new balance MS574 "Begins別注" "LIMITED EDITION for mita sneakers / OSHMAN'S / atmos"
1988年にリリースされ、モデル生誕20周年という節目を越えた「new balance(ニューバランス)」を代表するクラシックオフロードランニングモデル「576」。

「グリップ性」に優れた「アウトソール」を装備するなど、オフロードランニングシューズとして開発されながら、ファッションアイテムとして高い評価を得る事でタウンユースとして愛用されストリートシーンでも圧倒的な人気を博した名作です。

そんな「new balance」のブランドフィロソフィを継承する大定番モデル「576」の廉価版モデルとして開発された「574」は「アメリカ」にて記録的なセールスを生み出した実績を掲げ、満を持して「日本」に上陸しました。

これまでに「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」別注モデルを始め、様々なブランドやショップとのコラボレーションでリリースされた「日本企画」が話題を呼び、日本市場においても既存の人気モデルとは一線を画すリーズナブルなプライスと新たな価値観で不動の人気を築き上げました。

その後も「new balance」主催のカラーリングコンテストや2007年の「APAC PROJECT(アジアパシフィック企画)」である「HUNGRY DRAGON(ハングリードラゴン)」、昨今では「made in ENGLAND(メイドインイングランド)」のNewカラーのリリースや「made in U.S.A.(メイドインUSA)」の「574」をweb上でカスタマイズ出来る「Custom US574(カスタムUS574)」のサービス開始、更には今年2012年の"干支"である"辰(タツ) / DRAGON YEAR(ドラゴンイヤー)"からインスパイアされたコレクションを発表するなど、それまでのイメージを一新するプロジェクトやアイテムのローンチにより人気・実売ともに好調を維持し新定番モデルとしての地位を獲得しています。

そんな"Re-Construction(再設計)"により新たな仕様でリ・スタートを切った「574」をベースとしたコラボレーションモデルが「mita sneakers / OSHMAN'S / atmos(ミタスニーカーズ/オッシュマンズ/アトモス)」の国内では3店舗のみでゲリラリリースが決定。

MS574-BEG.jpeg

new balance / MS574 (BEG) "Begins別注" "LIMITED EDITION for mita sneakers / OSHMAN'S / atmos"

今作は近年急成長を遂げ「アジア」のキーアカウントとして高い評価を得ている「中国」の「Begins(ビギン)」がカラーを提案。

"Fishing in Summer"をテーマに「北京通り」の入り口に軒を連ねる「Begins」は"ローカルで有名なフィッシングポイント"からインスパイアされたカラーリングを大胆に落とし込み、「アッパー」全体に"夏の青い海"をイメージした鮮やかな「ブルー」、「ヒール(踵)」「シュータン」の「裏あて」には"太陽"を彷彿とさせる「オレンジ」を配色。

MS574-BEG-1.jpeg

MS574-BEG-2.jpeg

width="600" height="338" alt="MS574-BEG-3.jpeg" border="0" />

更に"夏の青い海"をイメージした「グラフィック」が「プリント」された「インソール(中敷き)」や"魚"の「シューレースストラップ」が付属する等、コンセプトが細かな部分まで反映されています。

MS574-BEG-4.jpeg

更に「アッパー」には超音波によりマテリアル間の縫い目を一切無くす圧着技術「ウルトラソニックウェルディング」を用いる事で「フィッティング性」「軽量性」を向上させています。マテリアルには、「軽量性」に富んだ「シンセティックスウェード」と「通気性」に優れた「メッシュ」を採用し、「デザイン性」だけではなく実用的な「機能性」においてもコンテンポラリーな魅力を凝縮しています。

伝統と歴史を紐解きながら「ヘリテージ性」を尊重しつつブランドフィロソフィを継承し、常に新しい試みでブレる事のない進化を続ける「574」。

その歴史を継承しながら「Begins」のフィロソフィを落とし込み、Simile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE AIR FORCE I DECONSTRUCT PREMIUM "LIMITED EDITION for EX"
1982年にリリースされ、現在も色褪せる事なくスニーカーシーンを牽引し続ける不朽の名作「AIR FORCE I(エアフォース1)」が2012年に記念すべき30周年を迎えました。

バスケットボールシーンでの活躍は勿論、様々なストリートカルチャーと共に時代を歩み吸収する事で今も尚、鮮明さを保ち続けこれまでにもサブカルチャーにスポットを当てたコレクションや世界中のキーアカウントショップとのコラボレーションモデルをリリースし「NIKE(ナイキ)」のブランドフィロソフィを継承し、歴史を紐解き着実に進化を遂げて来ました。

四半世紀となる2007年の25周年では「AIR FORCE I」を体現するキーパーソンとして欠く事の出来ない人物「BOBBITO GARCIA(ボビートガルシア)」が来日する事となったキャンペーン「BOBBITO IN TOKYO(ボビートイントウキョウ)」の開催や「東京/原宿」で期間限定「AIR FORCE I」のオンリーショップとして誕生した「1LOVE(ワンラブ)」、そして今までリリースされた「AIR FORCE I」の人気投票を行う「1VOTE(ワンボート)」などなど、様々なトピックが各メディアでフィーチャーされるなど、常に話題に事欠かない1年となりました。

そして2008年には25周年時にモデルチェンジを施したアップデートデザインを引き継ぎつつ「NIKE ICONS(ナイキアイコン)」としてリ・スタートを切り、また2011年には最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーヒューズ)」を落とし込んだ「HYPERFUSE COLLECTION(ハイパーヒューズコレクション)」や「VAC TECH(バキュームテクノロジー)」を採用したNewモデルがリリースされる等、常に歩みを止める事無く「NIKE」のフィロソフィが反映されたモデルとして確固たる地位を築いています。

そんなアニバーサリーイヤーを迎えて更なる飛躍が期待される名作にシャープなシルエットにアップデートを加えたNewモデル「AIR FORCE I DECONSTRUCT PREMIUM(エアフォース1ディコンストラクトプレミアム)」がリリース決定。

511454-001-4.jpeg

NIKE / AIR FORCE I DECONSTRUCT PREMIUM (511454-001) "LIMITED EDITION for EX"

今作は「シュータン」の「裏あて」や「ライニング(履き口)」を取り除く事でコンフォートシューズのような洗練されたシャープなシルエットを具現化。「NIKE」を代表するスタンダードモデルとして絶対的な存在感を持つ「AIR FORCE I」に、あえてリヴィジョンを施す事でコンテンポラリーな表情を生み出しています。

511454-001-1.jpeg

511454-001-2.jpeg

更に「アッパー」デザインを継承しながら上質な「ピッグスキンスヌバック」を採用する事で高級感を演出し、通常のシリーズとは一線を画した拘りとコンセプトが細かな部分までしっかりと反映されています。

511454-001-3.jpeg

2012年の30周年を通過点に「NIKE」のブランドフィロソフィを継承した不朽の名品として更なる飛躍を期待させる「AIR FORCE I」。

その歴史の重みを継承した名機にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE HUARACHE FREE RUN "LIMITED EDITION for EX"
90年代初頭、「AIR MAX(エアマックス)」シリーズのリリースから始まったハイテクスニーカーの快進撃は"クッショニングテクノロジー"から"フィッティングテクノロジー"へとその開発の幅を拡大。

「Reebok(リーボック)」の「PUMP SYSTEM(ポンプシステム)」や「Puma(プーマ)」の「DISC SYSTEM(ディスクシステム)」等、現在でも認知度が高い「アッパー」フィッティングの「機能性」が市場に浸透したのも同時期でした。

そして「NIKE(ナイキ)」は新たなファンクションとしてスニーカーの「フィッテング性」を更に向上させる為、「メキシコ」の伝統的履き物"ハラッチ"からインスパイアされ誕生したテクノロジー「HUARACHE FIT SISTEM(ハラチフィットシステム)(当時の名称=ダイナミックフィット)」を市場へ投入。

その「HUARACHE FIT SISTEM」独特の「伸縮性」が生み出す「フィッティング性」を最大限に生かし完成した独創的なデザインの「AIR HUARACHE(エアハラチ)」はスニーカーフリークだけではなくファッションフリークからも高い評価を受け、今でも多くのファンを持つ名作として名を馳せ、更に商品開発の現場でもランニング・バスケットボール・フィットネスなど様々なカテゴリーで名作を生み出し続けています。

そんな「NIKE」のブランドフィロソフィを受け継ぐ「AIR HUARACHE」に"BAREFOOT TRAINING(ベアフットトレーニング)"をコンセプトに開発され、履き心地をより素足に近付け履いているだけで筋力トレーニングが可能な「FREE(フリー)」の実用的な「機能性」をフュージョンさせ進化させたNewモデル「HUARACHE FREE RUN(ハラチフリーラン)」がリリース決定。

P1270987.JPG

NIKE / HUARACHE FREE RUN (510801-101) "LIMITED EDITION for EX"

「アッパー」デザインは名機「AIR HUARACHE」を継承しながらも、「FREE」テクノロジーを「ソールユニット」に融合。一体型で形成された「ミッドソール」と「アウトソール」には「軽量性」と「弾力性」に富んだ素材「ファイライト」を採用し、足裏のカーブに合わせて成形された「インソール(中敷き)」は抜群の「フィット性」を提供してくれます。

また「ナチュラルモーションテクノロジー」を採用した「ソールユニット」には「フレックスグルーブ(屈曲溝)」を使用する事で"裸足で動いた時の自由で複雑な足の動き"をコンセプトに足の可動範囲を最大限に活かし、自然な足の動きを可能にしてくれます。

P1240169.JPG

P1240178.JPG

NIKE / HUARACHE FREE RUN (510801-036) "LIMITED EDITION for EX"

「FREE」は優れたトラクションで注目を集め本格的なランニングの分野ではシェアを年々拡げていますが、タウンユースでも認知されファッションアイテムとして受け入れられる事を証明しています。

そして、走行データ等の情報が「iPhone(アイフォン)」「iPod(アイポッド)」と連動して表示出来る「NIKE+(ナイキプラス)」にも対応し、パフォーマンスに優れたシティーランニングモデルとしてコンテンポラリーな魅力を凝縮しています。

P1270969.JPG

P1270984.JPG

特徴的なシルエットと突出した「フィッティング性」でスニーカー市場に革命を齎せ、スニーカーカルチャーに置いても様々なターニングポイントとなった歴史的名作のフィロソフィとテクノロジーを融合した「HUARACHE FREE RUN」。

その歴史の重みを継承した名機にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE AIR FORCE I 07 "LIMITED EDITION for ICONS"
1982年にリリースされ、現在も色褪せる事なくスニーカーシーンを牽引し続ける不朽の名作「AIR FORCE I(エアフォース1)」が2012年に記念すべき30周年を迎えました。

バスケットボールシーンでの活躍は勿論、様々なストリートカルチャーと共に時代を歩み吸収する事で今も尚、鮮明さを保ち続けこれまでにもサブカルチャーにスポットを当てたコレクションや世界中のキーアカウントショップとのコラボレーションモデルをリリースし「NIKE(ナイキ)」のブランドフィロソフィを継承し、歴史を紐解き着実に進化を遂げて来ました。

四半世紀となる2007年の25周年では「AIR FORCE I」を体現するキーパーソンとして欠く事の出来ない人物「BOBBITO GARCIA(ボビートガルシア)」が来日する事となったキャンペーン「BOBBITO IN TOKYO(ボビートイントウキョウ)」の開催や「東京/原宿」で期間限定「AIR FORCE I」のオンリーショップとして誕生した「1LOVE(ワンラブ)」、そして今までリリースされた「AIR FORCE I」の人気投票を行う「1VOTE(ワンボート)」などなど、様々なトピックが各メディアでフィーチャーされるなど、常に話題に事欠かない1年となりました。

そして2008年には25周年時にモデルチェンジを施したアップデートデザインを引き継ぎつつ「NIKE ICONS(ナイキアイコン)」としてリ・スタートを切り、また2011年には最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーヒューズ)」を落とし込んだ「HYPERFUSE COLLECTION(ハイパーヒューズコレクション)」や「VAC TECH(バキュームテクノロジー)」を採用したNewモデルがリリースされる等、常に歩みを止める事無く「NIKE」のフィロソフィが反映されたモデルとして確固たる地位を築いています。

そんなアニバーサリーイヤーを迎えて更なる飛躍が期待される名作「AIR FORCE I 07(エアフォース1'07)」からシーズナルカラーがリリース決定。

488298-602.jpeg

今作は「アッパー」マテリアルに質感の良い「レザー」を採用。シンプルなワントーンで仕上げられたカラーリングに「ホワイト」の「ステッチ」を加え、絶妙なアクセントをプラスする事でクラシカルなルックスをより一層引き立てコンテンポラリーな魅力を引き出しています。

NIKE / AIR FORCE I 07 (488298-602) "LIMITED EDITION for ICONS"

488298-602-1.jpeg

488298-602-2.jpeg

488298-602-3.jpeg

NIKE / AIR FORCE I 07 (488298-010) "LIMITED EDITION for ICONS"

488298-010-2.jpeg

488298-010.jpeg

488298-010-1.jpeg

2012年の30周年を通過点に「NIKE」のブランドフィロソフィを継承した不朽の名品として更なる飛躍を期待させる「AIR FORCE I」。

その歴史の重みを継承した名機にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)
NIKE DUNK HIGH 08 DECONSTRUCT PREMIUM "LIMITED EDITION for EX"
往年の名作が犇めき合う激戦の80年代にノンエアバッシュの量産機種として1985年に「NCAA(全米大学体育協会)バスケットボールリーグ」に向けたカレッジカラープログラムの一環としてリリースされ、カレッジバスケットカテゴリーにおいて見事なまでの存在感を放った「DUNK(ダンク)」。

これまでにも多くのカテゴリーにおいて時代と共に様々なムーブメントを引き起こしながらスニーカーシーンを牽引して来た名作が25周年という節目を迎え、当時のキャッチコピーである"BE TRUE TO YOUR SCHOOL"の精神をストリートに反映させた"BE TRUE TO YOUR STREET"をテーマに掲げる事で更なる進化を遂げました。

オリジナル当時、日本未発売だった「DUNK」は90年代のビンテージスニーカーブーム時には高値で取引され、99年に満を持して待望の復刻を果たし、その後「CITY ATTACK(シティアタック)」としてのリリースや2002年に「NIKE SB(ナイキスケートボード)」カテゴリーのフラッグシップモデルとして抜擢。

更には「HYBRID CONCEPT(ハイブリッドコンセプト)」のデザインソースに選出される事で更なる高みへと飛躍し、その後の2008年には「VINTAGE(ヴィンテージ)」シリーズのリリースなど怒涛の盛り上がりを魅せながらフルアップデートが施されリ・スタートを切りました。

また2011年には最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーヒューズ)」を落とし込んだ「HYPERFUSE COLLECTION(ハイパーヒューズコレクション)」や「VAC TECH(バキュームテクノロジー)」を採用したNewモデルがリリースされる等、常に歩みを止める事無く「NIKE(ナイキ)」のフィロソフィが反映されたモデルとして確固たる地位を築いています。

514778-200.jpeg

そんなステップアップを重ね進化する名作にシャープなシルエットにアップデートを加えたNewモデル「DUNK HIGH 08 DECONSTRUCT PREMIUM(ダンクハイ08ディコンストラクトプレミアム)」がリリース決定。

今作は「シュータン」の「裏あて」や「ライニング(履き口)」を取り除く事でコンフォートシューズのような洗練されたシャープなシルエットを具現化。「NIKE」を代表するスタンダードモデルとして絶対的な存在感を持つ「DUNK」に、あえてリヴィジョンを施す事でコンテンポラリーな表情を生み出しています。

更に「DUNK」のシンプルな「アッパー」デザインを継承しながら上質な「スウェード」を採用する事で高級感を演出し、通常のシリーズとは一線を画した拘りとコンセプトが細かな部分までしっかりと反映されています。

NIKE / DUNK HIGH 08 DECONSTRUCT PREMIUM (514778-200) "LIMITED EDITION for EX"

514778-200-1.jpeg

514778-200-2.jpeg

NIKE / DUNK HIGH 08 DECONSTRUCT PREMIUM (514778-600) "LIMITED EDITION for EX"

514778-600.jpeg

514778-600-1.jpeg

NIKE / DUNK HIGH 08 DECONSTRUCT PREMIUM (514778-400) "LIMITED EDITION for EX"

514778-400.jpeg

514778-400-1.jpeg

25周年という通過点を越えて、幾度ものディテールチェンジを繰り返す度に信者を増やし続ける名作として他の追随を許さない「DUNK」。

その歴史の重みを継承した名機にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally


Permal Link | trackbacks(0)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106