new balance H710 "mita sneakers x OSHMAN'S"
1982年に「new balance(ニューバランス)」初のトレッキングブーツとして「アメリカ」の登山家「LOU WHITTAKE(ルーウィッタカー)」とのパートナーシップにより開発された「H710」。彼が「北側エベレスト」の登頂に成功した時に履かれていたモデルとしても知られる名作です。

「日本」での再ローンチ時には「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」と「GORE-TEX / NITRO MICROPHONE UNDERGROUND(ゴアテックス/ニトロマイクロフォンアンダーグランド)」氏が手掛ける「Chop'n'Roll(チョップンロール)」の3周年を記念し「リアルツリーカモ」を採用したコラボレーションモデルやストリート雑誌「Samurai magazine(サムライマガジン)」の創刊7周年を記念し7色のカラーを採用した日本市場では稀なストリート雑誌とスニーカーショップのコラボレーションモデルがリリースされ、近年では「nonnative(ノンネイティブ)」がディレクションした別注モデルのリリースやインラインカラーの充実など、注目度が増しているアウトドアスタイルと様々なサブカルチャーをクロスオーバーしながらスニーカーフリークを虜にしファンを急増させています。

そんな名作から「アメリカ」生まれのスポーツショップとして"スポーツをライフスタイルに取り入れた人々"ヘ向け提案し、日本でも確かな信頼を獲得している「OSHMAN'S(オッシュマンズ)」と「東京下町」に位置する「上野」から世界へ向けて独自のスニーカースタイルを提案する「mita sneakers」との共同提案企画のコラボレーションモデルがリリース。

nb_h710_mita-r1.jpg

new balance / H710 (MOB) "mita sneakers x OSHMAN'S"

今作は「アッパー」マテリアルにブーツなどで有名な「アメリカ」の「WOLVERINE(ウルヴァリン)」社製の上質な「ピッグスキンスウェード」を使用する事で重厚な風合いを醸し出し、オリジナルモデル同様に「サイドパネル」の「NBロゴ」を「エンボス加工」で表現。更に通常とは異なる太い番手の「ステッチ」を採用する事によりクラフト感を高め、「ソール」には「エイジング加工」を施す事で愛用し履き込んでいくに連れて生じる""汚れ"や"黄変"など避ける事の出来ない"経年変化"を再現し無骨なルックスに仕上げながらも、「ヒールカウンター」に「メキシカンボーダー柄」を取り入れる事で、モノトーンで纏めた「アッパー」に軽快なアクセントを与えています。

nb_h710_mita-r2.jpg

nb_h710_mita-r3.jpg

また、水や小石等の浸入を防ぐためアウトドアシューズに多用される「ガゼットタン」を採用した「シュータン」と「ライニング(履き口)」に「ベンチレーションホール(通気口)」を設置し効果的に湿気を逃し快適な履き心地を提供すると共に通常のブーツにありがちな"硬さ"や"重量感"と言った固定概念を感じさせず、タウンユースでもそのポテンシャルを体感する事が出来るようにデザインされています。

更に「インソール」にはオフィシャルコラボレーションを証明する「new balance(ニューバランス)」「mita sneakers」「OSHMAN'S」の「ロゴ」が刻印。

nb_h710_mita-r4.jpg

「new balance」のフィロソフィーが詰め込まれたトレッキングブーツ「H710」の伝統と歴史を尊重しつつ、コラボレーションモデルならではのアイデアを散りばめた今作を様々なスタイリングのアクセントにピックアップして見ては如何でしょうか。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook



Permal Link | trackbacks(0)
adidas GAZELLE INDOOR "ARCHIVE PACK" "LIMITED EDITION"
1898年に「HOLGER NIELSEN(ホルガーニールセン)」が考案したハンドボール。北欧を中心に徐々に拡大し今やオリンピック競技に採用されるまで競技人口が増加し、本場「ヨーロッパ」ではサッカー同様に人気を誇るスポーツです。

「ドイツ」に本拠地を置く「adidas(アディダス)」も拡大するインドアトレーニングシューズ市場に参入し数々の名作を世に送り出して来ました。そんな名作揃いのカテゴリーの中でも根強い人気を誇るのが、ハンドボールのプロプレーヤーによるテストを幾度となく重ねた末にトップアスリート向けのインドア用トレーニングシューズとして1968年に発表された「GAZELLE(ガッツレー)」。

ネーミングの由来はリリース当時「アッパー」マテリアルに使用されていた「ガゼル(ドイツ語でガッツレー)」の「皮革」にちなみ命名されました。

リリース当時、フットボールのトレーニングシューズとしても人気を集め、そのチームを応援するサポーターまで巻き込み幅広い支持を集め、更には1996年に発表された「Virtual Insanity(ヴァーチャルインサニティー)」が大ヒットを記録した「JAMIROQUAI(ジャミロクワイ)」のボーカルである「JAY KAY(ジェイケイ)」など個性的なアーティストが好んで着用していた事で、クラシックコートモデルの名品「CAMPUS(キャンパス)」や「SUPER STAR(スーパースター)」と並び「adidas」が誇るトレーニングシューズの代表モデルとして人気を獲得。

adidas_archive_pack1-r1.jpg

adidas / GAZELLE INDOOR (013632) "ARCHIVE PACK" "LIMITED EDITION"

そんな「GAZELLE INDOOR(ガッツレーインドア)」が「adidas」の長い歴史を紐解きながらブランドフィロソフィを継承した名作の存在価値を再構築する「ARCHIVE PACK(アーカイブパック)」としてゲリラリリース決定。

adidas_archive_pack1-r4.jpg

adidas_archive_pack1-r7.jpg

adidas_archive_pack1-r5.jpg

adidas / GAZELLE INDOOR (V24909) "ARCHIVE PACK" "LIMITED EDITION"

今作は「アッパー」マテリアルには発色が良く質感に定評のある「ピッグスキンスウェード」、「アウトソール」には「グリップ性」に優れた「ガムソール」を採用しています。

adidas_archive_pack1-r12.jpg

adidas_archive_pack1-r14.jpg

adidas_archive_pack1-r15.jpg

adidas / GAZELLE INDOOR (V24910) "ARCHIVE PACK" "LIMITED EDITION"

オリジナルモデルを彷彿とさせる1足に仕上げ、オーセンティックな雰囲気を醸し出しながら本来の魅力を存分に堪能出来る仕上がりとなっている今作は往年のスニーカーマニアから現在のスニーカーヘッズまでを魅了してくれます。

adidas_archive_pack1-r8.jpg

adidas_archive_pack1-r10.jpg

adidas_archive_pack1-r11.jpg

スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり、「adidas」が誇る普遍的な価値と本来の魅力を凝縮した「GAZELLE INDOOR」は、まさにそんな言葉を具現化した1足。この機会に「adidas」のブランドフィロソフィを反映した「ARCHIVE PACK」を足元から体感しては如何でしょうか。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook


Permal Link | trackbacks(0)
adidas KOPENHAGEN "ARCHIVE PACK" "LIMITED EDITION"
1956年に開催された「メルボルンオリンピック」にてオリンピック正式採用モデルとして誕生した「MELBOURNE(メルボルン)」を起源に「オリンピック」の"開催地"や"都市名"をモデル名としたトレーニングシューズが「adidas(アディダス)」から続々とリリースされました。

1960年代から1980年代初頭にかけて「adidas」に強い影響を与えファッションシーンをリードする世界各国の都市をフューチャーし、"それぞれの都市"からインスパイアされたカラーやモチーフを施したモデルを世界の有名都市の名を冠したモデルとして展開。シリーズとしての展開ではなかったものの、その莫大なコレクションから次第に"都市名"を冠したモデルは「CITY(シティ)」シリーズと呼ばれるようになりました。

1960年代にトレーニングシューズとしてリリースされ「西ドイツ製」のスマートなフォルムが「イギリス」を始め「ヨーロッパ」で人気を集め、かつてドイツ代表の"皇帝"と称された「FRANZ BECKENBAUER(フランツベッケンバウアー)」もトレーニングシューズとして愛用していた事でも有名な「ROMA(ローマ)」、近代オリンピック発祥地の名称で「ギリシャ」の「アテネ」の呼び名でもある「OLYMPIA(オリンピア)」、「アッパー」に「スウェード」を採用し洗練されたフォルムで「日本」でも高く評価されている「LONDON(ロンドン)」、その他にも「MUNCHEN(ミュンヘン)」「BOSTON(ボストン)」「SAN FRANSISCO(サンフランシスコ)」「HAWAII(ハワイ)」「TAHITI(タヒチ)」など数えきれない程の名作が世に送り出されて来ました。

近年では「SUPER STAR(スーパースター)」リリース35周年を記念し「ADIDAS 35TH ANNIVERSARY SUPER STAR CITY SERIES(アディダス35THアニバーサリースーパースターシティーシリーズ)」がリリースされる等、現在でもベースモデルを変えながらシリーズのフィロソフィは受け継がれています。

今回は「adidas」の長い歴史を紐解きながらブランドフィロソフィを継承した名作の存在価値を再構築する「ARCHIVE PACK(アーカイブパック)」より「CITY」シリーズと呼ばれるトレーニングシューズの中でも圧倒的な人気を誇った「KOPENHAGEN(コペンハーゲン)」がゲリラリリース決定。

adidas_archive_pack2-r1.jpg

adidas / KOPENHAGEN (675832) "ARCHIVE PACK" "LIMITED EDITION"

1970年代に「LONDON」と同時期にリリースされ「デンマーク」の首都である「コペンハーゲン」から命名。「レザー」を採用したクラシカルなルックスに「イエロー」と「ブラック」のカラーブロッキングが人気を集め、これまでにも幾度となく復刻を遂げて来た名作です。

オリジナルモデル同様の「マテリアル」「カラーリング」を採用し、オリジナルモデルを彷彿とさせる1足に仕上げ、オーセンティックな雰囲気を醸し出しながら本来の魅力を存分に堪能出来る仕上がりとなっています。

adidas_archive_pack2-r4.jpg

adidas_archive_pack2-r5.jpg

adidas_archive_pack2-r6.jpg

adidas / KOPENHAGEN (V24912) "ARCHIVE PACK" "LIMITED EDITION"

上質な質感と発色の良さが魅力の「ピッグスキンスウェード」、「ヒール(踵)」「スリーストライプス(3本線)」に「ヌバック」を使用する事で独特の風合い醸し出し「ヘリテージ性」を演出。

adidas_archive_pack2-r10.jpg

adidas_archive_pack2-r11.jpg

adidas_archive_pack2-r12.jpg

adidas / KOPENHAGEN (V24911) "ARCHIVE PACK" "LIMITED EDITION"

クラシックなフォルムを継承し普遍的な価値を保ちながら「マテリアル」や「カラーリング」でコンテンポラリーな魅力を具現化した1足に昇華させています。

adidas_archive_pack2-r7.jpg

adidas_archive_pack2-r8.jpg

adidas_archive_pack2-r9.jpg

スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり、「adidas」が誇る普遍的な価値と本来の魅力を凝縮した「KOPENHAGE」は、まさにそんな言葉を具現化した1足。この機会に「adidas」のブランドフィロソフィを反映した「ARCHIVE PACK」を足元から体感しては如何でしょうか。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook


Permal Link | trackbacks(0)
adidas HANDBALL 5 PLUG "ARCHIVE PACK" "LIMITED EDITION"
1898年に「HOLGER NIELSEN(ホルガーニールセン)」が考案したハンドボール。北欧を中心に徐々に拡大し今やオリンピック競技に採用されるまで競技人口が増加し、本場「ヨーロッパ」ではサッカー同様に人気を誇るスポーツです。

「ドイツ」に本拠地を置く「adidas(アディダス)」も拡大するインドアトレーニングシューズ市場に参入し、ハンドボールのプロプレーヤーによるテストを幾度となく重ねた末にトップアスリート向けのトレーニングシューズとして1968年に発表された「GAZELLE(ガッツレー)」や1979年に「軽量性」に優れクイックな動きに耐えられる「アウトソール」を採用した名作「HANDBALL SPEZIAL(ハンドボールスペシャル)」など数々の名作を世に送り出して来ました。

そんなインドアトレーニングシューズの中でも1984年に開催された「WORLD HANDBALL CHANPIONSHIP(ワールドハンドボールチャンピオンシップ)」と同時期にリリースされた「HANDBALL WM(ハンドボールWN)」は個々のプレーヤーに最適なファンクションを提供する為、「ミッドソール」の「硬度」を調節する事が出来る当時としては画期的な技術であった「PLUG」を搭載し話題となりました。

そんな名作のフィロソフィを継承した「HANDBALL LXS(ハンドボールLXS)」や「HANDBALL LXR(ハンドボールLXR)」の後継モデルとしてリリースされた「HANDBALL 5 PLUG(ハンドボール5プラグ)」が「adidas」の歴史を紐解きながらブランドフィロソフィを継承した名作の存在価値を再構築する「ARCHIVE PACK(アーカイブパック)」よりゲリラリリース決定。

adidas_archive_pack3-r1.jpg

adidas / HANDBALL 5 PLUG (552427) "ARCHIVE PACK" "LIMITED EDITION"

「ホワイト」は歴代のインドアトレーニングシューズで採用されている「通気性」に優れた「ナイロンメッシュ」と「耐久性」に優れた「シンセティックスウェード」のコンビネーションを採用し「アウトソール」には「クリップ性」に優れた「ガムソール」仕様。オリジナルモデルを彷彿とさせる1足に仕上げ、オーセンティックな雰囲気を醸し出しながら本来の魅力を存分に堪能出来る仕上がりとなっています。

adidas_archive_pack3-r3.jpg

adidas_archive_pack3-r5.jpg

adidas_archive_pack3-r6.jpg

adidas / HANDBALL 5 PLUG (V24908) "ARCHIVE PACK" "LIMITED EDITION"

「ブラック」は「前足部」「シューレースガード」「ヒールパーツ」に高級感が漂う「ヌバック」、「シュータン」「サイドパネル」には「特殊加工」を施した「キャンバス」、「ヒール(踵)」から「アッパーサイド」にかけて質感に優れた「スウェード」を採用。クラシックなフォルムを継承し普遍的な価値を保ちながら、マテリアルやカラーリングでコンテンポラリーな魅力を演出しています。

adidas_archive_pack3-r7.jpg

adidas_archive_pack3-r8.jpg

adidas_archive_pack3-r10.jpg

スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり、「adidas」が誇る普遍的な価値と本来の魅力を凝縮した「HANDBALL 5 PLUG」は、まさにそんな言葉を具現化した1足。この機会に「adidas」のブランドフィロソフィを反映した「ARCHIVE PACK」を足元から体感しては如何でしょうか。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook


Permal Link | trackbacks(0)
new balance HS77
1988年に「グリップ性」に優れた「アウトソール」を装備するなど、オフロードランニングシューズとして開発されストリートシーンでも人気を博し「new balance(ニューバランス)」が誇る大定番モデル「576」の廉価版モデルとして開発された「574」は、「アメリカ」にて記録的なセールスを生み出した看板を引き下げて、満を持して「日本」に上陸。「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」別注モデルを始め、様々なブランドやショップとのコラボレーションである「日本企画」が話題を呼び、日本市場においても既存の人気モデルとは一線を画すリーズナブルなプライスと新たな付加価値で不動の人気を築き上げました。

昨今では「made in ENGLAND(メイドインイングランド)」のNewカラーのリリースや「made in U.S.A.(メイドインUSA)」の「574」をweb上でカスタマイズ出来る「Custom US574(カスタムUS574)」のサービス開始など、それまでのイメージとは一線を画したプロジェクトやアイテムのローンチにより名実ともに好調で新定番モデルとしての地位を確立しています。

そんな"Re-Construction(再設計)"により新たな仕様でリ・スタートを切った「574」の「アッパー」デザインをベースにトレッキングブーツスタイルをハイブリッドさせアウトドア仕様へと見事に変貌を遂げた「H574」に最新テクノロジーを融合したNewモデル「HS77」からシーズナルカラーがリリース決定。

nb_hs77_111018-r1.jpg

new balance / HS77 TN

2009年に「mita sneakers」の「クリエイティブディレクター」である「国井 栄之(クニイシゲユキ)」氏もディレクションに参加した「APAC PROJECT(アジアパシフィック企画)」の「CM999 "FERAL CREATION COLLECTION"」にて「LION HEAD(ライオン)」のデザインを手掛け、今やアジアを代表するショップとして高い評価を得る「シンガポール」の「LEFTFOOT(レフトフット)」と独自のフィルターを通し世界中の情報を集約するファッションウェブマガジン「streething(ストリーシング)」が2011年の「APAC PROJECT」にて「PPF COLLECTION(PAST/PRESENT/FUTUREコレクション)」の中で"FUTURE(未来)"を具現化したモデルとしてゲリラリリースされ話題となった「HS77」。

mi111016-03-r6.jpg

mi111016-03-r8.jpg

mi111016-03-r10.jpg

new balance / HS77 GR

今作は「H574」の特徴的な「アッパー」デザインを引き継ぎながらも「アッパー」マテリアルに最新テクノロジー「ソニックウェルディング(超音波により素材と素材との間の縫い目を一切無くす圧着技術)」を用いる事により、「耐久性」に優れ「フィッティング性」、「軽量性」に拘った1足に昇華しています。

「アッパー」マテリアルには、「軽量性」に富んだ「シンセティックスウェード」を採用。「ミッドソール」には「衝撃吸収性」に優れた「EVA(エチレンビニールアセテード)」素材を頑丈な「PU(ポリウレタン)」素材に封入した「ENCAP(エンキャップ)」を使用し、「インソール」には「衝撃吸収・反発弾性」に特化した機能素材「ABZORB(アブゾーブ)」を新たに搭載する事で更なる履き心地の向上を具現化。

mi111016-02-r5.jpg

mi111016-02-r7.jpg

mi111016-02-r10.jpg

new balance / HS77 BK

また「アッパー」にはワントーンのシンプルなカラーリングを採用しながらもアクセントカラーや「ライニング(履き口)」に同色の「カモフラージュ柄」を使用し絶妙なアクセントをプラス。「シーム(切り返し)」を極力排除する事で美しい流曲線を描く「アッパー」デザインを生み出し最新テクノロジーとコンテンポラリーな配色を融合する事でスタイルを選ばないクラシックなフォルムをより一層引き立て「機能性」と「デザイン性」を兼備した機能美を演出しています。

mi111016-01-r6.jpg

mi111016-01-r7.jpg

mi111016-01-r8.jpg

伝統と歴史を紐解きながら「ヘリテージ性」を尊重しつつブランドフィロソフィを継承し、常に新しい試みでブレる事のない進化を続ける「574」。そんな「new balance」の新たなベクトルを示した「574」に最新テクノロジーを融合し昇華させた「HS77」をこの機会に体感して見ては如何でしょうか。


〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook




Permal Link | trackbacks(0)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106