION(ハイパーフューズコレクション)」や「VAC TECH(バキュームテクノロジー)」を採用したNewモデルがリリースされる等、常に歩みを止める事無く「NIKE」のフィロソフィが反映されたモデルとして確固たる地位を築いています。そんなステップアップを重ね進化する名作「DUNK HIGH(ダンクハイ)」からシーズナルカラーがリリース決定。

今作は2012年7月に開催される世界的なスポーツの祭典「ロンドンオリンピック」にフォーカスし、「オリンピック」と深い関係にある"都市"から導き出した自由なイマジネーションをプロダクトに反映させています。

317982-127-3.jpeg

NIKE / DUNK HIGH (317982-127) "LIMITED EDITION for ICONS"

「イギリス」の首都で世界有数の経済都市として発展を遂げると同時に世界遺産に認定される歴史的建築物を数多く所有し、現代アートを振興する文化都市としても認知されている「ロンドン」。また「サッカー」発祥の国としても知られ、「ロンドン」市内だけでも多数のチームが本境地を置くサッカー大国。そして1908年、1948年にも「オリンピック」が開催されており、2012年7月に開催される「ロンドンオリンピック」を加えると史上初めて3度開催した都市となります。

そんな「ロンドン」からインスパイアされた今作は「シンセティックレザー」をベースに採用しながら「補強パーツ」「スウッシュ」には「シュリンク加工」が施された「レザー」を使用。更に「ヒール(踵)」には「バリスティックナイロン」を用いる巧みなマテリアル使いで絶妙なコントラストを生み出しています。

317982-127-1.jpeg

317982-127.jpeg

また「ホワイト」「ブラック」をベースにしたクラシックなカラーコンビネーションながら「スウッシュ」「シュータン」に配した「ライムグリーン」、「ヒール(踵)」「シューレース」に使用した「ショッキングピンク」、そして「シュータンラベル」に採用された「ロンドン」を表す「オリジナルフォント(文字)」がアクセントとしてプラスされています。

317982-127-2.jpeg

"25周年"という通過点を越えて、幾度ものディテールチェンジを繰り返す度に信者を増やし続ける名作として他の追随を許さない「DUNK」。

その歴史の重みを継承した名機にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE DUNK HIGH "LIMITED EDITION for ICONS"
革新的なテクノロジーやアイディアを数多く生み出すイノベーションカンパニー「NIKE(ナイキ)」。そんな「NIKE」より生誕"40周年"を迎える2012年、ブランドフィロソフィを継承した名作が復刻されアニバーサリーイヤーを華々しく彩ります。

往年の名作が犇めき合う激戦の80年代にノンエアバッシュの量産機種として1985年に「NCAA(全米大学体育協会)バスケットボールリーグ」に向けたカレッジカラープログラムの一環としてリリースされ、カレッジバスケットカテゴリーにおいて見事なまでの存在感を放った「DUNK(ダンク)」。

これまでにも多くのカテゴリーにおいて時代と共に様々なムーブメントを引き起こしながらスニーカーシーンを牽引して来た名作が"25周年"という節目を迎え、当時のキャッチコピーである"BE TRUE TO YOUR SCHOOL"の精神をストリートに反映させた"BE TRUE TO YOUR STREET"をテーマに掲げる事で更なる進化を遂げました。

オリジナル当時、日本未発売だった「DUNK」は90年代のビンテージスニーカーブーム時には高値で取引され、99年に満を持して待望の復刻を果たし、その後「CITY ATTACK(シティアタック)」としてのリリースや2002年に「NIKE SB(ナイキスケートボード)」カテゴリーのフラッグシップモデルとして抜擢。更には「HYBRID CONCEPT(ハイブリッドコンセプト)」のデザインソースに選出される事で更なる高みへと飛躍し、その後の2008年には「VINTAGE(ヴィンテージ)」シリーズのリリースなど怒涛の盛り上がりを魅せながらフルアップデートが施されリ・スタートを切りました。

また2011年には最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーフューズ)」を落とし込んだ「HYPERFUSE COLLECTION(ハイパーフューズコレクション)」や「VAC TECH(バキュームテクノロジー)」を採用したNewモデルがリリースされる等、常に歩みを止める事無く「NIKE」のフィロソフィが反映されたモデルとして確固たる地位を築いています。そんなステップアップを重ね進化する名作「DUNK HIGH(ダンクハイ)」からシーズナルカラーがリリース決定。

今作は2012年7月に開催される世界的なスポーツの祭典「ロンドンオリンピック」にフォーカスし、「オリンピック」と深い関係にある"都市"から導き出した自由なイマジネーションをプロダクトに反映させています。

nike_dunk_gry_120608-r1.jpg

NIKE / DUNK HIGH (317982-047) "LIMITED EDITION for ICONS"

「アメリカ」の首都であり、野球・サッカー・アイスホッケー・バスケットボール・アメリカンフットボールという5大メジャースポーツリーグに所属するプロスポーツチームの本境地となっている「ワシントン D.C.」。首都としての歴史的背景だけでは無く、近年では様々なスポーツの国際大会が開催されるスポーツ都市としても重要な役割を担っています。

そんな「ワシントン D.C.」からインスパイアされた今作は「シンセティックレザー」をベースに採用しながら「補強パーツ」「スウッシュ」には「シュリンク加工」が施された「レザー」を使用。更に「ヒール(踵)」には「バリスティックナイロン」を用いる巧みなマテリアル使いで絶妙なコントラストを生み出しています。

nike_dunk_gry_120608-r2.jpg

nike_dunk_gry_120608-r3.jpg

また「グレー」「ブラック」のシンプルなコンビネーションながら「シュータン」に配した「サックスブルー」と「シュータンラベル」に採用された「ワシントン D.C.」を表す「オリジナルフォント(文字)」がアクセントとしてプラスされています。

nike_dunk_gry_120608-r4.jpg

"25周年"という通過点を越えて、幾度ものディテールチェンジを繰り返す度に信者を増やし続ける名作として他の追随を許さない「DUNK」。

その歴史の重みを継承した名機にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE AIR MAX 95+ BB "LIMITED EDITION for EX"
革新的なテクノロジーやアイディアを数多く生み出すイノベーションカンパニー「NIKE(ナイキ)」。そんな「NIKE」より生誕"40周年"を迎える2012年、ブランドフィロソフィを継承した名作ランニングシューズやNewモデルがリリースされアニバーサリーイヤーを華々しく彩ります。
1978年、「NIKE」が誇るクッショニングシステム「AIR(エア)」を初めて搭載したシューズとして誕生した「TAILWIND(テイルウィンド)」からスタートした「AIR」の系譜。そのテクノロジーは様々なスポーツカテゴリーでも活用され、「AIR FORCE I(エアフォース1)」を始め、数々の名作を世に送り出しました。

1987年にシューズデザイナー「TINKER HATFIELD(ティンカーハットフィールド)」の手により「AIR」を内蔵するシューズデザインを探求し、「パリ」にある建築物「CENTRE POMPIDOU(ポンピドゥーセンター)」からインスパイアを受け、「AIR」のビジブル化に成功した初代「AIR MAX I(エアマックス1)」。

その後も「AIR MAX(エアマックス)」シリーズはスニーカーバブルを生みだした「AIR MAX 95(エアマックス95)」、「ミッドソール」を「360°AIR」で包み込んだ「AIR MAX 360(エアマックス360)」、そして毎年イノベーティブなNewモデルがリリースされる等、「NIKE」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

また「NIKE」を語る上で欠かす事の出来ないプロダクトである「AIR MAX」に再びフォーカスした「WHAT THE MAX PACK(ホワットザマックスパック)」として最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーフューズ)」や「NO-SEW(ノーソー)」テクノロジーを「NIKE」のフィロソフィを継承する名作達に融合させたコレクションを始め、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との共同企画で誕生した「NIKE AIR MAX 95+ BB NEO ESCAPE 2.0(ナイキエアマックス95プラスBBネオエスケープ2.0)」のリリース等、ブランド生誕"40周年"を彩るスペシャルプロジェクトがリリースされ話題を集めました。

そんな「AIR」の歴史に新たな1ページを刻むNewモデル「AIR MAX 95+ BB(エアマックス95プラスBB)」にシーズナルカラーがリリース。

nike_max95bb_org_120608-r6.jpg

1995年に社会現象を巻き起こし、世界のマーケットを巻き込みながらスニーカー史上屈指の争奪戦が繰り拡げられ、「NIKE」が世界のリーディングカンパニーという位置を確固たるものにした名品「AIR MAX 95」。スニーカーシーンの常識を超えた市場価格やフェイク商品、"エアマックス狩り"など、スニーカーバブルを象徴する1足です。

「前足部」には歴代シリーズで始めて「ビジブルフォアフットエア」を配置し、「後足部」には「マルチチャンバーエア」を採用。フルレングスでの「ビジブルエア」化を成功させ抜群の「安定性」と「クッショニング性」を確立しました。

デザインを担当した「SERGIO LOZANO(セルジオロザーノ)」氏は、"人体"をデザインモチーフとし、「アウトソール」の「クリアパーツ」で"背骨"、当時革新的だった「グラデーション」部分では"筋肉"を表現。また、ランニングシューズらしからぬ「ネオンイエロー/グレーグラデーション(通称イエローグラデ)」の斬新なカラーリングと「ブラック」の「ミッドソール」を採用する等、スニーカー業界で囁かれていた"タブー"や"ジンクス"を見事に打ち破り、現在でもその先鋭的なデザインはコンテンポラリーな魅力を放ち続けています。

これまでにショップやブランドとのコラボレーション・別注等、数えきれない程のバリエーションがリリースされ、正に現在のスニーカーカルチャーを体現する1足と言っても過言ではありません。

nike_max95bb_org_120608-r1.jpg

NIKE / AIR MAX 95+ BB (511307-069) "LIMITED EDITION for EX"

更に「ゲージ」を取り払い新設計となった「360°AIRソールユニット」を採用する事で「クッショニング性」を向上させるだけではなく、ヴィジュアル面でも「360°AIR」をより感じ取れるデザインに仕上がっています。

また、走行データ等の情報が「iPhone(アイフォン)」「iPod(アイポッド)」と連動して表示出来る「Nike+ナイキプラス)」に対応し、パフォーマンスに優れた現代的なシティーランニングモデルとしても昇華されています。

nike_max95bb_org_120608-r2.jpg

nike_max95bb_org_120608-r3.jpg

カラーリングはシンプルな「ホワイト」「ブラック」をベースに採用。「HYPERFUSE」の特性を活かしグラデーションを表現した「サイドパネル」や「アウトソール」「シューレース」には「オレンジ」をアクセントカラーとしてプラスする事によりデザイン面でもコンテンポラリーな魅力を凝縮しています。

nike_max95bb_org_120608-r4.jpg

nike_max95bb_org_120608-r5.jpg

イノベーションカンパニーとしての「NIKE」のフィロソフィを受け継ぎ、スニーカーカルチャーだけではなくストリートシーンに置いても多大な影響を及ぼし、様々なターニングポイントとなった「AIR MAX 95」。

その歴史の重みを継承した名機に最新技術を融合しSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE AIR JORDAN RETRO V.1 "LIMITED EDITION for BRAND JORDAN LEGACY"
ある人は"彼はマイケルジョーダンの姿をした神"だと表現し、並外れた身体能力が生み出す彼の滞空時間の長さから"AIR(エア)"の異名を持つなど、世界最高峰のアメリカプロバスケットボールリーグ「NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)」史上最も愛され、生ける伝説「MICHAEL JORDAN(マイケルジョーダン)」。

2010年には四半世紀となる"25周年"を迎え、シグネチャーモデルとしてだけではなく「BRAND JORDAN(ブランドジョーダン)」としてのターニングポイントを迎ました。

そんな益々盛り上がりを魅せる「BRAND JORDAN」から、ライフスタイルモデルとして新たにデザインされたNewモデル「AIR JORDAN RETRO V.1(エアジョーダンレトロV.1)」にシーズナルカラーがリリース。

nike_ajretro_v1_120608-r1.jpg

1985年に記念すべきファーストモデルとしてリリースされた「AIR JORDAN I(エアジョーダン1)」。当時あまりに派手だったファーストカラーが、"シューズの80%以上がホワイトである"という「NBA」規定"ユニフォームの統一性にに関する規約"に違反するという理由から議論を巻き起こし、罰金を払いながら着用を続け「NIKE(ナイキ)」と「MICHAEL JORDAN」はコマーシャルで、"君たちは幸せだ。この靴を取り上げられる事が無いからだ。"と言ったキャッチフレーズでバスケットシューズに対する規定を皮肉り宣伝に置き換え世の中に訴え掛け、規定改正への礎を築きました。

またスケートシューズがまだ浸透していない80年代に「AIR JORDAN I」を始め「BLAZER(ブレーザー)」や「DUNK(ダンク)」など、バスケットシューズをスケーターが愛用していたというバックボーンを持つ代表格として現在でも語り継がれています。

そんな名機をベースにリヴィジョンが施された「AIR JORDAN RETRO V.1」は「オートクレーブ成型」され「耐久性」に優れた「ヴァルカナイズドソール(テープ巻き)」を採用。

NIKE / AIR JORDAN RETRO V.1 (481177-101) "LIMITED EDITION for BRAND JORDAN LEGACY"

nike_ajretro_v1_red_120608-r1.jpg

「アッパー」に「MICHAEL JORDAN」のヒストリーを語る上で欠かす事の出来ない「ホワイト/レッド/ブラック」の通称「BULLS(ブルズ)」カラーを採用。カラーリングとマテリアル使いがミニマルなデザインをより一層引き立て、クラシカルな魅力を演出。

nike_ajretro_v1_red_120608-r2.jpg

nike_ajretro_v1_red_120608-r3.jpg

NIKE / AIR JORDAN RETRO V.1 (481177-106) "LIMITED EDITION for BRAND JORDAN LEGACY"

nike_ajretro_v1_blu_120608-r1.jpg

数々の名カラーを世に送り出して来た、歴代「AIR JORDAN」シリーズの中でも高い人気を誇る「ホワイト/ブルー」を採用。カラーリングとマテリアル使いがミニマルなデザインをより一層引き立て、クラシカルな魅力を演出しています。

nike_ajretro_v1_blu_120608-r4.jpg

nike_ajretro_v1_blu_120608-r5.jpg

また「スウッシュ」には「AIR JORDAN(エアジョーダン)」シリーズの定番マテリアルと言っても過言ではない「エレファント柄(象)」を巧みに組み合わせる事でシンプルな中にも確かな存在感を放ち、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今のシリーズに慣れ親しんでいるスニーカーヘッズまで幅広くフィットするモデルに昇華されています。

誕生から記念すべき四半世紀を越えて常に歩みを止めず常に新たな進化を魅せる「BRAND JORDAN」。その歴史の重みを継承しながらSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
adidas MATCHPLAY "JIM THOMPSON" "YOUR STORY" "LIMITED EDITION for CONSORTIUM" "世界キーアカウント限定モデル"
2005年にスタートし世界のキーアカウントを中心に様々なプロダクトをゲリラ的に展開する世界連動プロジェクト「CONSORTIUM(コンソーシアム)」。世界中に拡がるスニーカーショップを結びつけスニーカーを中心に相互関係を構築する事を目的に掲げ"CONSORTIUM(共同体)"という名称と"SHAKE HANDS(握手)"のアイコンを採用し「adidas Originals(アディダスオリジナルス)」の最上級プロダクトとして展開されてきました。

充電期間を経て2011年には新たなプロダクトを携えリ・スタートを切り、再始動の意味を込め時計の針を"0(ゼロ)"に戻すというテーマに基づき「adidas(アディダス)」が誇るクラシックモデルを再構築。ラテン語で"白紙状態""無地の石版"を意味する"TABULA RASA(タブララサ)"をコンセプトにリリースされたアイテムは高い評価を得ました。そんな手を加えていない"0"の状態を表現した"TABULA RASA"に続き展開されるのは「adidas」がパートナーシップを結ぶクリエイターが"TABULA RASA"で魅せた真っ白なキャンバスにそれぞれのアイデンティティを落とし込む"YOUR STORY(ユアストーリー)"。

今コレクションは2012年7月に開催される世界的なスポーツの祭典「ロンドンオリンピック」にフォーカスし、各パートナーが過去の"OLYMPIC(オリンピック)"から導き出した自由なイマジネーションをプロダクトに反映させ展開します。

G63676.jpeg

2008年に「オーストラリア」の「シドニー」にて設立されたメンズブランド「THREE OVER ONE(スリーオーバーワン)」。ブランド名は"デニム地の横糸の数"から命名され、過去のアティュード・スタイル・クオリティ、そしてクラフトマンシップを継承しながら生み出されるプロダクトには制作から得た喜びや感動をエンドユーザーと共有したいという想いが込められています。

そんな同ブランドの設立者兼デザイナーである「JIM THOMPSON(ジムトンプソン)」氏がベースモデルに採用したのは「アメリカ」を代表する名テニスプレーヤー「ARTHUR ASHE(アーサーアッシュ)」のシグネチャーモデルとして制作された「ARTHUR ASHE」をベースに1982年にリリースされた「MATCHPLAY(マッチプレイ)」。

adidas / MATCHPLAY (G63676) "JIM THOMPSON" "YOUR STORY" "LIMITED EDITION for CONSORTIUM" "世界キーアカウント限定モデル"

テニス4大大会で輝かしい成績を残しカリスマ的存在で人気を誇った「ARTHUR ASHE」。1997年に「全米オープン」の会場に新たに設置されたセンターコートは彼の功績を称え「ARTHUR ASHE STADIUM(アーサーアッシュスタジアム)」と命名され、開場式典では往年の名プレーヤー「JOHN MCENROE(ジョンマッケンロー)」が"彼は偉大なテニス大使だった"とスピーチする等、現在も語り継がれる名選手です。

P1280582.JPG

「adidas」が誇る膨大なアーカイブから1930年代に誕生した"陸上競技用スパイク"からインスパイアされた今作は「アッパー」マテリアルに「ワックス加工」を施す事で独特な風合いを醸し出し高級感が漂う「スムースレザー」と上質な「ピッグスキンスウェード」を採用。

カラーリングはミニマルなモノトーンで仕上げる事で凛とした魅力を放っています。「シュータン」の「裏あて」や「ライニング(履き口)」を取り除く事で洗練されたシャープなシルエットを具現化し、クラシカルなフォルムにコンテンポラリーなエッセンスをプラス。

P1280585.JPG

更に現代だからこそ可能になった最先端の「ヴィンテージ加工」を施し"経年変化"を表現した「アウトソール」の汚れ等、"過去"からインスピレーションを受け展開する自身のコレクションと同様に今モデルにもブランドフィロソフィを詰め込んでいます。

P1280591.JPG

また「CONSORTIUM」のプロダクトである事を証明する「シュータンタブ」を採用し、通常のシリーズとは一線を画した拘りとコンセプトが細かな部分までしっかりと反映されています。

P1280587.JPG

P1280593.JPG

スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり、「adidas」が誇る普遍的な価値と本来の魅力を凝縮し新たなスタートを切った「CONSORTIUM」は、まさにそんな言葉を具現化したプロジェクト。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106