Reebok INSTA PUMP FURY OG "WHIZ LIMITED x mita sneakers"
1989年にリリースされた「THE PUMP(ザポンプ)」は「AIR CHAMBER SYSTEM(エアチェンバーシステム)」を使用し、足を空気で包み込む事で個人の足の形に合わせた「フィット性」及び「サポート性」をセルフカスタマイズ化させる画期的な"アッパーフィッティングテクノロジー"の代名詞とも言える「THE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」を初めて搭載したモデルとして話題を集め、初めて披露された「ドイツ/ミュンヘン」で開催された「ISPO(INTERNATIONAL SOCIETY FOR PROSTHETICS AND ORTHOTICS)」では、その優れた「機能性」がシューズ業界のみならず「TIME(タイム)」や「USA TODAY(ユーエスエートゥデイ)」などの各メディアにも紹介され大きな反響呼びました。

その後、同テクノロジーを採用したカテゴリーを徐々に拡大しながら進化を続け、1994年にリリースされた「INSTA PUMP FURY(インスタポンプフューリー)」の躍進により「Reebok(リーボック)」の代名詞へと成長。1994年のプロトタイプ「INSTA PUMP FURY(前期型)」発売以降、約1年間の沈黙を破り1995年にアップデートを施して再リリースされた「INSTA PUMP FURY(後期型)」は様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、多くのファンを魅了。90年代のスニーカーブーム時には"ハイテクスニーカーブーム"と呼ばれた社会現象を引き起こし、世界のマーケットを巻き込みながらスニーカー史上屈指の争奪戦が繰り広げられました。

また、2008年以降も「INSTA PUMP FURY」をベースに「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのオフィシャルコラボレーションモデルを始め、様々なブランドとの別注モデルや有力ショップを中心とした限定ラインがリリースされる等、バリエーションの拡大と共に注目度は更に増しています。

そして、2014年には生誕"20th ANNIVERSARY(20周年)"を迎えた名作からオリジナルカラーである通称"CITRON(シトロン)"が1994年のプロトタイプ「INSTA PUMP FURY(前期型)」を可能な限り忠実に再現し「INSTA PUMP FURY OG(インスタポンプフューリーオリジナル)」として遂に完全復刻。更には「Reebok」が独自の視点で厳選した「CERTIFIED NETWORK(サーティファイドネットワーク)」から「mita sneakers」を始め、世界中のキーアカウントショップとのコラボレーションモデルがリリースされ即完売となる等、大きな話題を集めました。

そんな2015年に更なる飛躍が期待される名作をベースにした新たなコラボレーションモデルがゲリラリリース決定。

P1090850.JPG

Reebok / INSTA PUMP FURY OG (M48570) "WHIZ LIMITED x mita sneakers"

ベーシックなスタイルが主流だったストリートシーンにおいてデザインコンシャスなアパレルを提案すべく"INDIVIDUAL CLOTHING"をデザインコンセプトにモードやストリートの枠組みを超えた"TOKYO STREET"と言う世界観を構築し、デザイナー「下野 宏明(シタノヒロアキ)」氏が捉える"東京らしさ"ある種ドライなMIXカルチャー"を反映した服造りを展開する「WHIZ LIMITED(ウィズ リミテッド)」。「日本」を代表するストリートブランドとして確固たる地位を確立しながらも"ランウェイショー"を新たな表現方法の1つとして組み込む等、変化ではなく進化を続ける唯一無二の存在です。

そんな「WHIZ LIMITED」と、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレーションモデル「INSTA PUMP FURY OG "WHIZ LIMITED x mita sneakers"(インスタポンプフューリーオリジナル"ウィズリミテッドxミタスニーカーズ")」が待望のローンチを迎えます。

P1090839.JPG

今作は"MIX SOCKS(ミックスソックス)"を彷彿とさせる「ソックス(靴下)」素材を編み上げて「アッパー」素材に採用し「日本」では90年代から注目を集めストリートの定番スタイルとして拡がった"SPORTS SANDAL(スポーツサンダル)"と厚手の"MIX SOCKS"を組み合わせた足元のコーディネートを「INSTA PUMP FURY OG」上で表現。

P1090841.JPG

P1090842.JPG

P1090843.JPG

「ヒール(踵)」には「WHIZ LIMITED」のシーズナルアイコンを「刺繍」にて施し「インソール(中敷き)」には、オフィシャルコラボレーションの証として「Reebok」「WHIZ LIMITED」「mita sneakers」の「ブランドロゴ」が刻印。更に通常の「インソール」に加え「吸放湿性」に優れ「防臭性」に富んだ「コルク」素材を採用した「コルクインソール」の2バージョンが付属した事で、様々なシチュエーションの変化にフィットする仕上がりになっています。

P1090851.JPG

P1090852.JPG

「THE PUMP TECHNOLOGY」など各時代に新たなテクノロジーを市場に投下して来た「Reebok」のフィロソフィを継承した不朽の名作「INSTA PUMP FURY」に、常に新しいアイテムを追求・創造し、ジャンルと言う枠を超越したオリジナルスタイルを貫く「WHIZ LIMITED」のアイデンティティと世界屈指のスニーカータウン「上野」から世界へ発信するスニーカーショップ「mita sneakers」のフィロソフィを融合した「INSTA PUMP FURY OG "WHIZ LIMITED x mita sneakers"」。

P1090844.JPG

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映させた今作から、コラボレーション本来の意味や意義を足元から感じ取って見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
営業時間(平日)11:00〜19:30 (土日・祝日)10:00〜19:30
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official instagram
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official ORIGAMI
mita sneakers Official People & Store


Permal Link | trackbacks(0)
Onitsuka Tiger X-CALIBER "Dried Rose" "mita sneakers"
「日本」が世界に誇るナショナルブランド「asics(アシックス)」。その前身ブランドである「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」の歴史は、1949年に「asics」創業者「鬼塚 喜八郎(オニツカキハチロウ)」氏が創業した「オニツカ株式会社」からスタートします。

1982年に開発・発表された名品ランニングシューズ「X-CALIBER GT(エクスカリバーGT)」をデザインベースとして踏襲しながらリヴィルドが施された「X-CALIBER(エクスカリバー)」。2013年には「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレーションモデル「X-CALIBER "Tequila Sunrise"(エクスカリバーテキーラサンライズ)」がリリースされ即完売になった事でも注目を集めました。

そんな名作をベースに、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレーションモデル最新作「X-CALIBER "Dried Rose"(エクスカリバードライローズ)」がゲリラリリース。

P1090693.JPG

Onitsuka Tiger / X-CALIBER (TH5J1K-2626) "Dried Rose" "mita sneakers"

「ミッドソール」に採用された「前足部」の「エアホール」は「屈曲性」をサポートし「後足部」の「クッシュホール」は「アウトサイド(外側)」は「クッション性」を向上させ「インサイド(内側)」は「安定性」を高める機能として搭載されています。更に、走行中に痛めやすい親指部分の怪我防止を目的とした「トゥガード」部分のデザインや「ホールド性」と「フィット性」を最大限に引き出せる様に考慮された設計された「クアドラレーシング」と呼称される「シューホールガード」部のデザイン等、徹底的に追求された実用的な「機能性」を組み込む事で機能美としての優れた「デザイン性」を実感する事が出来ます。

また"最高のスポーツカーに乗っている様にランナーが自分の能力を最大限に発揮してトップスピードで走れる事"と言う、当時の開発者が提唱した基本理念を継承しながらもタウンユースとしての使用を考慮しながら当時よりもシャープなシルエットにリノベートする等、実用的なアップデートが施されています。

P1090677.JPG

コードネーム"Dried Rose(ドライローズ)"と名付けられた今作は日進月歩が著しいパフォーマンスモデルを短命な花に準え、手を加える事により永遠に輝き続けると言う意味合いを込めて命名し「ヒール(踵)」から「トゥ(爪先)」掛けてトーンの異なる「ローズレッド」を巧みに配置する事で体現。

P1090678.JPG

P1090680.JPG

更に「ミッドソール」には、陰と陽で全く別の表情を魅せる「GLOW IN THE DARK(グローインザダーク)」仕様を採用。更に「インソール(中敷き)」には"Dried Rose"の「オリジナルグラフィック」と「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK(金網)」や"TOKYO CUSTOM MADE"を意味する「東京改」の「ロゴ」を組み合わせ作成された「オリジナルグラフィック」が「プリント」にて施され、コラボレーションモデルならではのディテールを凝縮。

P1090695.JPG

また「ロープシューレース」と「フラットシューレース」の2本が付属した事で、様々なスタイルの変化にフィットする仕上がりになっています。

P1090679.JPG

「日本」が誇るナショナルブランドとして世界中から注目を集める「Onituska Tiger」の新たなスタンダードモデルとして注目を集める「X-CALIBER」に、世界屈指のスニーカータウン「上野」から世界へ発信するスニーカーショップ「mita sneakers」のフィロソフィを融合させた「X-CALIBER "Dried Rose"」。

P1090682.JPG

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機に、新定番としての付加価値を見出した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official instagram


Permal Link | trackbacks(0)
asics GEL-LYTE V "Dried Rose" "mita sneakers"
創業者である「鬼塚 喜八郎(オニツカキハチロウ)」氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」から始まり「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」を経て「日本」が世界に誇るナショナルスポーツブランドとなった「asics(アシックス)」。

そんな「asics」が誇るアーカイブの1つである「GEL-LYTE(ゲルライト)」シリーズが、2014年FALL/WINTERシーズンより遂に「日本」でも待望のリスタートを切りました。同シリーズの中でも圧倒的な人気を誇る1993年に発表された「GEL-LYTE V(ゲルライト5)」。

そんな名作をベースに、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレーションモデル「GEL-LYTE V "Dried Rose"(ゲルライト5ドライローズ)」がゲリラリリース。

P1090693.JPG

asics / GEL-LYTE V (TH5JOK-2626) "Dried Rose" "mita sneakers"

「衝撃吸収性」に優れながら圧縮永久歪みが非常に小さく「耐久性」に優れている為、長期にわたり「安定性」を維持出来る「GEL(ゲル)」ユニットを搭載した「成型ミッドソール」を採用する事で「クッショニング性」を飛躍的に向上。また、足の甲に掛かる無駄な負荷を軽減させる事を目的とした当時の最新機能「THE SPLIT TONGUE(スプリットタン)」を更にアップデートし「シュータン」を一体成形に進化させ「伸縮性」に優れた「エラスティック」を採用した「インナーブーティー構造」を使用する事で異物の混入を防ぎながら、抜群の「フィッティング性」を提供。当時の考えられる最高のテクノロジーを組み合わせ、シリアスランナーからも高い評価を獲得した名作。

また近年では「asics」が独自の視点で厳選した世界中のキーアカウントショップからコラボレーションモデルがリリースされる等、ストリートシーンでも脚光を浴びています。

P1090685.JPG

コードネーム"Dried Rose(ドライローズ)"と名付けられた今作は日進月歩が著しいパフォーマンスモデルを短命な花に準え、手を加える事により永遠に輝き続けると言う意味合いを込めて命名し「ヒール(踵)」から「トゥ(爪先)」掛けてトーンの異なる「ローズレッド」を巧みに配置する事で体現。

P1090686.JPG

P1090688.JPG

更に「ミッドソール」には、陰と陽で全く別の表情を魅せる「GLOW IN THE DARK(グローインザダーク)」仕様を採用。更に「インソール(中敷き)」には"Dried Rose"の「オリジナルグラフィック」と「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK(金網)」や"TOKYO CUSTOM MADE"を意味する「東京改」の「ロゴ」を組み合わせ作成された「オリジナルグラフィック」が「プリント」にて施され、コラボレーションモデルならではのディテールを凝縮。

P1090694.JPG

また「ロープシューレース」と「フラットシューレース」の2本が付属した事で、様々なスタイルの変化にフィットする仕上がりになっています。

P1090687.JPG

タウンユースモデルとしてのシルエットやカラーリングを考慮する等、コンテンポラリーなアップデートを施し「asics」の新たなスタンダードモデルとして注目を集める「GEL-LYTE V」に、世界屈指のスニーカータウン「上野」から世界へ発信するスニーカーショップ「mita sneakers」のフィロソフィを融合した「GEL-LYTE V "Dried Rose"」。

P1090689.JPG

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機に、新定番としての付加価値を見出した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official instagram

Permal Link | trackbacks(0)
adidas Originals for mita sneakers CTRY OG MITA N "mita sneakers"
常にアスリートの意見に耳を傾ける事で様々なアイデアをインプットし、それを具現化する確かな技術力によって革新的なプロダクトを生み出し続ける「adidas(アディダス)」。

そんな同ブランドの代表作として幾度となく細やかなマイナーチェンジを繰り返し、世代を超えて愛され続ける名作「CTRY(カントリー)」をベースに、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで、その活躍は多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクターである「国井 栄之(クニイシゲユキ)」が提案する「CTRY OG MITA(カントリーオリジナルミタ)」が「adidas Originals for mita sneakers(アディダスオリジナルスフォーミタスニーカーズ)」プロジェクト第10弾としてリリース決定。

P1060721.JPG

adidas Originals for mita sneakers / CTRY OG MITA N (B26877) "mita sneakers"

前作に続き「CTRY」のスタンダードモデルとしての存在価値を再構築する為、1973年に「made in FRANCE(フランスメイド)」としてリリースされた「CTRY(1stモデル)」に「アンクルパッド(踝)」を導入する事でアップデートを施した「CTRY(2ndモデル)」の普遍的なディテールを可能な限り忠実に再現しながら、現代的なリヴィジョンや価値観を融合させる事により、あらゆる世代のベクトルをニュートラルに表現しています。

P1060694.JPG

上質な「スムースレザー」を採用し独創的な流線型を描くフォルム。「スリーストライプス(3本線)」や1976年頃まで採用されていた「トレフォイルロゴ」が入らない「ヒールパッチ」に採用されていた「スウェード」。「CTRY(2ndモデル)」まで採用されていた横一線の「ステッチ」をあしらった「シュータン」の形状。1978年頃に「アンクルパッド」が導入された際に施されていた「アンクル」部の「ステッチ」形状。通称"アメゴム"と呼ばれる半透明な「ガムソール」を使用した「アウトソール」等、細部に至るまで可能な限り忠実に再現する事で"ヘリテージモデル"に対する「日本」特有の拘りと価値観を表現。更にクラシックな雰囲気の漂う「コットン製シューレース」を使用し「インソール(中敷き)」の表面には足触りの良い「スウェード」を搭載する事でクラフト感に溢れる風合いと実用的な「機能性」を両立。

P1060695.JPG

P1060697.JPG

P1060699.JPG

また、通常「インソール(中敷き)」に貼付けられる「ステッカー」を、あえて「織りネーム」として縫い付け「シュータンラベル」には「東京」から発信するプロダクトであると言う証明と意味合いを込め「originals tokyo(オリジナルス東京)」の「フォント(文字)」を刻印する事で、名作の「普遍性」を継承しながらコンテンポラリーなリノベートをプラスし、再構築を施しています。

P1060722.JPG

今作のカラーリングには定番モデルとして展開していた日本市場の中でコアカラーとして圧倒的な支持を得ていたクリーン且つノーブルな印象を持つ「ホワイト/ネイビー」を採用し「CTRY(2ndモデル)」のスペックに融合させた事で、コンテンポラリーな感覚を併せ持った逸足として昇華しています。

P1060711.JPG

スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり、「adidas Originals」が誇る普遍的な価値と本来の魅力を凝縮した「CTRY OG MITA N」は、正にそんな言葉を具現化した1足。その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機に、新定番としての懐古主義ではなく温故知新としてのアプローチを示した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official instagram

Permal Link | trackbacks(0)
new balance MRT580 "The Battle of Surfaces" "mita sneakers"
1999年より構想がスタートし2000年にリリースされ、発売当時では画期的であったショップ主導コラボレーションモデルの先駆けとなった「MT580 "HECTIC x mita sneakers"(MT580"ヘクティクxミタスニーカーズ")」のベースモデルとして採用されていた「MT580」に"REVOLUTION(革命)"から命名された最新テクノロジー「REVLITE(レブライト)」を搭載する事でアップデートを加えた「MRT580」。

そんなNewモデルをベースに、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレーションモデル「MRT580 "The Battle of Surfaces"(MRT580バトルオブサーフェイス)」がリリース。

P1060747.JPG

new balance / MRT580 (MI) "The Battle of Surfaces" "mita sneakers"

パフォーマンスモデルからタウンユースモデルまで再びフォーカスされている「TENNIS(テニス)」カテゴリー。そんな注目のキーワードからインスパイアされた今作は「アッパー」に"TENNIS BALL(テニスボール)"から着想を得たマテリアルとカラーリングを採用。

P1060728.JPG

P1060731.JPG

P1060733.JPG

今作の「インソール(中敷き)」には「コンフォート性」「通気性」「防臭性」の全てに優れる「ORTHOLITE(オーソライト)」社製の「フットベッド」を採用しながら「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK(金網)」が「プリント」にて施されています。デフォルトの「インソール(中敷き)」の表面は「合成樹脂」などでコーティングされ作られる"HARD COURT(ハードコート)"から着想を得た足当たりを表現し、裏面は"芝"を敷き詰めた"GRASS COURT(グラスコート)"を凹凸の「レーザーカット加工」にて具現化して2WAY仕様に。更にオプションとして付属する「インソール」には"土質材料"を固めた地面に砂を撒いた"CLAY COURT(クレーコート)"の要素を落とし込み、其々の"コート"の材質によってボールの弾みやグリップなどの性質に差が生じる事でプレースタイルの変化を余儀なくされる"TENNIS"と言う競技の特性を異なる「インソール」で体現。

P1060752.JPG

P1060753.JPG

P1060754.JPG

また「エクストラシューレース」として「ロープシューレース」が付属し「シューレース」を変更する事で、コンテンポラリーなスタイルに変化させ様々なスタイリングにフィットする仕上がりになっています。

P1060743.JPG

「東京」のストリートシーンで誕生し「日本」のスニーカーシーンを語る上で決して欠かす事の出来ないターニングポイントとなった歴史的名作「580」が、変化ではなく進化を続ける事を選択し誕生した新たなスタンダードモデル「MRT580」に、世界屈指のスニーカータウン「上野」から世界へ発信するスニーカーショップ「mita sneakers」のフィロソフィを融合した「MRT580 "The Battle of Surfaces"」。「new balance」の歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映させた今作「MRT580」からコラボレーション本来の意味や意義、そして「new balance」のイノベーティブな姿勢を足元から感じ取って見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally
mita sneakers Official instagram

Permal Link | trackbacks(0)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106